TCHAVORO SCHMITT / MELANCOLIES D’UN SOIRE

L2018年7月、五度目の来日が決定しているスウィング・ギターの王者! ジャンゴ・ラインハルトの真の後継者、チャボロ・シュミットの最新アルバム。 曲目リスト 1. MARIE SWING 2. SIX HEURES DE DEMIE 3. RUE DE L’HOTEL COLBERT 4. U BEAU REVE D’AUTOMNE …

続きを読む>

FLORIN NICULESCU / 25 YEARS AFTER

ビレリ・ラグレーンとのジプシープロジェクトで名高い、フランス在住のルーマニア系ロマのヴァイオリニスト、フローリン・ニクレスクが活動25周年を記念し、二枚組のスタンダードカヴァー集をリリース。一枚目は「My favorite standard」と題して「The old country」や「Can’t help lovin’ dat ma …

続きを読む>

RODOLPHE RAFFALLI / EN AMERIQUE LATINE

在パリアルゼンチンアーチスト、RAUL BARBOZA(acc), RUDI FLORES(g), MIGUEL FILIPPINI(g)を ゲストに迎え、マヌーシュ・スウィング・ギタリストのロドルフ・ラファリがラテンアメリカのレ パートリーを。SEBASTIEN GASTINE (cb), DAVID GASTINE(g)。(エクスポーター資料から) (参 …

続きを読む>

RP QUARTET / CHICKEN DO IT

ジャンゴ・ラインハルトのマヌーシュスウィングと、 モンク/ミンガスのハードバップを交配させるという フレンチ・クァルテットの新譜! BASTIEN RIBOT (VIOLON) ÉDOUARD PENNES (GUITARE) RÉMI OSWALD (GUITARE RYTHMIQUE) DAMIEN VARAILLON (CONTREBASSE) + G …

続きを読む>

LES POMMES DE MA DOUCHE / L’AME DES POETES DISPARUS

マヌーシュ・ジャズ五重奏団による、トレネ、バルバラなどシャンソンスタンダード集。 LE PIANO DE LA PLAGE • DIS, QUAND REVIENDRAS-TU ? • LA MAISON PRÈS DE LA FONTAINE • COULEUR CAFÉ • MA PREMIÈRE GUITARE • TANGO POUR CLAUDE …

続きを読む>

PAHO SAGA / CAMPING SWING

サンソン・シュミット(g)、パスカル・マスロン(g)、オノ・ウィンターステイン(g)、ジノ・ロマン(cb)によるマヌーシュ・ジャズ・カルテットの新作! PLANÈTE NOUCHMA /PASCAL MASSELON • CAMPING SWING /PASCAL MASSELON • KAMO KO SWING /PASCAL MASSELON • SAM …

続きを読む>

DJANGO FESTIVAL ALLSTARS / LIVE AT BIRDLAND

NYで14年間続いているジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルの2012年のライヴ盤全15曲収録。マヌーシュスウィングの名門家族シュミット家の、日本でもおなじみのドラド・シュミット、サムソン・シュミットを中心とした11人編成のオールスター楽団。新世代ブロンソン・シュミット、アマーティ・シュミットも参加。 TRACK LIST Swing Gitan (tra …

続きを読む>

MUZIEK DE SINGE / FERME LE LUNDI

 「お猿の音楽」と名乗るベルギーのインストバンド(コントラバス、サクソフォン、パーカッション、ギ ター、ミュージカルソー、テナー・ウクレレ、口笛…)5人組。マヌーシュ・スウィング寄り無国籍ジャズ・ インストだったファースト(“SWING A FLEUR DE PEAU”2011 年)よりもさらにシュールレアリスムの方向 に …

続きを読む>

MANUEL DELGADO / BELLAMAR

スペイン生れ、パリでインストルメンタリストとして長い下積み(Malou, Roe, Alabina…)を続けてきたマヌエル・デルガドの初のリーダーアルバム。最速のマヌーシュ・ギタリスト、ラファエル・ファイスにフラメンコ・ギターを教えた、という話がブックレットに。斬新さと伝統がよく調和した全曲(美しい)デルガドのオリジナル10 トラック。STEPH …

続きを読む>

MARIAN BADOI TRIO / BUNICA

生まれたその日に父親からアコーディオンを授けられたという、ルーマニア生れの26歳の超ヴィルツオーゾ・アコ奏者マリアン・バドイに、若手ナンバーワンのマヌーシュ・ギター・クアルテット「レ・ドワ・ド・ロム」(Les DOIGTS DE L’HOMME)のリードギター奏者オリヴィエ・キクテフと同バンドのコントラバス奏者タンギー・ブルムが組んだトリオ。ツィ …

続きを読む>

TCHAVOLO SCHMITT / MELANCOLIES D’UN SOIR

マヌーシュ・スウィングの無冠の帝王チャヴォロ・シュミットの2014年新作。チャヴォロとサミー・ドーサ(リズムギター)、クローディウス・デュポン(コントラバス)に加えて、Nouvelle Vagueに参加していたドスの効いた声の女性歌手マリー=クリスチーヌ・ブランビヤ、四人組での録音。「NUAGE」や「BRAZIL」を取り上げています。 1. MARIE SW …

続きを読む>

LES VOLEURS DE SWING / LE DECONSERVATOIRE

仏トゥール地盤の4人組レ・ヴォルール・ド・スウィングは、ギターもヴァイオリンもパンキッシュ によく鳴る4人組。「デコンセルヴァトワール」とはアンチ音楽学校みたいな意味の造語で、レ・ヴォル ール・ド・スウィング版の音楽講座的なコンセプト。Les Fils de Teupu、La Ruda などがゲスト参加。 (エクスポーター資料から) 〜実にハジけてますねえ! …

続きを読む>

go top