ADAM STRUG / LEŚNY BOŻEK

アダム・ストラグ、1970年生まれ、ポーランドのSSWにして各種器楽奏者、加えて舞台及び映画音楽作家にして詩人、脚本家、民俗音楽研究者でもあるということで、ずいぶんとマルチな才能の持ち主。ポーランド民謡をレパートリーとする “Monodia Polska” というコーラス・グループの発起人だったものの、メンバーとしての活動に区切りをつ …

続きを読む>

DAGADANA / MERIDIAN 68

★ダガダナ/メリディアン 68 ポーランド/ウクライナの音楽文化をベースにしたワンダフルな中東欧ミクスチャー・ポップス! 中欧の国ポーランド出身のダガと、東欧の国ウクライナ出身のダナを中心に2007年ごろに結成。隣国であり同じスラヴ文化圏である両国のフォーク・ミュージックを基盤に、ポップス、ジャズ、エレクトロニックなどの要素を加えたミクスチャー・サウンドを聴 …

続きを読む>

KAPELA MALISZÓW / WIEJSKI DŻEZ

ポーランド南部タトラ山地の村々に埋もれた民謡を掘り起こし、自由な解釈と即興を交え演じるポーランドの親子3人トリオ2作目とのこと。おもしろいですねえ(フツー絶対親父となんかバンドやんないでしょ)!ポーランドの古くからの伝統リズム、マズレク(仏マズルカの元と言われるも、マズルカと似て非なる)の引っかかりのあるビートに乗せ、息子、ヴァイオリンの即興も交えた素晴らし …

続きを読む>

CACI VORBA / SATRIKA

ジプシー音楽シーンの今を担う若手実力派楽団が久々の新譜リリース! 2010年に『ジプシー、バルカン&カルパティアン』(ライス)で鮮烈に登場したポーランド出身のジプシー音楽/フォーク・ミュージック楽団、チャチー・ヴォルバがこれまで以上にスケールが大きくなって帰ってきた。メンバー・チェンジを経て4年の歳月を費やし制作されたこの三作目では、ルーマニアの伝承歌から、 …

続きを読む>

MOTION TRIO / PLAY-STATION

アコーディオンの限界に挑んだ人力テクノ・サウンド! ポーランドの腕利きアコーディオン奏者3人によって結成されたモーション・トリオは、いわばアコーディオニストのスーパー・グループとして20年もの間活躍を続けてきた。そんな彼らのモットウは、常に新しいことに挑戦することで、本作はその事をもっとも象徴する内容だ。ここではコンピュータ・ゲーム・ミュージックをモティーフ …

続きを読む>

TSAZIKEN / KESCHKESCHE

様々な出身地の女性たちが世界中の歌を愉快に楽しくポリフォニー・コーラス化! ドイツ、ロシア、ポーランド、スロベニア…。多様なルーツを持つ8人の女性によって結成されたツァチケン。世界中の伝承歌を騒々しく、楽しくアレンジして聴かせるポリフォニー・コーラス・グループの初作をサンビーニャ・インポートでご紹介致します。 ツァチケンは8人の女性によって2005年にドイツ …

続きを読む>

BRAVE OLD WORLD / DUS GEZANG FIN GETO LODZH

クレズマー音楽の雄、ブレイヴ・オールド・ワールドが、第二次世界大戦中ポーランドのゲットーLotz(ウッチ)でユダヤ人によって歌われていた曲を演奏した1枚。CDにはイディッシュ語の歌詞と英語訳が掲載されています。(インポーター資料から) Alan Bern (musical director, acd, p) Michael Alpert (vo, fiddl …

続きを読む>

KAYAH / TRANSORIENTAL ORCHESTRA

ポーランドを代表する女性歌手/SSWで、1999年のゴラン・ブレゴヴィッチとの共作アルバム>「Kayah i Bregovic」でも知られるカヤの2013年末の最近作が初入荷しました!(現地で舞台音楽家として活躍される Ayane Yamanaka さんに〜ダウンロード主流のポーランド音楽市場を経巡り、入手困難な本2CDを買い付けいただきましたこと深く感謝! …

続きを読む>

CHLOPCY KONTRA BASIA / OJ TAK!

★ホープツ・コントラ・バーシャ/バーシャに反対! 限りなく大平原が広がり、東西ヨーロッパの文化が交錯し、ショパンが生まれたポーランド。そんな同国からとびきりキュートでグルーヴィーなグループが登場した。フロントに立ちクラリネットも演奏するバーシャと、ダブル・ベースとドラムスをそれぞれ演奏するミュージシャンの3人組。小気味よいスウィングからドラムンベースを通過し …

続きを読む>

JANUSZ PRUSINOWSKI TRIO / KNEE-DEEP IN HEAVEN

ポーランドの香気ただようグループ、チャチー・ヴォルバを紹介してくれた独オリエンテが、また新たに素晴しいグループを見出してくれた。ヤヌシュ・プルシノヴスキーはマルチ楽器演奏者であり歌手でもあるが、ポーランドのフォーク・リヴァイヴァル運動に初期から関わってきた人物。そんな彼が率いるこの「トリオ」は、実は5人組で、同国の民俗舞踏音楽であるマズルカを中心に即興演奏や …

続きを読む>

ASHIA & THE BISON ROUGE / DIESEL & LUNGS

ポーランド第4の都市ヴロツワフで生まれ、現在はアメリカ・オレゴン州ポートランドを拠点に活動を行っているアーシャ・グルゼシックは、チェロの弾き語りを聞かせるシンガー・ソングライター。これまでにシルク・ドゥ・ソレイユの公演にフィーチャーされたほか、数々のグループでの活動や舞台音楽などに携わってきた彼女が立ち上げたソロ・プロジェクト第一作がこちら。ここではポーラン …

続きを読む>

KAYAH E BREGOVIC

再入荷です。1999年作~バルカンの奇才ゴラン・ブレコヴィッチがポーランドの女性歌手カヤとコラボレイトした=異色トラッド・ポップ・アルバム!夢幻的かつ、エスニカルな細部に満ちた力作ヴォーカル・アルバムとなっています。

続きを読む>

V.A. / POLSKA ROOTZ

ソビエト連邦の影響下にあった70年代終わりにはレゲエやダブといった西側の音楽が流入するなど、ポーランドでは早くから欧米の影響を受けたポピュラー音楽シーンが構築されていた。そんなポーランドの現在の若い世代の音楽を紹介する編集盤が本作。もともとマズルカやポロネーズといった伝統舞踏音楽の発祥地として知られるポーランドだけに、欧米の音楽との融合を目指したミクスチャー …

続きを読む>

WARSAW VILLAGE BAND / NORD

東欧の国ポーランドが誇るワルシャワ・ヴィレッジ・バンド(WVB)。グラミー賞にノミネイトされるなど、世界中で注目を集めてきた。4年ぶりに発表してくれた最新作は「北」を意味するタイトル通り、ポーランドの北にある北欧諸国の音楽がテーマ。スウェーデンの革新派トラッドバンド、ヘドニンガルナを全面的にフィーチャーし、スカンジナビアの民謡、サーメ、イヌイットの伝承曲など …

続きを読む>

go top