YIANNIS DIONYSIOU / PROTI VOLTA, Protos Prosopikos Diskos

いやあ、全然売れてません!が、個人的にはヘヴィー・ローテーションです。特に、イウリア・カラパタキ嬢とのデュエットなんて、たまらん!ということになりますね。ヤニス・ディオニシウ、これがデビュー作だそうです。現地ギリシャでは、この世代では久々の大物男性歌手の登場か?と騒がれているようですが、1990年キプロスはリソマールの生まれということですから、今年32歳(と …

続きを読む>

ELEONORA ZOUGANELI, STAMATIS KRAOUNAKIS / TI NA LEME TORA

スタマティス・クラウナキス(1955-)、40枚以上のアルバムと、50回以上の劇場演劇のために曲作りをして来た人気作曲家ですね、当店既入荷品でも、ディミトラ・パピウやエリー・パスパラ、ディミトラ・ガラー二ほか、玄人好みの実力派女歌手に曲を提供し、プロデュースも兼ねて来ました。今回、そんなクラウナキスのお眼鏡にかなったのが、ヤニス・ズガネリ(人気俳優にして歌手 …

続きを読む>

MANOS HATZIDAKIS, ARLETA ‎/ 12+1 TRAGOUDIA TOU MANOU HATZIDAKIS

Arleta’s 4th Album, Originally released in 1969 on LP by Lyra   1 Τριαντάφυλλο στο στήθος 2 Η Κρασογιώργαινα 3 Το Φεγγαράκι 4 Μια φορά κι έναν καιρό 5 Τώρα που πας στην ξενητ …

続きを読む>

THEODORAKIS – ANAGNOSTAKI, SPETROS PANDIS, MARGARITA ZORBALA / BALADES

Originally released in 1975 on LP by Minos 1940年代の内戦時代から2次大戦後、ギリシャのマルクス主義、及び実存主義の潮流の中から登場し長らく活躍した詩人にして批評家(その詩は多くの作曲家&歌手に取り上げれています)、英語圏で最も知られていない文学者という反語的名声を博しているマノリス・アナグノタキス(1925-2 …

続きを読む>

MARGARITA ZORBALA, Diefthynei O Loukianos Kilaidonis / PAME SAN ALLOTE

個人的には、胸キュン・ジャケのベスト10には入るCDなんですが…。マルガリータ・ゾルバラ、1957年に旧ソ連タシケント生まれの女性ですね。両親はギリシャの政治的難民で、家族はモスクワに落ち着き、そこでギリシャ語とギリシャの文化歴史を両親から教わりながら育った彼女は、10代になっていた頃には、当時、モスクワを定期的に訪れ、ギリシャ・クラブでコンサー …

続きを読む>

NIKOS MAMANGAKIS, LIZETA KALIMERI ‎/ AIFNIDIASMOS …Eimai Treli Na S’Agapo

ニコス・ママンガキス(1929-2013)クレタ島レティムノ生まれの作曲家、ピアニスト、ドイツで西洋古典を学びましたが、ギリシャのリズム、メロディー、伝統楽器に即した曲を書くことも多くありました。映画音楽や舞台音楽の世界から、クラシック、実験音楽の分野でも作品も残しています。60年代後半以来、リーダー作として、その名が冠されたコンポーザーズ・アルバムだけでも …

続きを読む>

EVA LOUKATOU / ETSI THA GINEI

これがデビューと思われるアテネ在の若手作詞作曲家、エヴァ・ルカトゥのコンポーザーズ・アルバム(歌もうたう人のようですが、この初作では1曲だけ、ラスト・ナンバーを歌っている模様)!作曲編曲にプロデュースも自らつとめています。フリスト・ゴリア4曲、ソフィア・パパゾグル3曲、アポストロス・リゾス1曲と、歌い手達を招いての作となりました。 1 Hristina Go …

続きを読む>

MIHALIS HANIOTIS, VAGGELIS KAPRLALOS / TAKSIDIOTES TIS SIOPIS

ミハリス・ハニオティスというと、リゼッタ・カリメリのアルバム1997年作と、2007年作の作曲編曲をつとめていたことで、記憶にある方もいらっしゃるかも知れません…。ギリシャ北部、西マケドニアの中心都市、コザニ在住のヴェテラン作曲家のハニオティスと、同じくコザニ在の作詞家、ヴァンゲリス・カプラロスによる作となります。ハニオティスとしては、2014年 …

続きを読む>

MANOS ELEFTHERIOU, GIORGOS ANDREOU, GEORGE DALARAS / O NOITOS LYKOS

ジャケ写の石膏首と書物に手のひらを置く年長男性が、マノス・エレフセリウ(1938-2018)、詩人にして小説家、そして作詞家(400曲以上)ということで、本作は2018年に亡くなってしまったエレフセリウの追悼アルバムなんですね。作曲編曲&オーケストレーションは、音響心理学、音響工学、メディア制作を学ん作曲家にして、スタジオ・ディレクター、サウンド・エンジニア …

続きを読む>

ANASTASIA DELIDIMOU, ANDREAS KARAKOTAS ‎/ TOU HEONOU O GITEFTIS

テッサロニキ出身の女性作詞作曲家、アナスタシア・デリディムのデビュー作、タイトルは『時間の魅惑』、本人も歌いますが、多くの曲を歌ってる男性歌手、アンドレアス・カラコタスがイイですねえ(90年代初めにデビュー、多くのコンポーザーズ・アルバムで歌っていますが、リーダー・アルバムは04年作のみで、本作は彼のセカンドと言ってもイイ作かと)。編曲は、やはりテッサロニキ …

続きを読む>

STAMOS SEMSIS, MICHALIS BOURBOULIS & GEORGE DALARAS / STIN ELLADA KANEI KRYO

スタモス・セムシス作曲、ミハリス・ブルブリス作詞、そして、スタモスとヨルゴス・ダラーラスが代わる代わる、あるいはいっしょに歌った作です。インストも含みます。そして、実にイイ感じの犬ジャケ、ですね。   1 Νυχτερινό-Κάστρο Ιθάκης 2 Στην Ελλάδα Κάνει Κρύο 3 Μ’ Έξη Τόννους Φορτη …

続きを読む>

STAVROS KOUGIOUMTZIS / EVRECHE O KOSMOS

作曲家、スタヴロス・クヨムジス(1932-2005)の作品集〜2000年作、多くの曲で自ら作詞もつとめています。その妹であるマリア・クヨムジスが6曲を歌っているほか、ダラーラスが3曲、ヨルギス・フリストゥドゥルが2曲を歌ったアルバムです。地味ながら、シミジミとギリシャ、いいアルバムですねえ。   1 MARÍA KOUGIOUMTZÍ / Πως …

続きを読む>

PANTELIS KYRAMARGIOS / ANO THROSKO

パデリス・キラマリオス、2016年ソロCDデビューの自作自演歌手でありながら、歴史家で詩人で文学者でもあるというマルチな男(2014年に最初の著作もあるそうです)、新作です。 この2021年の新作(4作目)、>前々作も BOOK 仕様でしたが、曲ごとに見開きのイラストレイター&フォトグラファー共作となるイメージが展開されるBOOK仕様になっていて、視覚と聴覚 …

続きを読む>

go top