こちらは、他のジャンルや地域に当てはまらない商品が並びます。あるいは、地域性に縛られない音楽、脱ジャンル性を指向する音楽、もしくはハウス、テクノほかのダンス音楽も扱っています。

TINY STEP “SOUTHSIDE” TRIO / FIRST FLIGHT – ブルースで踊ろう

ハモンドオルガン、キーボード奏者の山口ゆきのりによるソロユニットの一つのトリオ。 1999年ハモンドオルガンのインストバンド、FULL SWING のリーダーとして活動を開始。並行して、曽我部恵一 PINK BAND への参加や、サニーデイサービスのレコーディング、真心ブラザーズなどのライブ参加などサポート活動、CM音楽など、ハモンドオルガンを軸に精力的に活 …

続きを読む>

FINIS AFRICAE / A LAST DISCOVERY, The Essential Recordings 1984​-​2001

スパニッシュNEW WAVE~アンビエント~プログレッシヴ・ミュージックの奇跡、フィニス・アフリカエのミステリアスな足跡を追った世界初コンピレーション。ジョン・ハッセルのファンにも大スイセンです。 フィニス・アフリカエは、ヌエストロ・ペケーニョ・ムンドというバンドで活躍したホワン・アルベルト・アルテシェ・グエルが1980年代初頭に組織したユニットで、固定メン …

続きを読む>

J.D. ROBB / RHYTHMANIA AND OTHER ELECTRONIC MUSICAL COMPOSITIONS

モーグの持つ多面的な魅力をアピール!  作曲家/民俗音楽研究家/弁護士など様々な顔を持つミネソタ州出身のジョン・ドナルド・ロブ(1892-1989)がモーグ・シンセサイザーをフル活用して制作した一枚。ノーブルでエレガントなバロック風ナンバーからキュートなワルツ、鳥の鳴き声や機械音などを模した実験的なナンバーなどヴァラエティ豊かな内容となっています。曲によって …

続きを読む>

GIANNI SAFRED / FUTURIBILE, the life to come

素晴らしきレトロ・フューチャーの世界 イタリアの鍵盤楽器奏者/作曲・編曲家:ジャンニ・サフレッドが1980年にリリースしたフューチャリズム風作品。モーグをはじめとするシンセサイザーを駆使し、宇宙探検や惑星間の物語など〈未来〉をコンセプトとした全12曲を収録しています。アンビエント〜シンセ・ポップからテクノ、ディスコに至るまでと、その当時の世相が反映されたポッ …

続きを読む>

MEIKHANEH / CHANTS DU DEDANS, CHANTS DU DEHORS

モンゴル〜ペルシャ〜欧州の音楽を融合!  フランス・ブルターニュ地方で結成されたミクスチュア・グループ。ヴォーカルのほかモンゴルの弦楽器トブシュールやバンジョウなども演奏する女性音楽家マリア・ローランをメインに、ホーミーやモリンクール、口琴などを担当するジョアニ・キュルテ、トンバク/ダフ/リクといった打楽器を司るミラッド・パスタ(何れも男性)による3人組で、 …

続きを読む>

J.A.K.A.M. / SPIRIT BEYOND BORDERS

繊細な点描を用いた女性のスカルや、花や植物を描くイラストレーション、 独自の書体を生み出したカリグラフィーなど、唯一無二の作品を発表し続けているUSUGROW。 ここ数年は”文化の伝搬”をテーマとした<SPIRIT BEYOND BORDERS>シリーズとして、世界各地の民族舞踊を描いている。 そのテーマにインスパイアを与えたと本人も …

続きを読む>

COMPUMA / A VIEW

DJ / 選曲 / レコードバイヤーとして、さらにはスマーフ男組、その前身となった Asteroid Desert Songs、竹久圏 (KIRIHITO)とのデュオ作品、話題のDJポッセ、悪魔の沼など、さまざまな活動を続ける COMPUMAがソロ名義初のアルバム作品をリリース。北九州の演劇グループ〈ブルーエゴナク〉からの依頼によって制作された2021年秋公 …

続きを読む>

SOWAL DIABI / DE KABOUL A BAMAKO

★ソワル・ジャビ/カブールからバマコへ 国も文化も異なるアーティストたちが一丸となって織り上げた 異文化共生による巨大音楽タペストリー!  フランスの人気ワールド・ミュージック・レーベル〈アコール・クロワゼ ACCORDS CROISES〉。同レーベル所属の人気アーティストたちが集結し、移民および難民問題に対する問いと答えをコンセプトとしたプロジェクト・チー …

続きを読む>

Selected, Mixed & Spaced by COMPUMA / SOUNDS & MUSIC

2011年1月、東京・幡ヶ谷フォレストリミットで開催した”FORESTRO SUMMIT”イベント空間の為に制作したもので、自然環境音サウンドスケープ、効果音や低周波、電子音楽、実験音楽などを中心に選音セレクト、それら素材をループ&ミックス加工、曲間スペース間合い含めて音の配置を試みた、サイレンス無音時間も含めた70分ほどのMIXとなります。2012年「SO …

続きを読む>

ZEN RYDAZ / ZEN TRAX 2

普段、そうそうこうした音楽を聞くことのない自分のような者が言うのも何ですが、コレは凄い!宮城の打ち捨てられた廃遊園地、化女沼レジャーランド跡で撮影された長尺クリップも凄い!バックトラックに関しては、流石 MOOCHY、そして ZEN RYDAZ、アジア、アンダーグラウンドなワールド・ミュージック・グルーヴの最先端を行っていることは確か。アラブ音楽古 …

続きを読む>

荻原和也 著 『音楽航海日誌』

音楽の大海原をめぐる世界一周ツアーへようこそ!2200枚のアルバムをフルカラーで紹介! 日本を旅立ち、アジアから中東、ヨーロッパを回って北米へとたどる西回りと、太平洋を渡って中米・南米、カリブ、ブラジル、アフリカまでの東回り、ふたつの航海で巡る怒濤の世界音楽ガイドです。 フルカラーで紹介するCDはトータル2200枚!地球上のあらゆる音楽を愛してやまない著者が …

続きを読む>

JUN MORITA / MUSIC FOR CONTRADICTORY RESULTS

wine and dine 01 1.Music for contradictory results (20:20) 2.Falcon Lair (2:21) 2021 フリー系ノイズ凝集形成にイタロ・ディスコのカップリング。ハンドメイドのCD-Rです。(森田さん言) Jun Morita/森田潤 DJとしてワールド・ミュージック、ジャズ、エレクトリック・サ …

続きを読む>

JUN MORITA / INTERMITTENT SATURATION

wine and dine 02  1.Intermittent saturation (33:50) 2.Untitled dub (2:40) 2021 アンビエント調の作品。思索の過程とともに音が変化していきます。ハンドメイドのCD-Rです。 クメール・ルージュに放逐され廃屋になったプノンペンのスタジオから発掘されたダブ入り。 Jun Mor …

続きを読む>

go top