AGRUPACION ILEGAL LOS INPARCIALES / NI CHICHA NI LIMONADA – CUMBIA CON SABOR

  アルゼンチンはブエノスアイレスで2012年に結成。ペルーのチーチャに傾倒した正統派サウンドに、レゲエもミックス。南米アルゼンチンらしいミクスチャー的感覚も備えた7人組。DJはマスト。(サプライヤーインフォおより) Side A: NI CHICHA NI LIMONADA Side B: CUMBIA CON SABOR

続きを読む>

XIXA / BLOODLINE

シクサはメキシコとの国境に近いアメリカ・アリゾナ州トゥーソンから登場したグループ。トゥーソンのインディー・シーンをリードする存在として知られているブライアン・ロペスとゲイブリエル・シルヴィアンを含む6人が数年前に集まり結成し、当時意識の高いミュージシャンの間で注目されていたチャーチャに強く影響を受けたオリジナル・ロック・サウンドを目指しました。そして彼らの評 …

続きを読む>

V.A. / PSYCHEDELIC CUMBIA

老舗グループから新鋭までを網羅したB級感がたまらないクンビアの編集盤! もはや一過性のブームではなくその人気が定着した感のあるクンビア。本作はそのクンビアが1960年代後半のロックやヒッピー・カルチャーの影響を反映していく様をとらえた編集盤だ。本場コロンビアの老舗グループはもちろん、「サイケデリック・クンビア」ことチーチャを生んだペルーのグループ、さらにその …

続きを読む>

V.A. / AYAUASCA, CUMBIA PSICODELIAS VOL.1

★こちらも夏向き!ジャケもOK、B級ならではのカッコよさ、 ペナペナのグルーヴがたまりません! 〜V.A. / アヤウアスカ-サイケデリック・クンビア VOL.1 ●ペルー産サイケデリック・クンビアは60年代の英米発のサイケデリック・ロックとコロンビア発の伝統的クンビアが合わさり、アマゾン流域世界を彷彿させる湿り気のある催眠的なギターとシンセが組み合わさった …

続きを読む>

LOS CHINCHES / FONGO

ペルーのサイケデリック・クンビア“チーチャ”が今度はUKへ飛び火!? 石油ブームに沸いた南米ペルーのアマゾン地方で60年代に生まれ、その後都リマに出稼ぎに赴いた人々のサウンドトラックにもなったのが、サイケデリック・クンビアとの別名を持つチーチャという音楽だ。数年前よりニューヨークを中心に再発見の機運が高まったが、今度はロンドンに飛び火し新たなムーヴメントを作 …

続きを読む>

JUANECO Y SU COMBO / 1 MASTERS OF CHICHA

話題を呼んだ復刻コレクション『ルーツ・オヴ・チーチャ』続編復刻CDの登場!『ルーツ・オヴ・チーチャ』にも4曲収録されていたファネーコ&コンボの単独復刻ということで、ハワイアンやサーフ・ロックを連想させつつ、コレ以上ないユルユルのサイケ・サウンドにおいて、70年代ペルーのエレキなギター・コンボが、チーチャ~ウァイノ~クンビアを聞かせます!好きな方にはたまらない …

続きを読む>

ENRIQUE DELGADO & LOS DESTELLOS / PARA TODO EL MUNDO 2

ペルーの大衆酒場のダンス・ミュージックであるチーチャ。90年代にはテクノ・クンビアやアマゾン・クンビアなんて呼ばれてもいました。ここ最近ニューヨークのレーベルからリリースされ、国内盤でも紹介された「ザ・ルーツ・オブ・チーチャ」のシリーズが一部で話題となり、ワールド・ミュージックファン以外にも、このクンビア・ブームのさなかにDJや他ジャンルのリスナーにも大絶賛 …

続きを読む>

V.A. / THE ROOTS OF CHICHA 2 – PSYCHEDELIC CUMBIA FROM PERU

ペルーのサイケデリック・クンビア探究の旅はまだまだ続く。2007年リリースの『ザ・ルーツ・オヴ・チーチャ~ペルーのサイケデリック・クンビア』はペルーに独特なダンス音楽のチーチャを欧米CDマーケットに紹介、大きな反響を呼びましたが、そこではコロンビアと接しているアマゾン地方のバンドが中心に紹介されていました。が、本作ではさらにペルー全体に視野を広げ、アマゾン経 …

