こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

LESLIE GRACE

 「18歳、それが人生で最も美しいときだなんて誰にも言わせない」(違うか?)というわけで、体質的に熟女歌手ばかりご紹介して来た当店におきましては、レスリー・グレース嬢の本作セカンド・アルバムに例外的な衝撃を受けつつ、この夏から秋は過ぎ去りました。ここ半年ぐらい、当店ご来店の中年以上の男性顧客の皆さんには、とりあえずオススメして来ました(6割超えでお買い上げい …

続きを読む>

RANDY CARLOS AND HIS ORCHESTRA / THE BEST OF

ブ ロンクスで楽団を組んで出発したというからニューヨリカンだったんでしょう。チューンアップしたソノーラ・スタイルにエレキギターを加えたそのスタイル は、同時期にSEECOで活躍したラ・プラタ・セクステットを思わせますが、よりプレ・ブーガルー的なノリを聞かせたオルケスタでした。NYからルート 87で北へ登ったキャッツキルズ地域で最も大きなホテルのボールルームで …

続きを読む>

MAMBORAMA / DIRECTAMENTE AL MAMBO

西海岸で活躍するキューバン・サルサ・ユニット新作!エネヘーのトスコをはじめ、トニー・カラ、エル・ネネやバン・バンのロベルトンそして、キューバン・ラップのクバニート20.02という豪華ゲストを、キッチリとディレクション!リーダー格、ビル・ウォルファーによるアレンジが、ソン・ベースのサルサに映えています。

続きを読む>

ALFREDO VALDES JR / DE LA HABANA A NUEVA YORK

キューバ出身、NYではアルセニオ・ロドリゲス楽団でも活躍したピアニスト=アルフレード・バルデース・ジュニア、久々の新作!アルフレード・デ・ラ・フェやパポ・ペピンら在米の実力派のみならず、シソ・グアンチェス、ヘスス・チャポティン、ルソンJr.など、キューバ在住の腕利きミュージシャン達も大挙参加~大御所らしいを盛り上を見せる新録です。バリトン含む分厚いホーンセク …

続きを読む>

ROBERTO POVEDA / SON ELECTRICO

マイアミで活動するキューバ系男性SSWの2004年作です。キューバンSONをべースにブルースやロックのテイストも交えながら、インテリジェンスを感じさせる新世代キューバンを聞かせます。その筋のマニアには評判の高いアルバムでした。

続きを読む>

MARLON / MI SUENO

プエルトリコで活動しているキューバ出身の若手男性歌手=マルローンのデビュー・アルバム。PRの“オビヘティボ・ファマ”タレント・コンテストで優勝した逸材で、なんとゲストはインディア!2曲でデュエットしています。そんなレーベル側の待遇の良さも逸材ならではじゃないでしょうか?冒頭イントロはヘヴィーなグァグァンコーでスタート、そしてノリばっちりダンサブルなサルサ/テ …

続きを読む>

ANDY AND THE RIVERSIDE SEXTET

メガ・レアーな60年代プエルトリコの楽団の作〜初復刻です。ラ・プラジャとジョー・クーバをあわせて割ってB級にしたようなセクステート作品〜レアーなのも故の無いことではありませんが?これもまた一つの時代の表象ですね!

続きを読む>

LA NEGRAMENTA / LIBRE!

2008年に結成されたベネズエラSALSAのニュー・カマー、ア・ネグラメンタのサード・アルバムです。ヘヴィなホーン・セクションと、タイトなパーカッション群が楽しめる作となりました。歌い口も70-80年代プエルトリコ流儀〜5人のリードが入れ替わりながら、充実サルサを楽しませます!

続きを読む>

PETE TERRACE AND HIS ORCHESTRA EL REY DE LA SALSA / THE BEST OF

ブーガルーからチャランン、ラテン・ジャズ、マンボ、チャチャチャ、ラテン・ラウンジほか〜様々なスタイルをこなすNYのパーカッション&ヴィブラフォン奏者、ピート・テラスの1960’sベスト・オヴ・ベスト!ミオやティコなどレーエルを超えた28曲!がセレクトされました。

続きを読む>

RAY BARRETTO

 ファニア・オール・スターズをはじめとしたサルサからラテン・ジャズまで、幅広く活躍したニューヨーク・ラテンの大御所、パーカッショニスト/バンド・リーダー、故レイ・バレットの映像集DVD-Rです。若いときから晩年まで幅広い年代、そしてライヴからスタジオ収録まで、シチュエーションも様々な絵が並びます。すべて、サルサ・ユニット~バンドの映像で、ソネーロ(リード・ヴ …

続きを読む>

TITO RODRIGUEZ & JOSE MELIS / TU FELICIDAD

1960年代前半にティト・ロドリゲスが、キューバ出身のピアニスト / ヴィブラフォン奏者にして小編成楽団リーダー、ホセ・メリスと共演したアルバムの復刻盤!ティト・ロドリゲスと言えば、いつだってゴージャス~NYのマンボ・デイズ以来の大人数ホーンズ擁する、自らのオーケストラを率いて歌うイメージが強いわけですが、ホセ・メリスのジャズ / ラウンジ系のコンボをバック …

続きを読む>

V.A. / MAMBO, BIG BANDS 1946-1957

フランスの復刻レーベル=フレムウ&アソシエ によるマンボ黄金期録音集~ビッグ・バンドによるマンボ2CD全42曲、1946~57年のNY/LA/メキシコシティ/ハバナという各地の録音ピック アップしています。NYマンボ黎明をリードしたホセ・クルベーロから始まり、ノロ・モラレス/マチート/アンセルモ・サカサス/プピ・カンポ/ペレス・プ ラード/ティト・プエンテ/ …

続きを読む>

go top