OMAR SOSA & SECKOU KEITA / TRANSPARENT WATER

キューバ出身の人気ピアニスト、オマール・ソーサ最新作。セネガル人でロンドン在住のコラ演奏家、セク・ケイタとの双頭リーダー作品。きっかけとなったのは、2012年での初共演。インプロを基本にした自由な表現とアンサンブルを目指すなかで作品創りが進められた。ヨー・ヨー・マ・シルク・ロード・アンサンブルに参加する中国の笙奏者、ウー・トン、パリ在住の琴奏者、宮崎美枝子、 …

続きを読む>

PERUCHIN / AFRO CUBAN JAZZ

フリオ・グティエレスの『キューバン・ジャム・セッション』を始めとするデスカルガやページョ・エル・アフロカーン、エンリケ・ホリンのバンドへの参加、さらにアルセニオ・ロドリーゲスのバンドにも一時期在籍していた、キューバの歴史的ピアニスト、ペルチーンの激レア、10インチ・アルバム『Peruchín ‎/ His Piano And Rhythm Accompani …

続きを読む>

PERUCHIN Y SUS BIG LEAGUERS / CAN CAN CHA

フリオ・グティエレスの『キューバン・ジャム・セッション』を始めとするデスカルガやページョ・エル・アフロカーン、エンリケ・ホリンのバンドへの参加、さらにアルセニオ・ロドリーゲスのバンドにも一時期在籍していた、キューバの歴史的ピアニスト、ペルチーンの激レア、LP『CAN CAN CHA』(Velvet VE-1100)のストレート・リイシュー(曲順はシャッフル) …

続きを読む>

EMAHOY TSEGUE-MARYAM GUEBROU

すべて、>Ethiopiques 21 に収録されている曲ばかりですが、アナログLPです!ジャケもイイ感じですね、エチオピア女性によるピアノ・ソロ、アナログ化にあたりリマスターがほどこされています。 A1 Mothers Love A2 Ballad Of The Spirits A3 Song Of The Sea A4 Homesickness B1 G …

続きを読む>

ARMANDO OREFICHE AND HIS HAVANA CUBAN BOYS / RUMBA AZUL !

1911年ハバナ生まれのピアニストで、有名なレクオナ・キューバン・ボーイズの実質的リーダーとしても知られるアルマンド・オレフィチェ。ヨーロッパ、U.S.A.などへのキューバ音楽の波及に大きく貢献したオレフィチェが、レクオーナ・キューバン・ボーイズでの成功の後に、再び組んだ楽団がこのハバナ・キューバン・ボーイズです。オレフィチェは、この楽団でも名作と言われるア …

続きを読む>

ARMANDO OREFICHE AND HIS HAVANA CUBAN BOYS / RUMBA BLANCA ! 

1911年ハバナ生まれのピアニストで、有名なレクオナ・キューバン・ボーイズの実質的リーダーとしても知られるアルマンド・オレフィチェ。ヨーロッパ、U.S.A.などへのキューバ音楽の波及に大きく貢献したオレフィチェが、レクオーナ・キューバン・ボーイズでの成功の後に、再び組んだ楽団がこのハバナ・キューバン・ボーイズです。オレフィチェは、この楽団でも名作と言われるア …

続きを読む>

ARMANDO OREFICHE / SU PIANO Y SU RITMO 

1911年ハバナ生まれのピアニストで、有名なレクオナ・キューバン・ボーイズの実質的リーダーとしても知られるアルマンド・オレフィチェ。ヨーロッパ、U.S.A.などへのキューバ音楽の波及に大きく貢献したオレフィチェが、レクオーナ・キューバン・ボーイズでの成功の後に、再び組んだ楽団がこのハバナ・キューバン・ボーイズです。オレフィチェは、この楽団でも名作と言われるア …

