こちらは、他のジャンルや地域に当てはまらない商品が並びます。あるいは、地域性に縛られない音楽、脱ジャンル性を指向する音楽、もしくはハウス、テクノほかのダンス音楽も扱っています。

J.A.K.A.M. / FRAGMENTS

2020年インド、ケララ州でのフィールドレコーディングと、 2023年パキスタンのカラチ、ラホール、そしてペシャワールで録音された伝統楽器の音が鳴り響く近未来アジア音楽。 アジア、アラブ、アフリカまでもが混ざり合い、混沌としながらも土の匂いを感じさせる音世界。 Bansuri : Ustad Akmal Qadri Bansuri : Samed Haide …

続きを読む>

FINAL DROP / MIMYO

side A Mimyo (17:21) side B Space Time Polyrhythm (17:05) 〜以下、メーカーインフォより 【FINAL DROP】 多彩なセレクト / サウンドコントロールによって、オリジナルな音空間を作り出す、日本を代表するトップDJの一人である DJ KENSEI と、ディジュリドゥ、カリンバ、口琴、笛、ハンドパン …

続きを読む>

SOUNDS OF NORTH AMERICAN FROGS

Originally released in 1958 on LP by Folkways, US 元々1958年にフォークウェイズ・レコーズからリリースされた本作は、北米のカエルの鳴き声を集めたフィールド・レコーディングの名作。1998年にCD化された際、大型CDショップのニューエイジ売り場にて大きく展開された作品です。人気の秘密はそのボリューム。カエルの …

続きを読む>

MIXED BY COMPUMA / Landscape – betrayal 4 “Obscure Dubwise”

早速お買い上げいただいた皆様、誠にありがとうございます。少数とはいえ、ありがたく初回販売分は完売しましたが、再入荷ご用意できました。よろしければ引き続きどうぞよろしくお願いいたします。 Landscape – betrayal4- “Obscure Dubwise” electronics & mixed by Compuma 5年ぶりd …

続きを読む>

COMPUMA / A VIEW

DJ/選曲/レコードバイヤーとして、さらにはスマーフ男組、その前身となったAsteroid Desert Songs、竹久圏(KIRIHITO)とのデュオ作品、話題のDJポッセ、悪魔の沼など、さまざまな活動を続ける COMPUMAがソロ名義初のアルバム作品をリリース。北九州の演劇グループ〈ブルーエゴナク〉からの依頼によって制作された2021年秋公演の演劇『眺 …

続きを読む>

V.A. / GHOST RIDERS

★コンピ『Sky Girl』やジョー・トッシーニの発掘を手掛けたオーストラリアの目利きレーベル「エフィシエント・スペース」による新たな企画盤。60年代から70年代にかけてのアメリカの若き無名音楽家たちの自主制作ロック、フォークやソウルフル・バラードをコンパイル。 ◆ ヨーロッパのメランコリック・サウンドをセレクトした『Sky Girl』、地元オーストラリアの …

続きを読む>

EZECHIEL PAILHES / MELOPEE

★フランスを代表するエレクトロニック・アクトNôzeの片割れエゼキエル・パイウのソロ新作。シンセとポストクラシカルと緩めのダンス・ビートとフランス語の歌をミックスした不思議な余韻のある箱庭ポップ。>圧倒的にオリジナルなパイウのワンダーランドがまたも炸裂。 ◆ ミニマル・テクノのフランス代表としてドイツの名門ゲット・フィジカルからもアルバムを出していたN …

続きを読む>

TINY STEP “SOUTHSIDE” TRIO / FIRST FLIGHT – ブルースで踊ろう

ハモンドオルガン、キーボード奏者の山口ゆきのりによるソロユニットの一つのトリオ。 1999年ハモンドオルガンのインストバンド、FULL SWING のリーダーとして活動を開始。並行して、曽我部恵一 PINK BAND への参加や、サニーデイサービスのレコーディング、真心ブラザーズなどのライブ参加などサポート活動、CM音楽など、ハモンドオルガンを軸に精力的に活 …

続きを読む>

FINIS AFRICAE / A LAST DISCOVERY, The Essential Recordings 1984​-​2001

スパニッシュNEW WAVE~アンビエント~プログレッシヴ・ミュージックの奇跡、フィニス・アフリカエのミステリアスな足跡を追った世界初コンピレーション。ジョン・ハッセルのファンにも大スイセンです。 フィニス・アフリカエは、ヌエストロ・ペケーニョ・ムンドというバンドで活躍したホワン・アルベルト・アルテシェ・グエルが1980年代初頭に組織したユニットで、固定メン …

続きを読む>

J.D. ROBB / RHYTHMANIA AND OTHER ELECTRONIC MUSICAL COMPOSITIONS

モーグの持つ多面的な魅力をアピール!  作曲家/民俗音楽研究家/弁護士など様々な顔を持つミネソタ州出身のジョン・ドナルド・ロブ(1892-1989)がモーグ・シンセサイザーをフル活用して制作した一枚。ノーブルでエレガントなバロック風ナンバーからキュートなワルツ、鳥の鳴き声や機械音などを模した実験的なナンバーなどヴァラエティ豊かな内容となっています。曲によって …

続きを読む>

GIANNI SAFRED / FUTURIBILE, the life to come

素晴らしきレトロ・フューチャーの世界 イタリアの鍵盤楽器奏者/作曲・編曲家:ジャンニ・サフレッドが1980年にリリースしたフューチャリズム風作品。モーグをはじめとするシンセサイザーを駆使し、宇宙探検や惑星間の物語など〈未来〉をコンセプトとした全12曲を収録しています。アンビエント〜シンセ・ポップからテクノ、ディスコに至るまでと、その当時の世相が反映されたポッ …

続きを読む>

go top