THE REVUES / ME CORAZON ESTA LLORANDO

これは大傑作!ロサンゼルスの実力派演奏家でもあるJoeyが主宰、昨今のスウィートなソウル系から敢えて逸脱する素晴らしい音源を創り出しているチカーノ系新興レーベル、COSA。レーベルの中核的プロジェクトであるザ・レヴューズ名義の第2弾は、再び歌手にデリリアンズでのロックステディ・チューンでお馴染みのエンジェル・サルガードをフィーチャーしたレトロ・サイケデリック …

続きを読む>

BABY BASH Presents THE BASH TONES / SOULDIES ARE FOREVER

ヒューストンを拠点に90年代から活躍して来たのベイビー・バッシュを中心に、ラッパーのキッド・フロスト(懐!)、ティファナ拠点のシンガー、フランキーJといったヴェテラン、そしてコタ、ジョーイ・キニョーネスという現行若手も参加し、それぞれの面々が書き下ろした曲をバッシュを軸にそれぞれが歌とラップを交えた全7曲となります。う〜む、コレ近年出色のチカーノ・ソウル新録 …

続きを読む>

J.D. ROBB / RHYTHMANIA AND OTHER ELECTRONIC MUSICAL COMPOSITIONS

モーグの持つ多面的な魅力をアピール!  作曲家/民俗音楽研究家/弁護士など様々な顔を持つミネソタ州出身のジョン・ドナルド・ロブ(1892-1989)がモーグ・シンセサイザーをフル活用して制作した一枚。ノーブルでエレガントなバロック風ナンバーからキュートなワルツ、鳥の鳴き声や機械音などを模した実験的なナンバーなどヴァラエティ豊かな内容となっています。曲によって …

続きを読む>

EDDIE AND THE VALIANTS / Please Come Home – My Dear

チカーノ・ソウルの最重要地、テキサス州サンアントニオを拠点にする現行グループによる最新シングル。サニー・アンド・ザ・サンライナーズ、ザ・ロイヤル・ジェスターズなどウェストサイドで一斉に開花した60年代黄金サウンドへのトリビュートを込めて結成された。ホーン・セクションも含めて総勢11名。これぞまさに伝統のチカーノ・ソウルといえる哀愁溢れるスロー・ナンバーはロー …

続きを読む>

THEE SACRED SOULS / Trade of Hearts – Let Me Feel Your Charm

待望の第3弾シングルが入荷!昨今登場したコーラス・グループのなかでも特に高い評価を受けるサンディエゴの3人組。今回はA面に美しいバラード、そしてB面には驚愕の歌唱力で大注目の女性歌手、ジェンシン・マルティネスがリフのバックコーラスで参加したグルーヴィーなミディアム・テンポ・ナンバー。メイン・ヴォーカル、ジョシュ・レーンのまるでスモーキー・ロビンソンのようなシ …

続きを読む>

SUNNY & THE SUNLINERS / I Can Remember – Sitting In The Park

2022年7月中旬発売のベスト・コンピ第2弾『Mr. ブラウン・アイド・ソウル Vol.2』からのシングル盤第一弾。チカーノ・ソウルの王様、テキサスのサニー・オスーナ率いるサニー&ザ・サンライナーズの膨大な録音のなかで最も入手困難といえるナンバーが遂にリイシュー。濡れた歌声、歌唱に絡み合う哀愁のオルガン・サウンド… B面にビリー・スチュアートが歌ったスロー・ …

続きを読む>

V.A. / TREJO’S SOUL COLLECTION Vol.1

ご存知メキシコ系アメリカ人の大人気俳優、ダニー・トレホが贈るCDの第2弾。今回は自主レーベル、BASHTOWNからのリリース。ベイビー・バッシュ、ロッキー・パディーヤ、ペペ・マルティネスなどのベテラン勢から、新世代を代表するトリシュ・トレド、コタ、ジョーイ・キニョーネスらの人気歌手も参加。またロサンゼルスの若き女性マリアッチ歌手、TWIXXYによる、ランチェ …

続きを読む>

SONIDO DE LA FRONTERA / SONIDO GUERILLERO

独特のミックス・カルチャーを生むサンディエゴ~ティフアナの米墨国境地帯から登場したクンビア・ユニット。あのチカーノ・パークがあるバリオ・ロガーンの雰囲気がぷんぷんと匂ってくる粘着力100%のクンビアが13曲も収録。伝統のコロンビア発クンビアを基調に生演奏&打ち込みを巧みに編集してダブ~Gファンク~レゲエのアクセントも取り込んだ妖しい世界観は実に魅力的。そして …

続きを読む>

LEYLA McCALLA / BREAKING THE THERMOMETER

熱があることを隠すために「体温計を壊す」というタイトルですね。 ハイチ人の両親のもと、ミューヨークに生まれ、ニューオーリンズに住まう才媛、レイラ・マキャーラの新作、4作目です。 冒頭曲では、ヴードゥーっぽいビートで、ハイチ生まれのギタリスト、フランツ・カッスゥ (1915 – 1993) の曲をトゥルバドールっぽいバンジョー弾き語りで聞かせています。 2曲目 …

続きを読む>

SEAN RICHARDS / PLAYING ALONG WITH AFRICAN RHYTHMS

Hard Technique and Drill for Djembe… 米国の大手パーカッション店がリリースした白人ジェンベ奏者のソロ・プレイを収録したCDです。ジェンベ打法のハード・テクニックを収録している模様〜音源サンプルなど、ネット上には全くありませんでした。

続きを読む>

go top