続きを読む>

LOS WEMBLER’S DE LQUITOS / LA DANZA DEL PETROLERO

なんか、アマゾン系が来てるようなので再プッシュ!今では都会に住むインディヘナの間でれっきとした市民権を得ているチーチャですが、その起源を辿ると、ペルー北部、アマゾン川流域の港湾都市イキートスで生まれたアマゾン・クンビアという音楽が由来だとされています。そんなアマゾン・クンビアの代表格と目されるロス・ウェンブレルス・デ・イキートス~ジャケも面妖ですが内容もスッ …

続きを読む>

CHICHA LIBRE / SONIDO AMAZONICO !

ニューヨークのブルックリンを拠点とするバルベス・レコードから、またまたとんでもないアルバムが登場~ 『ザ・ルーツ・オヴ・チーチャ~ペルーのサイケデリック・クンビア』でペルーの幻の音楽チーチャを紹介したバルベスですが、今度はなんとアメリカ人を中心にチーチャのバンドを結成。自分たちでチーチャを演奏しはじめてしまったのだからタイヘンだ~もちろん全編でクンビアの気だ …

続きを読む>

V.A. / THE ROOTS OF CHICHA, PSYCHEDELIC CUMBIAS FROM PERU

これは面白いですねえ!1960~70年代、今も流行するテクノ・クンビア系チーチャの源流録音復刻集です。で、初期チーチャはどんな感じだったかと言えば、隣国コロンビアのリズムであるクンビアを取り入れている点は、近年のチーチャと同じですが、テクノならぬ、サーフ・ロックやワウ・ワウ・ペダルを持ち込んだサイケデリック・ムード満点のギター・バンド・クンビアだったんですね …

続きを読む>

JARO MILKO & THE CUBALKANICS / CIGARROS EXPLOSIVOS !

ナチュラルさとフェイクっぽさが交錯するチーチャ×バルカン音楽の衝撃! 中心人物ヤロ・ミルコはスイス生まれですが、ご両親は(旧)チェコ=スロヴァキアの出身で長年バルカン音 楽をパフォーマンスしてきたミュージシャンでした。その影響からまずヤロはジャンゴ・ラインハルトに代表されるジプシー・スウィングに傾倒。バンドも結成 していましたが、ガール・フレンドとキューバに …

続きを読む>

SONIDO GALLO NEGRO / SENDERO MISTICO 『神秘のクンビア』

PSYCHEDELIC+CUMBIA+CHICHA!妖し過ぎる悦楽のメキシカン・サイケデリア!謎のチーチャ軍団最新作! 哀愁の南米酒場音楽=チーチャ!前作も大反響を巻き起こしたメキシコ・シティの下町バンドのセカンド・アルバム。南米ペルーで70年代に生まれた混血音楽、チーチャを中心にその粘っこいサウンドでクンビア~ラテン・ロックを大熱演!ファジーなギター、チー …

続きを読む>

V.A. / PERU MARAVILLOSO – VINTAGE LATIN, TROPICAL AND CUMBIA

先月ロンドンを訪れた渋谷Li-Poのマダムが、たまたま入った繁盛しているペルー料理レストランでこのCDが売っていて、なんで?という感じで尋ねてみたら、そのレストランのオーナーがDJタイガーズ・ミルク(昔ジャイルズ・ピーターソンとかとDJやっていたペルー系英国人、だったそう)で、最近タイガーズ・ミルク・レコーズを設立してリリースしたCDがコレとのこと。お料理も …

続きを読む>

LA CHAMBA / ARANA

サイケデリックなファズトーンでギンギンに鳴り響くエレキ・ギター、ソウルフルなスペイン語ヴォーカル…。ペルー産のチーチャを熱く演奏する若手5人組 ラ・チャンバによる初CD。チーチャ界のパイオニアであるホセ・L・カルバージョも参画し、現地以上の本格的サウンドを展開、ペルーのヴィンテージ・サウ ンドが、凄まじくエネルギッシュな演奏で甦っている。2014年発売予定の …

続きを読む>

go top