TULIA (DELUXE EDITION)

>こちら、デペッシュ・モードの、往年のニューウェイヴ・ヒットをポーリッシュな民謡系ユニゾン合唱で歌って現地ポーランドで大ヒット(18年、プラチナ・ディスク)、初版に並行して18年末にリリースされた2CDデラックス・エディションが本2CD。加えて、19年にはユーロヴィジョンに出演し欧州でも人気急上昇、現在は、こちら、収録曲増量盤(英語でヴァージョンも収録)が主 …

続きを読む>

JANUSZ PRUSINOWSKI TRIO ‎/ SERCE

中欧の深奥、ポーランドの村々に伝わるトラッドを現代に蘇らせる4人組、ヤヌシュ・プルシノフスキ・トリオ〜トリオからコンパニャに編成が変わり、国内外で(来日もしています)話題となた>こちらの新作から遡ること9年前の作ですね(セカンド・アルバムでした)。変わらず、素晴らしかったんですねえ! 1 Serce 2 Wiwat Halina! 3 Oberek Stef …

続きを読む>

CHŁOPCY KONTRA BASIA ‎/ OJ TAK !

“ホープツ・コントラ・バーシャ” こちら以前、英国盤CDもリリースされていたと思いますが、その後、どーなってしまったんでしょうか?フロントに立ちクラリネットも演奏するバーシャと、ダブル・ベースとドラムスをそれぞれ演奏するミュージシャンの3人組です。小気味よいスウィングからドラムンベースを通過したようなグルーヴまで聞かせる3ピース・バンド、女声バーシャの早口な …

続きを読む>

MACIEJ MALEŃCZUK Z ZESPOŁEM PSYCHODANCING ‎/ PSYCHOCOUNTRY

マチー・マレンチュク&そのグループ、サイコダンシングによる2012年作『サイコカントリー』〜曲名は英語ですが、ちゃんとポーリッシュ・カントリー・ソングですよ!コレを日本で聞くことは、マニアックにもホドがある、ということになるんでしょうか?が、カントリーソングにお似合いのスラヴィックな低音ヴォイス、なかなかイカシテますよ。 1 Od Jodłowej Idzi …

続きを読む>

JUSTYNA JARY & POMPADUR ‎/ KRWAWE BALLADY, Piosenki Miejskich Podwórek

そのタイトル、“血に塗られたバラッド、裏町の唄”…とでも訳せるんでしょうか?ジャスティナ・ジャリィ&ポムパドール、と読んでいいんでしょうか?アコーディオン&金管、ダブルベースに、バーレスクっぽい雰囲気漂う女性ヴォーカルが印象に残ります。これもまた、ポーランド…。 1 Ballada Więzienna 2 Antek Psianoga 3 Apa …

続きを読む>

NARCOTANGO ‎ / LIMANUEVA

ポルカとタンゴ、アコーディオン繋がり ということでしょうか? 中欧ヌエバ・タンゴ・ユニット、 ナルコタンゴ2011年作、 初入荷です。 1 Mistela 2 Supongamos 3 Incluso 4 Lado C 5 Como Si 6 Limanueva 7 Cartas 8 Ronda 9 Vuelta A Casa 10 Datos De Vue …

続きを読む>

STRUG, SOYKA ‎/ LESMIAN

70年代末から活躍するヴェテラン、ジャズ系ピアニストにして歌い手、スタニスワフ・ソイカと、>こちらでおなじみのSSWにしてアコーディオン奏者、アダム・ストラグによるデュエット・アルバム2014年作初入荷です。主にソイカのピアノで、ストラグが淡々と歌うアルバムです。 1 Z Dziennika I 2:38 2 Klęska 3:25 3 Mrok Na Sc …

続きを読む>

ANIA BRODA / THOUSAND LAKES

アニア・ボルダ(1973−)ポーランド北部、オルシュテイン出身のシンバル、ピアノ、フープドラム、ペンタトニックベル、カリンバ、ハープ、シンバル、ピアノ、フープドラム、ペンタトニックベル、カリンバ、ハープ、ハンマー・ダルシマー奏者にして歌い手、4作目、ポーランド各地の民謡に取材しながら作りあげたアルバム『千の湖』。 1 Biwat – Stawig …

続きを読む>

TĘGIE CHŁOPY ‎/ WESELE!

テギー・チョロパイ、って、読むようです。ポーランドの自主制作盤ですね、アコーディオン、クラリネット&サックス、ドラム(バラバン)にフィドル4名、うち一人は男性ヴォーカルで、加えてテナー・ホルン、トランペットとチューバ(女声も)という10人組で、ポーリッシュ・ポルカ&マズルカを演じています。哀愁と野趣と奇想?なかなか面白い中年10人組です。素晴らしい!と、言う …

続きを読む>

CZESŁAW ŚPIEWA ‎/ KSIĘGA EMIGRANTÓW TOM I

チェスワフ・モジル 〜ポーランドのデンマーク語SSW〜1979年生まれ、5歳でデンマークへ移り、28歳でポーランドへ戻り、08年にアコーディオン奏者SSWとしてCDデビュー〜本作は3作目。キャバレー・ミュージックというかパンクというかフォークロアというか、その音楽性は彼の地でも唯一無二?たぶん… 1 Milion Na Rok 2 Nienawi …

続きを読む>

DEBASHISH BHATTACHARYA, WOJTEK TRACZYK, HUBERT ZEMLER / JOY​!​GURU

一切、音楽の話も、これから録音する作品の話も何も交わさず、2018年のある晩、ポーランドはワルシャワのスタジオへ入り、さあ、行ってみようか〜!という感じで、まさに一発録り、終夜のセッションを繰り広げた3者のミュージシャンによる即興インタープレイ・アルバムだそう。プロデューサーは、本作リリースの UNZIPPED FLY レコーズ 並びに、自身の音楽アカデミー …

続きを読む>

2TM2,3 / ŹRÓDŁO

ポーランド、フォーク・メタル・バンド 2015年作! アコーディオン、チェロ、 ダブルベース入りのヘヴィー・メタル!?? 変態ですな…、 1 Haraqia 5:43 2 Nikt Nie Może Służyć Dwom Panom 3:53 3 Eli Eli Lamma Sabahtani 4:07 4 Duszu Swoju 2:57 5 …

続きを読む>

JANUSZ PRUSINOWSKI KOMPANIA / IN THE FOOTSTEPS

☆ヤヌシュ・プルシノフスキ・コンパニャ「フットステップス」 これがポーランドのソウル・ミュージック! ワルシャワを席巻する農村マズルカ・リバイバルを牽引するヤヌシュ・プルシノフスキ最新作! 一見何も規則性が感じられない野性的で自由な音楽。これがショパンを始めとする多くのクラシックの作曲家に影響を与え、広く北欧(ヴェーセンなどが演奏している「ポルスカ」とは「ポ …

続きを読む>

V.A. / 1929-1939 POLSKIE TANGO, OLD WORLD TANGOS VOL.3

☆V.A./世界のタンゴ 第3集~ポーランド篇 知られざる戦前ポーランドの歌謡タンゴの世界が明かされる! 19世紀にアルゼンチンで生まれたタンゴは前世紀初頭には欧州に伝わり、ダンス音楽としてのみならず、独自の歌うためのタンゴとしても各国で発展をみせた。中欧の国ポーランドでも例外ではなかったが、18世紀後半から周辺諸国に分割された同国は2つの世界大戦の間に急速 …

続きを読む>

go top