続きを読む>

CLARA PEYA / OCEANES 

★クララ・ペーヤ / オセアネス カタルーニャの異色ピアノ・ポップ・アーティストが、“水”と“女性”をテーマに描く、クールな安らぎと瞑目のポップネス。 ●ビーンズ・レコードよりご紹介している前作『ミムルス』(BNSCD-8923)が各方面から好評を得た、カタルーニャの異色ピアニスト、クララ・ペーヤの2017年作。 (その前作は、くるりの岸田 繁さんが、ミュー …

続きを読む>

ROBERTO FONSECA / ABUC

キューバ / ピアニスト、ロベルト・フォンセカが Euro  IMPULSE! からリリースした話題アルバム、才気ばしったルーツ探求やキューバンのヒップホップ的解釈やらはさておき、オールド・スタイル+アルファなマンボ、チャチャチャ、ボレーロを歌入りで聞かせてくれるところ、嬉しいですねえ! Roberto Fonseca (piano, keyboard, v …

続きを読む>

ZE MANOEL / DELIRIO DE UM ROMANCE ABERTO

注目のペルナンブーコ出身ピアノ弾き語りSSW、ゼー・マノエルのいかにもブラジルならではの旋律に満ちた曲群を、なかなかに選りすぐりのゲスト女性歌手たちが代わる代わる歌い綴るアルバムです!中でもナー・オゼッチ、アメリーニャ、イイですねえ、こういう静かな曲をピアノ伴奏で歌うと。ヴェテラン、エルバ・ラマーリョもさすが北東部の人だけに、ゼー・マノエル・ナンバーにうまく …

続きを読む>

BAPTISTE TROTIGNON, MININO GARAY / CHIMICHURRI

BAPTISTE TROTIGNON (PIANO) & MININO GARAY  (PERCUSSION) レナード・バーンスタインからカルロス・ガルデル、セロニアス・モンクからポール・マッカートニーまで、ま、その選曲のこだわり?もしくは、そのこだわりの無さ?ま、なんかイイ加減な感じも漂ってますが、その辺の微妙な匙加減が伝わる演奏、でも、自由です …

続きを読む>

LUIS VARONA / COLECCION VOL.II

1924年サンティアゴ・デ・クーバ生まれ、ニューヨークに渡りマチートやティト・プエンテ楽団などで活躍したピアニストのルイス・バローナ。50年代半ば以降はマイアミに渡って自身の楽団を率いた彼の録音のリイシューです。ソン・モントゥーノの2曲目やプエンテのヒット曲「オジェ・コモ・バ」を思わせる3曲目、ザ・ヤング・ラスカルズが60年代半ばにヒットさせた5曲目「グッド …

続きを読む>

JOO KRAUS, OMAR SOSA, GUSTAVO OVALLES  / JOG

★オマール・ソーサ、ジョー・クラウス、グスターボ・オバージェス『JOG』 来日記念盤〜ヨーロッパ・ジャズの実力派トランペット奏者、ジョー・クラウス、人気アルバム『アヤグナ』で共演したベネズエラ人のラテン打楽器奏者、グスターボ・オバージェス、実力派3名による合同リーダー作品。ドイツ・ベルリンにおけるRADIO BREMENで放送されたスタジオ・ライヴ演奏。メロ …

続きを読む>

ZE MIGUEL WISNIK / SAO PAULO RIO

カエターノ・ヴェローゾやトン・ゼーと共作されたコンテンポラリー・ダンスのグルーポ・コルポへの劇伴作品を二つ挟んで’00年に発表された「Sao Paulo Rio」では、カリオカのマルコス・スザーノ(per)やカルロス・マルタ(flute)にジャキス・モレレンバウン(cello)、エルザ・ソアレスの歌う”Comida e bebida& …

続きを読む>

ZE MIGUEL WISNIK / PEROLAS AOS POUCOS

深遠なるピアノの調べから物静かに詩情を語りかける”Perolas Aos Poucos”、”Tempo Sem Tempo”、ルイス・ブラジル(g)とナー・オゼッチ(vo)がゲスト参加した”Primavera”といった冒頭からのメランコリーな名曲群から、故ホドリゴ・ホドリゲスが哀愁のハ …

続きを読む>

go top