BLAY AMBOLLEY / KETAN

くーっ!たまりません。ガーナで1970年代から歌う大ヴェテランで、>前作から5年ぶりとなるガーナ現地録音(!!)のセルフ・プロデュース作。欧州メイドのクラブ仕様ではコーは行かない、味わい芳醇、余裕のアフロビート&ファンキー・ハイライフが楽しめる快作となりました。アハン、オーイェー!オーライと、語るように歌う低音の魅力、その節まわしの貫禄と余裕!ガーナのマヌ・ …

続きを読む>

FELA RANSOME KUTI & HIS KOOLA LOBITOS / HIGHLIFE-JAZZ AND AFRO-SOUL

>こちらと同内容なので、ま、いいかな、と思って、発売時には入荷せず。が、考えてみれば、P-VINE の労作コレクションは既に廃盤、一応入手困難となっているのに気づき、急遽仕入れました。ニッティング・ファクトリー!懐かしいレーベルですが、まだ続いていたんですね(失礼!)からのリリースです。 フェラ最初期録音初複刻3CDセット~ハイライフから出発し、ジャズ/ソウ …

続きを読む>

CHIEF STEPHEN OSITA OSADEBE / ANA MASI IFE UWA

1950年代からのキャリアを持つイボ系ハイライフの代表格、ステファン・オシータ・オサデベ(1936〜2007)の1988年作復刻CDです。ま、この人はどれを聴いてもイイ、あまりハズレの無い人ですが、本盤、まず音がイイですね。加えて、この時期はワウワウギターが聞けるところもイイし、ウネル低音ベースもイイ、変わらず、寄せては返す波のような反復パターンの中、ミュー …

続きを読む>

PAT THOMAS & EBO TAYLOR / SWEETER THAN HONEY CALYPSO “MAHUNO” AND HIGH LIFES CELEBRATION

    ガーナのお二人、パット・トーマス& エボ・テイラーの共作アルバムの復刻です! エレキかつファンキーなギターバンド・ ハイライフ1980年作のストレート・リイシュー! カッコイイですね、  

続きを読む>

PAT THOMAS / COMING HOME

ハイライフ・シンガーとして60〜80年代に活躍したパット・トーマス復刻集〜これは嬉しい!ブロードウェイ・ダンス・バンド時代の1960年代録音から、80年代初めの録音まで、詳しくは>こちら(毎度、無断リンクすみません!) で、パット・トーマスと言えば、忘れもしない今はなきユピテル・レコード、1982年アビジャン出稼ぎ録音アルバム “In Actio …

続きを読む>

KYEKYEKU / HIGHER LIFE ON PALM WINE

再入荷しました! 今現在、当方からリリース予定(来春)の1曲のぞいて全て初復刻パームワインSP時代コレクション2枚組CD(マスタリング by 森田潤さん、ほぼ完成!信じられないくらいイイ音、巷ではダストトゥデジタルを超えたと評判!?)の解説執筆奮闘中の深沢美樹センセーが、パームワイン・ミュージクのことを改めて調べていた時に、ネットで発見したという素晴らしいC …

続きを読む>

V.A. / NIGERIA FREEDOM SOUNDS ! Calypso, Highlife, Apala, Mambo, Juju

★Popular Music and The Birth Of Independent Nigeria 1960-63 これは、なかなかの労作復刻コレクションCD〜SPからVinyl / 7inchに換わった頃、独立に湧くナイジェリアにおいて次々とリリースされたDECCA, POLYDOR ほかのシングル音源を復刻したCDです。ジュジュの新たな息吹、アパラの …

続きを読む>

SIR VICTOR UWAIFO / AFRICA EVERGREEN, 15 Top Hits Old Skool

60年代から活躍するナイジェリアはエド州ベニン・シティのエド人ハイライフ系シンガーにしてギターマスター、ヴィクター・ウワイフォ(1941年生まれ)の15曲ベスト(うち2曲は新録 ’06?)。80〜90年代の録音を中心に、代表曲の再演や未発表と思われる曲なども含む結構レアーなトラックが揃ったCDかと。全体にサンバやレゲエの感覚がうっすらとミックスさ …

続きを読む>

CHIEF STEPHEN OSITA OSADEBE / PEOPLE’S CLUB SPECIAL, 10th Anniversary

再入荷しました!1950年代からのキャリアを持つイボ系ハイライフの代表格、ステファン・オシータ・オサデベ(1936〜2007)の1982年作復刻CDです。ま、この人はどれを聴いてもイイ、あまりハズレの無い人ですが、この完成形ハイライフのシンプルさ、何気なさ、もう、ミニマルと言っても過言ではありません(?)。それでもって、この80年代という時期においても、古き …

続きを読む>

go top