GEORGE DALARAS / TA TRAGOUDIA TON AGION

ダラーラスが古巣ミノス・レコーズを去る時に、ポツンとリリースされた謎の2013年リリースの2CDですね。内容的にはすべてカヴァー、それもマルコス・ヴァンヴァカリスやヴァシリス・ツィツァーニス、イオアニス・パパイオアーヌ、そしてルーカス・ダラーラス(ヨルゴスの父)…ほか、レベーティカの先達たちの曲をダラーラス自身が演じたカヴァーにおいて蒐められた3 …

続きを読む>

OPISTHODROMIKI KOMPANIA / SANTE

エレフセリア・アルヴァニターキが歌手デビュー時(80年代前半)に在籍していたレべーティカ/ライカ・グループ、オピソドロミキ・コンパーニアの1996年作復刻CD再入荷です。オピソドロミキ・コンパーニア〜和訳すると “後退仲間” ?要するに時代に逆行するとか、流行から後退するコンパニア、ということで、80年代初めの結成時には、レベーティカ・リヴァイヴ …

続きを読む>

ESTOUDIANTINA NEAS IONIAS / SMYRNE, TEARS ON GLASS

久々の再入荷〜19世紀末から20世紀初頭にかけスミルナ(イズミール)に実在した楽団名を冠し00年代半ばに結成されたという“エストゥディアンティーナ・ネアス・イオニアス(30人編成!)”の名作2点をカップリングした2CDです(”SMYRNE”03+”TEARS ON GLASS”06)! CD 1 1. Emba …

続きを読む>

GLYKERIA / AKOLOUTHISA ENA ASTERI

ウワッ!なんか、とんでもない3等身イラスト・ジャケですね。松田聖子かと思いましたよ…。が、裏腹に、ややハスキーな発声が辿るギリシャ的メリスマの濃い味わいが存分に楽しめる作ですよ。近年とみにそのディープな歌い口が耳を引く、レベーティカ / ライカ / ニシオーティカ /ディモーティカ、何でも歌いこなす万能のヴェテラン女性歌手、キプロス生まれのグリケリア、201 …

続きを読む>

V.A. -OST / OUZERI TSITSANIS

去年、ギリシャで公開され話題を呼んだ映画 “OUZERI TSITSANIS” のオリジナル・サントラCDです。二次大戦中ナチス占領下のギリシャ、テサロニキで、ユダヤ系家族のもとに生まれた娘の恋の困難を描いた映画だそうですが(>☆全部観れますが)、20世紀を代表する作曲家の一人(戦前レベーティカと戦後ライカ歌謡へ橋渡しをした重要人物、 …

続きを読む>

PLIRI DAXI / TRITOS DISKOS

  もう、これは渋いとしか言い様ナシ!古風な1920-30年代レベーティカ、ディモーティカ・カヴァー目白押し、しかも微妙にオルタナティヴ?2012年結成、テッサロニキのオールディーGREEKソング・バンド3作目!男女入れ替わるヴォーカルもサリゲナサ過ぎる?  

続きを読む>

MANOLIS LIDAKIS / AFTOS POU ANIGI TO HORO

  マノーリス・リダーキス(と、昔はラストひとつ前の母音を伸ばして発音してたのは、ま、南欧風だったのでしょうか?)の新作ですが、コレが原点回帰の朴訥レベーティカ仕様、その甘く緩い歌い口、フツーのライカPOPを歌うと、もうひとつしっくり来ないところがありましたが、硬派コンセプトの中では活き活きとした歌いまわしを聞かせる人、80年代デビュー以来、五指に …

続きを読む>

GEORGE DALARAS & NIKOS PLATYRACHOS / TA ASTEGA

昨年(2015)年末ギリギリのダラーラスの新譜です! FEELGOOD RECORDS なるレーベルからの発売で、とうとう、御大ミノスを離れたか!?と、ビックリしましたが(未だ詳しいところは不明)、共同名義の作曲家、ニコス・プラティコス関係のレーベルみたいですね。ニコス某は1965年アテネ生まれ(両親のルーツはクレタ)、アテネの国立コンセルヴァトリーで作曲と …

