新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

LA PEGATINA / EUREKA!

すでに現地でも相当な人気を誇る彼ら。本作ではより洗練された、パンキッシュなストリートサウンドで、バルセロナ・ミクスチャー ルンバ・カタラーナ勢から頭一つ抜きんでた「これぞ、PEGATINA!」といった風情を見せつけてくれます。さらに10周年を祝うかの如く集結したゲストの数々!イタリアからBaciamolemani、元テラコッタのRomi Anauel、Esn …

続きを読む>

BUIKA / NINA DE FUEGO

昨年来日し(2007)、ファンを魅了してくれたマジョルカ出身のギニア系スペイン女性/フラメンコをアフロ風味も感じさせるR&B感覚で歌う~ブイカの08年作サード・アルバムです。前作同様ハビエル・リモンによるプロデュース/フラメンコのディープさを残しつつ、ジャズやソウル的要素も加味したミクスチャー度の強いバッキングが、ブイカの歌唱とマッチ、より充実した作となって …

続きを読む>

Haris Alexiou, Sokratis Malamas & Alkinoos Ioannidis / LYKABETTUS LIVE

アテネ市街を見渡せる小高い丘、リカベトウスに設えられた野外ステージで、2006年に行われたハリス・アレクシウのライヴを完全収録!2CD全32曲&同32曲収録プラス・エクストラ映像も入ったDVDの3枚組、2007年のリリース作品です!テサロニキの伝統派男性歌手&ギタリスト=ソクラティス・マラマス、 若手男性SSW&ギター&パーカッション=アルキノス・イオアニデ …

続きを読む>

WEST NKOSI / SIXTEEN ORIGINAL SAX JIVE HITS

1960〜70年代、ガロ傘下のレーベルからリリースしたSingle集〜サックス・ジャイヴ・インストです。初期ンバクァンガの歌なし、と言ってしまうのはもったいないですねえ、この躍動感、やっぱり南アならでは! 1 West Nkosi And His Alto Sax – 2 By 2  2:18 2 West Nkosi Nabashokobezi …

続きを読む>

鄧麗君 / 絶響 – 永遠的鄧麗君

鄧麗君、生誕60周年を記念し鄧麗君文教基金会が出版した伝記 / 評伝だそうです。見たことのないカラー写真満載ですが、マンダリンのみ。読めませんなあ、500ページ…。でも、この表紙となっている頬杖&微かな憂いを感じさせる眼差しだけでも欲しくなりますねえ、ホント。テレサ命の貴兄にだけオススメします。

続きを読む>

V.A. / BOKOOR BEATS

★V.A. / ボクール・ビーツ ハイライフ、ファンク、ブルーズが合体した、70sガーナ発アフロ・ビート・サウンドの面白さ満載!! ●本アルバムは、07年3月に独立50周年を迎えたガーナで開催された記念式典に合わせて制作された、70年代ヴィンテージ・アフロ・ビート、アフロ・ロック、エレクトリック・ハイライフの復刻盤です。 ●独立以降、ハイライフを中心にポップ …

続きを読む>

V.A. / LISBON BASS

ブラカ・ソム・システマのブレイクにより海外にも知られ始めたアンゴラ~ブラジル~カーボベルデ~リスボンをつなぐゲットーベースミュージック・シーン。リスボンのドメスティックな現在進行形ミュージック・シーンを世界へ向けて発信するウェブ・ラジオ・プログラム「Ginga Beat」を運営するDJ D-MarsとVioletのふたりがブラカSS以降の最新アクトを14組ピ …

続きを読む>

DATO’ SITI NURHALIZA / LENTERA TIMUR 『東方のともし火』

マレイシアの歌姫、シティ・ヌルハリザ09年作です!自らのプロダクションを立ち上げての独立後、初となるマレイ伝統歌謡系アルバムを発表してくれましたね!マレイシア~東南アジアにおいて、他の追従を許さないその音楽性、完璧な歌唱力に磨きがかかった作品です!Sアタン、パック・ンガーら伝統派大御所から、Nナシール、ジョハン・ナーウィの渋いゲスト、さらにはアドナン・アブ・ …

