ANLAUG / NOVEMBER

ノルウェイの女性SSWにしてフィドル奏者、2010年リリース作品。ノルウェイ(北欧ケルト)トラッド色濃厚ながら、プライヴェートな音感、身体性、あるいはポエジーを通して自然ににじみ出た北欧性という気がします。ボーイッシュな姿で、フィドル弾き語りします。 (1点もの、シールド無しのデジパックですが新品です) With Mattie Foulds, Steven …

続きを読む>

V.A. / POLSKA ROOTZ

ソビエト連邦の影響下にあった70年代終わりにはレゲエやダブといった西側の音楽が流入するなど、ポーランドでは早くから欧米の影響を受けたポピュラー音楽シーンが構築されていた。そんなポーランドの現在の若い世代の音楽を紹介する編集盤が本作。もともとマズルカやポロネーズといった伝統舞踏音楽の発祥地として知られるポーランドだけに、欧米の音楽との融合を目指したミクスチャー …

続きを読む>

MARC PERRONE / LES P’TITES CHANSONS DE

☆マルク・ペロンヌ / レ・プテイット・シャンソン “パリ・ミュゼット”のアルバムで、 存在感溢れるアコーディオンの音色を聞かせてくれた マルク・ペロンヌ3年振りの新譜! “ミュゼット”と”シャンソン”が一体となった心暖まるアルバム。 メルシー!マルク! ★アルチュール・アッシュ★マルセ …

続きを読む>

CUMBIA YA! / NO ME BUSQUES

見逃していました。1950年代のオールドタイミーなクンビアを彷彿とさせる~ガッツを感じさせながらもシックで土臭い!?フランス発のマルチカルチュラル・ユニット= “クンビア屋” の2008年作です。~ルーチョ・ベルムデスを中心にパンチョ・ガラン、Aトレスなど古き良きノスタルジックなオリジナル・クンビアを~フランス在、仏人+コロンビア、ア …

続きを読む>

VASEN / LIVE at The Nordic Roots Festival

完全アコースティック!ギター、ヴィオラ、ニッケルハルパ、ヴィオラから成る変幻自在なスエディッシュ・トラッド / インストユニットのUSライヴ!演目は既に8枚のアルバムをリリースしている彼らのベスト盤的内容です。 1. Jtt close 2. M. Nykanen close 3. Buggnan close 4. Polska After Mats Ber …

続きを読む>

VASEN / VASEN STREET

★ヴェーセン・ストリート スェーデンはウップランド地方の伝統音楽を伝えるインスト・ユニット=伝統楽器ニッケルハルパを中心にヴィオラと12弦ギターというユニークな編成において内外で大きな人気を。こちら2009年作、ゲストに、パーカッショニストのアンドレ・フェラーリ、フィドルのミア・マリン&エンマ・リード、加えてアメリカのブルーグラス界のマエストロ、マイク・マー …

続きを読む>

Jexux Artze Txalaparta & friends / SAKANATIK ARABAILA TTIPIRA

★ヘシュス・アルツェと仲間たち / キリコケタ 台の上に置いた四枚の板を、二人が棒でつつくだけ。バスク幻の楽器と言われたチャラパルタが、遂にそのヴェールをぬぐ。シンプルにして複雑、スピリチュアルかつインプロヴィゼージョンに満ちたアンサンブルは、聴く人の心に静かな衝撃を与えるはず。チャラパルタの達人ヘシュス・アルツェが仲間たちと描き出した、木と鐘の響きが織りな …

続きを読む>

DESPINA OLYMPIOU / TON MATION SOU I KALIMERA

1992年地元キプロスでデビュー、 デスピナ・オリンピウ(1975-)の アテネでのデビューCD(2000) 完璧な地中海グリーク歌謡アルバム と聞こえますが… キプロスでの人気はすごいものがあります。 参考>☆ その後も活躍中ですが、 ちょっとPOPになりすぎたかな?

続きを読む>

ZEBDA / ESSENCE ORDINAIRE

フランス~トゥールーズの人気グループ=在仏アルジェリアン二世によるユニットの1998年作、再入荷です。圧倒的にリリックの評価が高いラップ&ヴォーカル=アラビック・ユニットですが、そのメッセージ性はともかくとして、ヒネリの効いた音作り~ポップとも言えそうな、アラビックな要素のミクスチュアーぶりにも、注目したいところですね。惜しまれつつも解散状態のゼブダですが( …

続きを読む>

ZEBDA / UTOPIE D’OCCASE

フランス=トゥールーズの在仏アルジェリアン二世による~アラビック・ラガ&ラップ&ミクスチュアー・ユニットの、2002年最近作再入荷!人気盤だった98年作に較べて、よりポップ、ストレートでしょうか?ジプシー風ギター、アコーディオンも多用され、そこはかとない地中海風味が全編に漂い、ヘヴィーなトラックにも哀愁を添えます。ラガ色がやや濃くなって~グナワ・ディフュージ …

続きを読む>

AKALE WUBE / MATA

エチオピーク・シリーズの監修者フランシス・ファルセトが厳選した世界のエチオ音楽フォロワーたちのコンピレーション”ETHIOPIAN GROOVE WORLDWIDE / NOISE & CHILL OUT”のオオトリ(2 枚め最後)を飾ったのがこのフランスの5人組、アカレ・ウーベ(名前はゲタチェウ・メクリアの曲名から拝借しています)でした。エチオ・ジ …

続きを読む>

THE McPEAKE FAMILY / WILD MOUNTAIN THYME

英トピック・レコードが創立70周年を記念して、秘蔵の名盤や貴重音源を次々にCD復刻、~その第1弾として日本発売されることになったのがこのアルバム。戦後の現代アイルランド音楽のスタート地点とも言える50~60年代のフォーク・リヴァイヴァルの時代に活躍、ボブ・ディランやジョン・レノン、ヴァン・モリソンらにも敬愛されたという伝説のグループ、マクピーク・ファミリーの …

続きを読む>

go top