PANOS GAVALAS

パノス・ガヴァラス(1926-1988)、元はハーモニカとギターを楽しむ漁師だったそうです。が、ヴァシリス・ツィツァーニスに見いだされ、1956年に初録音、以降、特に60年代、そして70〜80年代を通じて多くの録音を残しました。本作は、1970年のLPアルバム(おそらくシングル集)復刻CDとなります。まあ、なんと言いますか、もうジャケでノックアウト、クールな …

続きを読む>

VANGELIS KORAKAKIS ‎/ BOUZOUXIDES ME PYXIDES

ブズーキ奏者にして歌い手、 作詞作曲家の現役ヴェテラン、 ヴァンゲリス・コラキカス1988年のリラ盤! 1961年ケサラニアニ生まれのヴァンゲリス、 こちらがセカンドとなりますが、 いろんな歌い手を招いてのレベーティカ集、 共作ということに。 1. Vangelis Korakakis / Servikaki Erotiko 2. Afentoula Raz …

続きを読む>

V.A. / TA REMPETIKA TOU GENITSARI

70年代前半録音でしょうね、LPは1975年にリリースされています。℃シブイところ4者のレベーティスの名唱集!サンバとかと同様(同じく?軍事政権下)、ギリシャでも70年代前半、50〜60年代のライカPOP&エーンテクノ全盛の煽りからでしょうか、ヨリモドシ的にレベーティカ復興運動が起こるわけですが(その中心的存在の一人がヨルゴス・ダラーラスでした)そんな余波の …

続きを読む>

C. NIKOLOPOULOS, M. RASOULIS, E. VITALI, D. KONTOGIANNIS, G. SARRIS, P. TERZIS / PAIXE CHRISTOS EPEIGONTOS

ブズーキ&作曲のクリストス・ニコロプロス、作詞、マノリス・ラソウリスという音楽パートナーを中心に、エレーニ・ヴィターリ、ディミトリス・コントジャニス(exレベーティキ・カンパニア)、ヨルゴス・ルパカス、パスカリス・テルジスというシブイ男女歌手たちを揃えた1982年のレベーティカ〜ライカ系アルバムです。ほか、クラリネット、アコーディオン、ピアノ、ヴァイオリン、 …

続きを読む>

STELIOS VAMVAKARIS / NIRVANA

ピレウス派レベーティカの巨人、マルコス・ヴァンヴァカリスの息子さん、ステリオス・ヴァンヴァカリス、09年の作です。 1947年生まれ、7歳の時からブズーキを弾き、17歳で父のバックをつとめるようになり、その後、ヤニス・パパイオアーヌやヴァシリス・ツィツァーニス、ケティ・グレイ、ヴィッキー・モスコリウ、そしてヨルゴス・ダラーラスら、レベーティカ〜ライカのスター …

続きを読む>

THE IMAM BAILDI / COOKBOOK

バンド名イマーム・バユルドゥとは 「坊さんの気絶」の意味。 坊さんが気絶するほど美味いと言われた 茄子を使ったトルコ料理冷菜の名前! その>2014年3作目は当店でも人気でしたが、 コチラはセカンド2010年作、 未だブレイクビーツ寄りのアルバム、 が、逆に得難い? 地中海〜バルカン風味も備えた グリーク・ミクスチュアー・ビーツ!?

続きを読む>

KATERINA TSIRIDOU / KISMET

おそらく、ソロ・アルバムとしては、こちらがファーストになるかと。現役レべーティカ女性歌手の代表格、昔ながらの節まわしを今に聞かせます。アコーディオン、ブズーキ、バグラマー、ギター&ベースによるバッキングも素晴らしい!カテリーナ・ツィリドゥの09年作(当時35歳?)です。 1 Souroupo Me Sunnefia (Σούρουπο Με Συννεφιά …

続きを読む>

GIORGOS MOUFLOUZELIS‎ / EGO DEN EHO VGALEI TO SCHOLEIO

1912年生まれ(1999年に逝去)、ブズーキ、バグラマーを弾く作曲家でしたが、70年代に自己名義の録音デビューしました。まさに生き残ったレベーティスとでも言えるでしょうか?サンバやブルースの再発見を想わせますが、当たらずとも遠からず(ギリシャでも70年代にレベーティカ復興機運が若い世代の間で興っていますから…、その先陣にいたのが、ヨルゴス・ダラ …

続きを読む>

GIANNIS PAPAIOANNOU ‎/ I ELLADA TOU GIANNIS PAPAIOANNOU

いや〜、新品だというから久々に取り寄せてみたら、シールドでした(って、例の昔のギリシャ盤CD仕様で、封紙が貼ってあるだけですが)。まだ、あるんですねえ…、マルコス・ヴァンヴァカリス、ステリオス・キロミティに継いでピレウス派のレンベーティスとして、職業的自作自演歌手となったヤニス・パパイオアーヌ(1914-1972)の、そのデビュー曲 “ファリリオ …

続きを読む>

KATERINA TSIRIDOU / AMAN KATERINA, A Tribute to Panayiotis Toundas

>こちらで、既に紹介されている盤ですね(陳謝&感謝)、やっと入荷してまいりました。ギリシャ大衆音楽の源となった戦前のレベーティカ〜戦後ライカの揺籃期にこだわり、ピアノ、ギターほかギリシャの弦楽器を弾きこなす才能豊かな女性歌手、カテリーナ・ツィリドゥ(1974-)の2015年作。ここで彼女が歌うのは、スミルナ派レベーティカ最高の作曲家とされもするパナギオーティ …

続きを読む>

V.A. OST / ROZA ESKENAZI, MY SWEET CANARY

歴史に名を残すギリシャのレーベンティカの歌い手、ローザ・エスケナージの生涯を綴ったドキュメンタリー映画「My Sweet Canary」のサウンドトラック。ローザ・エスケナージは、アテネのユダヤ系セファルディの家系で、貧しくまだ幼いときにテッサロニキに移り住んだというが、その頃のテッサロニキはオスマン・トルコの影響を強く受けており、彼女の音楽性にも大きな影響 …

続きを読む>

GIORGOS MOUFLOUZELIS‎ / O MOUFLOUZELIS ERCHETAI…

CDはとても珍しいかと思いマス。 1974年 ZODIAC 盤 LP の オリジナル復刻CDですね。 LYRAからリリースされていました。 1912年生まれ(1999年に逝去)、 ブズーキ、バグラマーを弾く作曲家でしたが、 70年代に自己名義の録音デビューしました。 こちらは2作目となります。 まさに生き残ったレベーティスとでも言えるでしょうか? 1 Gia …

続きを読む>

GEORGE DALARAS / TA TRAGOUDIA TON AGION

ダラーラスが古巣ミノス・レコーズを去る時に、ポツンとリリースされた謎の2013年リリースの2CDですね。内容的にはすべてカヴァー、それもマルコス・ヴァンヴァカリスやヴァシリス・ツィツァーニス、イオアニス・パパイオアーヌ、そしてルーカス・ダラーラス(ヨルゴスの父)…ほか、レベーティカの先達たちの曲をダラーラス自身が演じたカヴァーにおいて蒐められた3 …

続きを読む>

L’ORIENT DES GRECS

フランスBUDAの貴重な名作がまとめて再入荷しています! こちらは1930年代のギリシャで制作されたSP盤からの復刻で、トルコから強制送還されてきた楽師達の演奏によるレベーティカ、チフテテリあどを全22曲収録。ウードやカヌーン、バイオリン、ダフなどを使った音楽はもちろんトルコそのままです。 (下記リンクから一部試聴可能) https://www.amazon …

続きを読む>

go top