続きを読む>

V.A. / BALKAN GROOVES

いまやワールド・ミュージックの最重要ジャンルのひとつまでになったバルカン音楽。そしてそのダンス・ミュージックのいまを知らせる編集盤として人気のあった『バルカン・ビーツ』が『バルカン・グルーヴズ』へと改題。ここでは現在クラブ・シーンを熱くさせている様々なタイプのアーティストを合計15組紹介。中には非バルカン諸国で活躍している変わり種も含まれるなど、独自の観点で …

続きを読む>

LOS AGUAS AGUAS / TWO, THREE KARATE MOVIES

メキシコ、ベラクルス発祥のアフロ系音楽の伝統をもつソン・ハローチョで使われる楽器や手法に、カリブ海のレゲエ、コロンビアのクンビア、そしてファンクを重ねたサウンドを展開する若手10人組による2013年作品。ホーン陣を加えたスカとクンビアがゆったりと混じる超ユルユルのレイドバック・サウンドが最大の魅力である彼ら。今作では、汚職や暴力などメキシコ社会の諸問題につい …

続きを読む>

ROTFRONT / VISAFREE

好評コンピレイション『レヴォリューション・ディスコ』(ライス)を編集したDJ/ミュージシャンのユーリ・グルズフィーが率いるロートフロントが、DJシャンテルのレーベルから最新作を発表!ハンガリーやアメリカ出身のユダヤ系ミュージシャンを中心にベルリンで結成された彼らは、クレツマーを想起させる哀愁のメロディを、うねりのあるミクスチャー・サウンドを伴奏に聴かせてくれ …

続きを読む>

ZUCCHERO/ LA SESSION CUBANA

1983年にデビュー。以後30年間に渡ってイタリアのロック/ポップス・シーンの中心的存在として活躍してきた男性歌手ズッケロが、突如ユニークな試みを行いました。なんとキューバ・ハバナに飛んで現地の音楽家らとセッションを行い録音したという作品です。取り上げているのは自身のヒット曲ほか、グァヒーラの名曲「グァンタナメーラ」など、もちろんキューバ風味溢れるアレンジで …

続きを読む>

HELDER MOUTINHO / 1987

エルデル・モウティーニョは新世代ファドの最高の詩人で、レコード・プロデューサーでもあり、さらにレーベル・オーナー、プロモーターという多才な人物。そして、その才能が広く認められているファド歌手としてこそ知られる存在です。けれど、その作品は多くなく、本作も5年ぶりにリリースされた待望の新作 / 通算4作目。ここでエルデルは気の置けない信頼しあった伴奏陣とともに、 …

続きを読む>

V.A./THE ROUGH GUIDE TO ARABIC REVOLUTION (with BONUS CD)

2010年12月、チュニジアに端を発したアラブ各国の民主化運動はいつしか「アラブの春」と呼ばれ、現在でもその余波は続いてます。そうした民主化を求める国々に縁のあるミュージシャンやシンガーたちはこの動きに黙することなく、各々それを鼓舞や礼讃、また犠牲なった人々に対しての哀悼を音楽によって捧げています。本作はそんなアーティストを集めた画期的なCDとなりました。〜 …

続きを読む>

THE BULGARIAN VOICES ANGELITE / ANGELINA

“神秘の歌声”と形容されるブルガリアン・ヴォイス。現在のその最高峰グループといえるのが、このアンジェリーテ。社会主義時代のブルガリアで生まれたこのグループは民主化以前よりドイツのレーベル、ヤロ(Jaro)の目にとまり、80年代後半に専属アーティストとして活動を開始〜欧州を中心に活動した彼女たちは93年にはグラミー賞にもノミネートされるなど世界的な評価と人気を …

続きを読む>

go top