LES PEPITAS

フランス発~女の子だけのブラス・バンド!しかもセカンドライン・ファンク!&アフロ・ビート!&スカ=ブルー・ビート!いなせです。オール・インスト~ブラス&パーカッションだけで、がんばってます。

続きを読む>

LUNASA / RED WOOD

アイリッシュ・トラッド~人気NO.1アコースティック・ユニット=4作目。来日記念盤でもあります。パイプ、ギター、フルート、フィドル、ベースと、おのおの一流のソロイストぶりを発揮した充実作です。

続きを読む>

DANIELE SEPE / SENZA FILTRO

『限界労働』によって、日本でも知る人ぞ知るイタリアの鬼才ダニエレ・セペ。そのニュー・リリースです。といっても、過去のアルバムからのセレクションに未発表曲6曲を加えた変則ベスト的内容。もちろんジャズ、オペラ、民謡古謡、中世音楽、ラテン、バルカン、スカなどなど、ナポリ~地中海の伝統を軸に様々な音楽が飛び出す玉手箱的・大道芸的セペの楽しさ、ストレンジさ満載のアルバ …

続きを読む>

CARLOS NUNEZ / UN GALICIEN EN BRETAGNE

ガリシアン・ケルトNO.1ガイタ奏者と目されるカルロス・ヌネス03年作は=ブルターニュ系ミュージシャン達との共演!ギタリスト/ダン・ア・ブラース、ハーパーにして歌い手/アラン・ステーヴェルほか、ブルトン系代表格達と、ケルトの絆で結ばれたコラボレイトを展開!

続きを読む>

V.A. / LE SENTIER DE HALLES ,20ANS

アルチュール・アッシュ,マチュー・ボーゲルツ,リオ,グナワ・ディフュージョン,マリー・フランスほかほか、パリのど真ん中にある小さなライヴ・ハウス20周年記念=”ル・サンチェ・デ・アール”から巣立ったアーティスト達が、ここに集結!シャンソン、ミュゼット、ジャズ、ブラスバンド、アフロ、ファンクなどなど、ジャンルを越えた共通項が見えてくる?30曲30アーティストの …

続きを読む>

KRISTI STASSINOPOULOU / THE SECRETS OF THE ROCKS

ギリシャ=トラッド系ポップ女性シンガーソングライターにして、ファンタジー作家でもある才女=クリスティー・スターシノープル新作が、US&UK盤でもリリースされました!最近、なかなか入荷が難しいギリシャ盤、イライラさせられますが、さすが、クリスティーくらいの個性派になると、US盤も出るわけですね。ややエレクトロな音感をまぶしつつ、変わらぬ透明感あるヴォー …

続きを読む>

BILL JONES / TWO YEAR WINTER

イングランド北部出身~当時未だ20代ながら、鮮やかな個性を確立している女性シンガーソングライター/サード・アルバムです。ケイト・ブッシュやキャロル・キングを敬愛しつつ、ブリティッシュ・トラッドに自らの才を注ぎ、バラッド中心、ゲール語無伴奏歌や、ピアノ、アコーディオンの弾き語りもこなすこの作、充実してますね。

続きを読む>

DANIELE SEPE / ANIME CANDIDE, WAR AND LOVE SONGS

久々の再入荷!イタリアの異才ダニエル・セーペ2003年作です!ナポリから地中海~バルカン~ラテン・アメリカまで視野に入った、これもまた、不思議な野心作!女性歌手アウリ・コッコを前面に、ファンキーなミクスチュアーを繰り広げます。ツィンバロム、カヴァル、ケマンチェなどなど各種民俗楽器に、地味なプログラミング~「戦争と愛の歌」というタイトルからも察せられるメッセー …

続きを読む>

CORNELIS VREESWIJK / PA MOSEBAKE & ANITA STRANDELL, OM DEIRDR

スウェーデンのフォーク系シンガーソングライター=コーネリスの1979年作/ギター弾き語りスタジオ・ライブ風アルバムとその妻でギミックスのメンバーでもあったアニータ・ストランデルのギミックス解散後1980年作のアルバムをカップリングした2CDセット!コーネリスは北欧トラッドの歌い口を感じさせながらも、サンバやブルースも演じ、独特なハートウォーミングな境地を聞か …

続きを読む>

FAIRPORT CONVENTION / SHINES LIKE GOLD

ブリティッシュ・トラッド・シーンの、それ以後とそれ以前を隔絶した革命的グループ=フェアポート・コンヴェンション。その円熟の境地を聞かせる、1985~1995年スタジオ録音から、約2時間分のベスト2CDs、そして1974~2002年のライヴ録音から、約45分のベストCD!後期フェアポートのおいしいとこ取り~ボックスの装丁も、いい仕事です。

続きを読む>

HARIS ALEXIOU / KERAMIKOS-LIVE

ハリスの2002年2CDsライヴ盤!再入荷です。ソニーから古巣のMINOS系EMIに戻っての録音となりました。これまた実に演歌なムード?ライカ~レンベーティカを基調に、ライヴならではの臨場感で、情感こもった歌い口は、すれっからしのマニアも充分納得させるでしょうね。特に、レンベーティカ・ムード、民謡ムード漂う後半、たまりません。ブズーキ&バグラマー&ギターを基 …

続きを読む>

HRO / KOITA ME ANDEXO

ジャケットのブルーが象徴するように、どこか明るいエーゲ/地中海的な感触漂うイーロの 2003年作!イタリア系ポップとの共通性も聞こえて来ます。おおらかな歌い口は、非ライカ系ですね。ユーロPOPファンには、是非オススメ。

続きを読む>

RODOLPHE RAFFALLI / CHANSONNETTES

コルシカ出身でパリ郊外で育った異端マヌーシュ系ギタリスト、ロドルフ・ラファリの2013年作は、タイトルが通り、エディット・ピアフ、シャルル・トレネ、レオ・フェレなどのシャンソン曲、そして「シェルブールの雨傘」「華麗なる賭け」などのミッシェル・ルグランのサントラ曲などを取り上げたフランスらしさ爆発の1枚!?そのギターは、マヌーシュにスタイルを負いながらも、地中 …

続きを読む>

OBOMAN FILLON, CHOROS DO BRAZIL / AQUARELA

クラシックからジャズに転身したオーボエ奏者として有名なジャン・リュック・フィヨン、別名オーボーマン・フィヨンの新作です。ブラジルのショーロをテーマとしたアルバムで、ピシンギーニャ、ジャコー・ド・バンドリン、エルメート・パスコアルまで、ギター、バンドリンを加えたトリオで演奏しています。基本ブラジル・マナーですが、どこか欧州の香りがするところ、その辺が聞きどころ …

続きを読む>

go top