ZAINABA / COMORES, Chants de Femmes

ザイナバ〜コモロ在住の歌い手で、初のソロ・アルバムを国外レーベルに吹き込んだという女性歌手、まさしくのその初の国外発売CDがこちら。島の太鼓と潮風に吹かれるような民謡風味たっぷりの歌声、飾らない歌とはこういうことですねえ、… 1.Mndwa Hwepva 2.Ngamuulelo 3.Miandi 4.Nyamandziya 5.Eulindo …

続きを読む>

AHAMADA SMIS / AFROSOUL

南仏マルセイユ生まれのコモロ系ラッパー/スラマーのアハマダ・スミス、2018年作。マルセイユのゲットーで育まれたラップ/スラムを、南洋の月の国と呼ばれるコモロのメロディーとミックス。冒頭にはミリアム・マケバが歌って世界的に知られるようになった「Malaika」(元は東アフリカの子守歌)も。

続きを読む>

CHAMSI NA MWEZI & BOINA RIZIKI SOUBI / GABUSI AND NDZEMDZAE FROM MOHELI, COMOROS

すみません!? まだまだ続きます… 1990年代末から2000年代初めにかけ、ザンジバルのターラブやコモロ諸島の音楽、あるいはケニア&タンザニアのスワヒリPOPなど、東アフリカ~インド洋音楽専門の充実アイテムをドッとリリースし、大きな話題を呼んだのものの、その後、全然音沙汰がなくなってしまった独 “DIZIM RECORDS” のデッドストックが …

続きを読む>

MOHAMED HASSAN / DUNIYA, Twarab Legend from Grande Comore

1990年代末から2000年代初めにかけ、ザンジバルのターラブやコモロ諸島の音楽、あるいはケニア&タンザニアのスワヒリPOPなど、東アフリカ~インド洋音楽専門の充実アイテムをドッとリリースし、大きな話題を呼んだのものの、その後、全然音沙汰がなくなってしまった独 “DIZIM RECORDS” のデッドストックが、今はドイツの山深くで隠遁生活するという DIZ …

続きを読む>

V.A. / SAMBE-COMORES, Modern Traditions from Grande Comore

1990年代末から2000年代初めにかけ、ザンジバルのターラブやコモロ諸島の音楽、あるいはケニア&タンザニアのスワヒリPOPなど、東アフリカ~インド洋音楽専門の充実アイテムをドッとリリースし、大きな話題を呼んだのものの、その後、全然音沙汰がなくなってしまった独 “DIZIM RECORDS” のデッドストックが、今はドイツの山深くで隠 …

続きを読む>

AHAMADA SMIS / ORIGINES

アハマダ・スミスは少年の頃にインド洋上のコモロ諸島(彼の出身は「大コモロ島」)からマルセに移住、2000 年代にフランス語詩人として「スラム」界デビュー。以来、彼の表現手段はそのフランス語詩と表現的な朗読パフォーマンスだったのですが、そのサウンド環境を彼のルーツであるインド洋の音楽で構築していきます。セカンドアルバムであるこの”Origines& …

続きを読む>

CHEBLI MSAIDIE / HEZA

インド洋上のコモロ諸島出身のアーティスト兼プロデューサー(近年ではブンバ・マッサやパパ・ウェンバ近作CDを仕込んだ人です)〜シェブリ・ムサイディの新作は、ルンバ・コンゴレーズ+ターラブ+マダガスカル!といった趣のコモロPOP的ミクスチュアーを体現する繊細なアコースティックサウンドがやけに気持ちイイわけですね。モーリス・ポト、リゴ・スター、パトリック・ベベイ、 …

続きを読む>

NAWAL / AMAN

MM誌輸入盤欄でも既に紹介されていますが、インド洋はコモロ諸島から、新たな才能/ムスリム系女性歌手・SSWの登場です。アフリカのバントゥ系文化とアラブ/ペルシャ系文化が交わるコモロの伝統歌謡を、ハチロク系リズムで繊細に歌い上げます。多くの曲でショナ人の女性による親指ピアノがフィーチュアーされているほか、マダガスカルから男性ギタリストも参加~コモロの弦楽器ガン …

続きを読む>

MIKIDANCHE / MGODRO GORI

インド洋はコモロ諸島のマヨッテ島(=人口は20万人、フランス海外県)、そんなマヨッテ島からヨーロッパのマーケットに登場した男性歌手がこのミキダッシュ~バックには、マホテーラ・クィーンズの『カゼット』で、すばらしいプレイを楽しませてくれたマダガスカル出身のアコーディオン奏者レジス・ジザーヴォなどが参加、アクースティック・ギター&アコーディオン中心のシンプルなバ …

続きを読む>

MWEZI WA-Q / CHANTS DE LUTE ET D’ESPERANCE

古来「月の島々」と呼ばれていたインド洋の群島コモロの若い9 人のアンサンブル(ヴォーカル、ギター、パーカッション)。島の暮らし、風土を感じさせるような自然音&SEと、ゆったり溶け合うように響く繊細さを聞かせながらも、時として、土地の生活の現実を垣間見せるようなリアルさを突きつける~そんな、生ギター&打楽器サウンド、そしてコール&リスポンスのポリフォニックな歌 …

続きを読む>

V.A. / ALI AMANI, CHANTS SOUFIS DES COMORES

マダガスカルとアフリカ大陸の間に浮かぶコモロ諸島のスーフィー・ミュージック~南半球で唯一アラブ連合に加盟しているだけのことはあります。ディープなアラブ色濃い歌がとことん聞けます。コモロの音楽の巨匠、アリ・アマニへの敬意を表したアルバムということで、歌謡というよりは宗教的な朗唱がコーラスで謡われるような内容です。強烈ですね!

続きを読む>

CHEBLI MSAIDIE / HALLE

ブンバ・マッサやパパ・ウェンバ10年新作をプロデュースしたシナ社の社長=シェブリ・ムサイディは、自ら作詞作曲家であり歌手でもあり、これまでに2枚のアルバムを発表~本作はその3作目~インド洋に浮かぶコモロ諸島にルーツを持ち、その音楽性もインド洋沖のコモロのPOPを核としたユニークなもの~まったりとしたルンバ調、南部アフリカっぽい音楽性をアコースティックに聞かせ …

続きを読む>

MAALESH / NTSOBWE

マダガスカルのフォークのようで、少々アラブっぽさも漂います。この「海のアラブ」感はマレーシア音楽にも通じるような?一体何者?アフリカ東部モザンビークとマダガスカルの間に挟まれた4 つの島からなるコモロ諸島~アラビア語で「些細なもの、重要でないもの」を意味するマーレッシュは1961 年グランド・コモール島モロニ生れのアフロ・アラブ系シンガーソングライターです。 …

続きを読む>

go top