SANSEVERINO & TANGOMOTAN

マヌーシュ・スィングでロックする、 フランスの伊達男(国民的スター!)にして、 下ネタ好きのただのオッサン(?)、 サンセヴェリーノ (1961-) がタンゴに乗り出しました! 迎え撃つはアルゼンチン・タンゴの 革新クァルテット、タンゴモタン! 想えばサンセヴェリーノ、 ファースト・アルバムのタイトルは “Le Tango Des Gens” でした&#82 …

続きを読む>

V.A. / RACE RECORDS, Black Rock Music Forbidden On US Radio 1942-1955

ロックンロールの革命は1940 年代のラジオで始まっていた。ドック・レゲエことブルーノ・ブルムによるブラック・ロック聡明期・読み直しのための3CD〜いわゆる北米インディーズのハシリ、RACE RECORDS 各社の音源を使用してのコレクションとなります! CD 1 – THE BIRTH OF ROCK AND ROLL 1942-1950 : …

続きを読む>

LITTLE RICHARD / 1951-1962

”ドック・レゲエ”ブルーノ・ブルム選曲監修のリトル・リチャード集 3CD。28 ページブックレット英仏語付き! 祖父は厳格なクリスチャンにして牧師、父は密造酒販売業、自身はゲイで家から追い出され、ローティーンでメディスンショーに加わり、旅芸人に。その後、歌の才を認められ15歳でレコーディングのチャンスを得るも鳴かず飛ばず、ハイティーンの頃は女装して怪しげな店 …

続きを読む>

V.A. / ROCK AROUND THE WORLD

★ロック・アラウンド・ザ・ワールド 故・中村とうようのレーベル:オーディブックの諸作品が 限定復活!アメリカから世界へ ロックはどう広まり それぞれの国の文化に吸収され消化されたか 〜 50年代にアメリカで火の手を上げたロックンロールはあっという間に世界中に燃え広がり、20世紀後半の世界の若者の音楽を支配しました。それは広く知られていることでありながらも、ロ …

続きを読む>

V.A. / ANTHOLOGIE DU ROCK FIFTIES EN FRANCAIS 1956-1960

フランソワ・ジューファ監修の50 年代フランス語ロック集(当然カバーも含む)。マガリ・ノエル、アンリ・サルヴァドール、リシャール・アントニーなど。CD3が北米ケベックの同時期の仏語ロック集で珍しいものばかり。北米ですからずっと「本場」なんですね。3CD。24 ページブックレット(英仏語)。〜サプライヤーインフォより CD 1 – JACQUES …

続きを読む>

EDDIE COCHRAN / THE INDISPENSABLE EDDIE COCHERAN 1955 -1960

“ドック・レゲエ”ことブルーノ・ブルム監修のエディー・コクラン精選集2CD。32 ページブックレット! Disc 1 1. MR. FIDDLE 2. TWO BLUE SINGIN’ STARS 3. PINK-PEG SLACKS 4. YESTERDAY’S HEARTBREAK 5. MY LOVE TO REMEMBER 6 …

続きを読む>

V.A. / ROCK INSTRUMENTAL STORY

ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修のロックインストの歴史3CD。28 ページブックレット(英仏語)〜とはいえ、最初の曲がハワイのソル・ホーピーですから、いつもの癖者ぶり、大胆解釈ぶり発揮のコレクションになっていることは言わずもがな!それでもって王道、R&Bインストからカントリー系ギター、ジャイヴ、ロックンロール、BOビート、ヴェンチャーズ、ブルースやアー …

続きを読む>

HENRI SALVADOR / INTEGRALE VOL.4 , 1956-1958

アンリ・サルヴァドール全録音集の第4巻。サン・ジェルマン・デ・プレ期(ボリズ・ヴィアンと組んでいた頃)の録音で、ジャズ、ブルース、ロックンロール,英語録音…。28 ページブックレット。 CD 1 : MAURICE BIRAUD & HENRI SALVADOR – PUBLICITÉ «PAX» (CA. 1956-57) …

続きを読む>

CHUCK BERRY / THE INDISPENSABLE CHUCK BERRY 1954-1962

こちらも当然ブルーノ・ブルムの監修です!! チャック・ベリー選集3CD / 24ページブックレット付(仏英語) 〜知ってるつもりのチャック・ベリーでしょうが、意外とコレが発見多し! CD1 : MAYBELLENE • WEE WEE HOURS • THIRTY DAYS • TOGETHER WE WILL ALWAYS BE • YOU …

続きを読む>

go top