RAB & SAHARA / SAATHI (ALL TOGETHER), TSUNAMI DISASTER APPEAL

30万人以上の死者行方不明者を出したスマトラ島沖地震、そのチャリティーのためにUKバングラ、ドールン・ベースの雄リズム・ドール・ベースが盟友サハラと組んだ2曲入りシングルを発表しました。まあ通常のバングラで、どこがチャリティ仕様なのかわかりませんが、意義ある動きです。

続きを読む>

V.A. / STAND UP, PEOPLE – Gypsy Pop Songs From Tito’s Yugoslavia 1964-1980

コレは面白い!イロイロあって、それぞれ独立国として分裂してしまったユーゴスラヴィア、ですが、チトー政権下で人種宗教を超えた共産イデオロギーのもと、それなりに統一感のある国だったわけですね、以前は。で、そんな時代、ジプシーたちは公式にマイノリティとして認められていて、その音楽も奨励されたそうです。本作ではそんな時代のマケドニアやセルビア、コソヴォ、モンテネグロ …

続きを読む>

V.A. / GYNAIKES STIN PARADOSI

まさにツボですね。ギリシャ音楽・女性歌手ファンに是非オススメしたいCDです。今となっては、個々に聴くことは、なかなか難しいと思われる~ギリシャの名門トラッド系レーベル“リラ”の音源を使用した~80年代/90年代前半録音の全16曲入り(英語解説有り)のオムニバスCD!タイトル通り、非ライカ/非ポップ系のトラッド・ソング=ディモーティカ&を中心に、エーゲ海・小ア …

続きを読む>

RODION G.A. / THE LOST TAPES

Rodian G.A.は Rodion Ladislau Rosca をリーダーとしてルーマニアで結成されたそうです。チャウシェスク政権下、弾圧にさらされながら1978-84年にかけて活発な録音をするも、多くの作品は日の目を見ることがなかったそうです。本盤は、そんなお蔵入りTAPEもふんだんに使いながら、知られざる東欧エレクトロニカの先駆グループの初のレアー …

続きを読む>

V.A. / FIVE DAYS MARRIED & OTHER LAMENTS

〜Songs and Dance From Nothern Greece, 1928 -1958 >こちらで紹介されているアイテムです!(無断リンク申し訳ございません!) にしても、凄いクラリネット!西アジア音楽とバルカン〜ジプシー音楽の間に位置するようなギリシャ山岳地帯の野趣溢れる演奏に、レベーティカ風味とバルカン風味とジプシー風味が交わったような、コレま …

続きを読む>

MATILDE POLITI E CAMPAGNIA BELLA / VACANTI SUGNU CHINA, Sicilian Folk Songs

パレルモ生まれの女性歌手マチルデ・ポリーティは1992年より舞台活動を始め歌うようになったとのこと。しだいに故郷、シチリアの音楽を再確認、あらためて魅了されるようになり、フィールドワークを繰り返し、海外含む多くのフォーク・フェスティヴァルに参加、自らのシチリア音楽のかたちを獲得し、このアルバムにたどり着いたそうです。 ▶試聴可!? *Matilde Poli …

続きを読む>

GEORGIA RUTH / WEEK OF PINES

ウェスト・ウェールズ生まれ、子供時代から弾いたハープのピッキングは、バート・ヤンシュのスリーフィンガーの影響を受けたそう…。リバプールの港で、ウェールズの船乗り達が歌い伝えた曲や、ジョーン・バエズがハリー・スミス経由で歌ったアパラチアン・トラッドを交えながらも、自作自演曲をつづるSSWジョージア・ルースの、メランコリーかつちょっとストレンジでキュ …

続きを読む>

KILA & OKI / S/T

アイルランドの無秩序轟音バンド、キーラがアイヌのOKIを招いて作った新アルバム、OKIのトンコリを活かすため、メンバーは極力演奏を止め、トンコリとバウロンなど最小限の音でキーラならではのケルト原人メロディーが浮かび上がる。世界先住民族ポップス。キーラはうるさ過ぎて苦手という人こそ聴くべき、つーかこれじゃOKIのアルバムだけどね。影響を受けやすい人達なんでしょ …

続きを読む>

SAM LEE / GROUND OF IT’S OWN

今年2013年6月に来日し話題を呼びました。既に国内盤も出ていますが、近年を代表するトラッド・フォーク名作ですので、再入荷ということで、よろしく、どうぞ。青年時代にはトラベラーズ(英国、アイルランドのジプシーとも呼ばれる漂白の民)とともに寝起きし、その古くからの伝承歌、バラッドを学んだユダヤ系英国人男性歌手サム・リーの2012年デビュー作です。フィドルやオー …

続きを読む>

THEODOSIA STIGGA / MOIAZEIS, You Remind Me

>☆ セオドシア・スティンガ、ギリシャ北東部、トルコ語話者が未だに住まうというコモティニ生まれの女性歌手、1975年以来歌っているというヴェテランです。多くの作曲家アルバムやライカ / ディモーティカ系企画アルバムで歌って来ましたが、ソロ・アルバムは90年代後半から3枚のみ、本作は2011年の今のところ最近作となっています。が、現在でも、アテネを中心に毎晩の …

続きを読む>

ROSS DALY / MUSIC OF CRETE

ロス・ダリー、変わった人です。英国ノーフォーク生まれ(1952-)、若き日に世界中を旅し、ことに中東、中央アジアを経てたどりついたのがクレタ島、それまでにも旅の中で250の楽器を蒐めたそうですが、クレタの擦弦楽器、リラに魅せられ、1980年代の初めからこの方、ずっとクレタに住まわっているそう。 ビザンティン帝国時代の古いリラを再現し、ひたすら弾きまくって生き …

続きを読む>

GIORGOS MAGLARAS / AMMOS

ギリシャ、ヴァイオリニスト、ヨルゴス・マラーマスによるトラッド・インストルメンタル・アルバムですが、トラッドそのままでなく、一味違うアーティスティックなアレンジが施されました。素晴らし! 1 Ammos 4:05 2 Pentozali 4:54 3 Agapi Mou 4:47 4 Silivrianos 4:18 5 Ampeli 4:35 6 Loul …

続きを読む>

go top