こちらでは、主に北米のラテン音楽を扱います。

MACHITO ORCHESTRA / FIRE WORKS, special guest artist LALO RODRIGUEZ

マチート・オーケストラ1977年の名盤です!「ミ・リトゥモ・ジェゴ」「グアグアンコー・ア・メヒコ」「ソイ・サルセーロ」 収録~ビクトル・パス(tp) バリー・ロジャーズ(tb)チャーリー・パルミエリ(p, org) ホルヘ・ ミジェー(el-p)アンディー・ゴンサーレス(b)ジョニー・ロドリゲス(conga)トミー・ロペス(bongo)ニッキー・マレーロ(t …

続きを読む>

NICO GOMEZ & HIS AFRO PERCUSSION UNC. / RITUAL

今度はフランスで再発されました!渡欧したラテン系ミュージシャン、ニコ・ゴメスがフランスのレーベルに残した70年代アフロ・キューバン系エキゾティック・グルーヴのお宝アルバムです!アフロ・ファンク系の表題曲をはじめ、マンボ/マンボ・ジャズ/チャチャチャ/サンバ・テイストありのレアー&ファンキー / ユーロ・ラテン!これまで、お買い逃しだった方は是非!

続きを読む>

RAY BARRETTO / “RAY” CRIOLLO

LATIN JANYラテン~サルサを代表するコンガ奏者/バンドリーダー=レイ・バレッ ト1966年の意欲作です! 「デスカルガ・クリオージャ」「サルサ・イ・ドゥルスーラ」「ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイル(いそしぎ) 」「ア・マラカイボ」など聴きどころの多いアルバム/この復刻にあたり、ジャズ市場向けに録音されたという大変めずらしい3曲をボーナス・トラックと …

続きを読む>

OCHO

1972年作~NYのラテン・グルーヴ人気ユニットのファーストが紙ジャケ仕様リマスタリング済みにて再発!キューバン・リズムを自在に操りながら、ジャズ&ファンクの要素を巧みに消化した職人的演奏が、イイ音で蘇りました!紙ジャケ仕様

続きを読む>

V.A. / BACHATA ROJA

ドミニカ共和国の音楽と言えばメレンゲとバチャータ~メレンゲはダンス・ミュージックとして早くから世界に知られたものの、一方のバチャータが知られるようになったのはやっと90年代のこと。それまでは下層の民の音楽として本国では蔑まれていたそう。が、ギター弾き語りを中心としたその音楽スタイルは、キューバのボレーロやメキシコのランチェーラとも通じ、失恋や人生の悲しみを歌 …

続きを読む>

PUERTO PLATA / MUJER DE CABARET

ドミニカ共和国から83歳の男性歌手=プエルト・プラッタがソロ・デビューです!北部の港町プエルト・プラッタ出身、その地名を自らの芸名とし、音楽の都サンティアーゴのストリートを舞台に歌いはじめたのが1950年代のこと~それから50年以上の月日を経て、やっと発表できた初ソロ・アルバムだそうです。ドミニカ歌謡を代表するバチャータの創成時代の音楽性~キューバやメキシコ …

続きを読む>

SERGIO GEORGE presents SALSA GIANTS, Recorded Live At Curacao North Sea Jaa Festival

古くからキューバンSON、そしてSALSAも親しまれて来たオランダ領クラサオにおいて、セルヒオ・ジョージが仕掛けた文字通りのRMMサルサ・オール・スターズLIVE!その実況盤CD&DVDです。新旧現役最高レヴェルの歌い手たちが、それぞれのヒット曲、持ち歌を、セルヒオ・マナーを奏でるゴージャスなオーケストレーションをバックに次々と歌い綴ります。 CD 1. A …

続きを読む>

NEW SWING SEXTET / YESTERDAY TODAY & TOMORROW

あのコティーケ・レーベルのNYヴィブラフォン・セクステット=ニュー・スウィング・セクステットが2008年に35年ぶりの復活したのにはビックリしましたが、こちらは2012年の復活第2弾~文字通りのバック・オン・ザ・ストリートということですねえ…。さすがに当時のブーガルー・テイストは薄れているものの、歳を取ったなりのライトでスウィンギーなラテン・ダン …

続きを読む>

go top