続きを読む>

Katerina Albani & Roula Aravani / REBETIKA STEKIA OPOS PALIA

*Lyrics by Marias Kakouri *Composed by Ilia Gkikaki なんと地味なCDでしょう。でも、聞けば聞くほどに滲むギリシャの街角、場末の詩情、とでもいいますか、一回しか行ったことのないアテネの曲がりくねった路地にたたずむ、こじんまりとした料理屋や酒場が思い出されて来るのでした。なんてね、 1952年生まれの女流作詞家 …

続きを読む>

TRICHORDON / THE SOUND OF OUR SOUL

コスタス・パパドプールを中心に、ブズーキ奏者、ディミトリス・クリストドゥール、スピロス・ロアニディス、スピロス・ロイシスといった名手が揃ったブズーキ・インスト&レベーティカ・アルバム!2001年の作のリプレス盤です。”我々の魂の音” いいタイトルじゃありませんか! Bouzouki – Δημήτρης Χριστοδούλου, Σπύρος …

続きを読む>

MARIA SIMOGLOU ENSEMBLE / MINORE MANES, Rebetika songs of Smyrna

水夫と受刑者の物語、泣き濡れた恋とハッシシュの夢、よこしまな誘惑、帰還なき追放の旅… そんな主題が20 世紀初頭ギリシャとトルコの港町のいかがわしい酒場に生まれた「レベーティカ」にはつきまとう。感傷的な恋歌と社会的な抵抗の歌と東洋の詩情にまたがるこの魅惑的なレパートリーから、港町マルセイユに住み着いたギリシャの歌姫マリア・シモグルー(地中海アンサ …

続きを読む>

V.A. / A GUIDE TO GREEK MUSIC

ストック数が少ない為(現品限り)、 ■ブックレットのカビ、染みなどの経年劣化 ■湿気による紙のよれ …等のダメージがある商品をお売りしております。 ご理解の上、ご注文下さい。 気にされるお客様はご注文をお控え頂きますよう、よろしくお願い致します。 “地中海のブルース”レンベーティカを中心に ギリシャ独特の大衆音楽の全貌を解明 『ギリシャ音楽入門』 選曲・解説 …

続きを読む>

REMBETIKA HIPSTARS / KAFENEION

>こちらで試聴可!ということで、カナダのカルガリーで活動するレベーティカ・グループです(カルガリーといえばダイナマイト・キッド!?という話はまた別の話…いや、カルガリー・ハリケーンズか)。それにしても何でまたカナダでレベーティカ?不思議だ…、ということもなくて、実は北米にはギリシャ系移民、もしくはその2世3世が、合衆国には130万人、 …

続きを読む>

LEONIDAS BALAFAS / APILIOTIS

再入荷しています! レオニダス・バラファス、1981年アテネ生まれ(両親は内陸テッサリアのカルディツァ・オリジン)07年デビューの男性SSWの2014年新作 / 4作目の2CDです。レベーティカ・ルーツをリスペクトしダイレクトな伝統回帰路線にてアコースティックかつディープなソングライティングを聞かせます。ま、故ニコス・パパゾグルーの音楽性をよりレベーティカ風 …

続きを読む>

GIORGOS ALTIS / LEI I ZOI

ブズーキのヴァーチュオーゾ(クァルテート・ブズーキオン・ラストのメンバー)にしてギリシャ音楽関係の著作もあるヨルゴス・アルティスの09年セカンド・アルバムです。渋いですねえ、その歯切れよくもオリエンタルでブルージーなブズーキ・プレイ!保守本道のアレンジにおいて、メランコリックかつディープな曲想の古いレベーティカ、ライカ曲に新たな詞をつけた曲が並びますが、自ら …

続きを読む>

go top