FATAI OLOWONYO / ELE WURE WORE

    アインラ・オモウラの宿敵? 相当、仲が悪かったみたいですが、さもありなん、同じくアパラを看板にしていても全然音楽性は違うと聞こえます。なんてったって、河内音頭クリソツのネイティヴ・ギター入り!ヴォスも年季入った胴間声風? エイヤコラセーのドッコイセーと、囃したくなりますね!

続きを読む>

V.A. / APALA, Apala Groups in Nigeria 1967-70

>★ いやいや、アパラですよ、それもアインラ・オモウラ登場前のアパラ、ということで、そーなると当然、その頃はハルナ・イショラ人気独占状態だったわけですが…、並んでますねえ、知らない歌い手が、全18曲中11曲も!うち、当方入荷済みシンガーは>こちらぐらいじゃないでしょうか? やっぱりこの時期、LPアルバムをリリースするアパラ歌手といえば、ハルナとカ …

続きを読む>

HARUNA ISHOLA AND HIS GROUP / APALA SONGS

謎ですね。”KIPEPEO PUBL.”という会社名は記されていますし、CDRでもないのですが、なんだかイイ加減な雰囲気が漂います。音質はレコードの再現に努力しているようでマズマズですが、ノイズ除去を行っていないので、チリノイズが聞こえます(逆に、下手に除去されると音質があやふやになるので、それはそれでイイんですが…)。しかも高い! 1962年リリースの W …

続きを読む>

KASUMU ADIO & HIS APALA GROUP / ORIKI IBEJI Vol.1 – ENI FI BI SU OLORE Vol.5

カスム・アディオ、ナイジェリアはレゴス州の北隣、オグン州のイジェブ=イボで生まれたそうですが、それって、ハルナ・イショラ(1919–1983)と同郷ですね。1928年の生まれなのでハルナの後輩ということになりますが、同じくアパラのシンガーとして1940年代から70年代にかけて活躍、で、コトあるごとにイガミあっていたハルナのライヴァルだったそうですよ。何年に亡 …

続きを読む>

RAJI OWONIKOKO / OMO NIGERIA EWA GBO

    こちらはアルハジ・チーフ・ラジ・オウォニココの現役ブリを伝えるCDとなるでしょうね、CD時代、それも結構近年じゃないかと思われるイイ音質のアパラ正道路線アルバム〜OLUMO からリリースされています。淡々とした歌い口はそのままですが、コクが出てきた感じ?僅少入荷が残念です。

続きを読む>

AYINLA ADEGATORS / IKILO – ASALATU FA ANABI – EYIN AIRUN MA KI OKAN

謎のアパラ歌手、アインラ・アデゲーターズ 3種入荷です。向かって左から〜 “IKILO” 〜生きろ!って、違うか…在庫あり で、トーキングドラムがまずおかしい。和太鼓の乱れ打ちみたい?しかも音質は悪いわ、女声コーラスが聞こえるわ(それとも、回転数おかしいのか?)、なんか全然わかりませんな。突っ走る乱れ打ち&錫杖みたいな金物 …

続きを読む>

RAJI ALABI OWONIKOKO / (Orin Raji Laraye Nfe)

アパラです。 まさに代表作と言うべきでしょうね。音質も申し分なし! ラジ・アラビ・オウォニココのクールに畳み掛けて行く リード・ヴォーカルに応えるユニゾン・コーラスの 波状効果、とでも言いますか、 なんだかジワジワ来ますねえ、繰り返しの中、 だんだんと迫力というものを醸して行きます。 が、僅少初入荷…残念、お早めに! とうとう↓この曲収録されたC …

続きを読む>

RAJI ALABI OWONIKOKO & HIS BULLY SOUND INTERNATIONAL / KO SELE WOLE

以前、>こちらでご紹介している経歴不明のヴェテラン・アパラ歌手(現在も活動している思われます)、アルハジ・チーフ・アラビ・オウォニココ、また1枚入荷しています。ハルナ・イショラともアインラ・オモウラとも違う、クールな職人的アパラを聞かせる人、とでも言いますか(個人的には作業用BGMとして愛聴?)、淡々とした歌い口でヨルバの伝統的な美意識を体現してくれます。L …

続きを読む>

HARUNA ISHOLA / OGUN LONILE ARO

ナイジェリア盤数あれど、群を抜くイイ加減さ! お顔が溶けていますよ、 世界のCDジャケット史上に燦然と輝く “泥エビス” ジャケ最高峰と言えましょう!?? で、内容はいつものようにサイコーです! ハルナ・イショラに駄作なし! いつも、おんなじですけどね… Alhaji Haruna Ishola and His Apala Group Ogun …

続きを読む>

go top