MAP / DEBOUT LA D’DANS ! 『 目覚めろ!』

フランス北部の炭坑都市リールで結成されたという在仏アルジェリアンを中心としたミクスチュアー/ラップ~ヒップホップ集団= MINISTERE DES AFFAIRES POPULAIRES (”人民省”とでも訳すのでしょうか)のファースト・アルバム。フランスでは06年にリリースされ、既に3万枚以上を売っているローカル・ヒットだそうです。 …

続きを読む>

BADUME’S BAND / ADDIS KAN

フランスはブルターニュから登場したエチオ・グルーヴのフォロアー先駆バンドということになります。60~70年代のエチオR&Bに魅せられたヴォーカリスト=エリック・メヌトーを中心に、ホーンズ含む8人編成のフランス人バンドが、堂々のエチオ・グルーヴを展開したデビュー作~既に8年前からアディス詣でを繰り返して来たという、エリック・メヌトーのエチオピア語ヴォーカルをフ …

続きを読む>

SHANTEL / DISKO PARTIZANI

バルカン・ビーツ界の大沢伸一?ことシャンテルの初フルアルバムは、最強のバルカン・ビーツ! イケイケで泣き泣きです! 彼の周辺で飲んだくれて、純度の低いヘ@インをねだってるだろうジプシー音楽家を総動員したとおぼしき泣きのメロディーあり、オヤジの歌あり、ブラスあり、チフテテリあり、ドイツだけにクラフトワークネタあり。先進国のGood Tasteなワールドミュージ …

続きを読む>

CLOTHILDE / FRENCH SWINGING MADEMOISELLE 1967

1967年に仏VOGUEから4曲入りコンパクト盤2枚しか出してないカルトなフレンチ女性歌手、クロチルドが単独CD化!! イタリアはDETに残されたVOGUE吹き込み曲のイタリア語ヴァージョン・シングル1枚2曲と、当時VOGUEで人気のコミックバンドだったレ・シャルロとともに仏TV主演時に歌った未発表録音が収録された全11曲!もちろん VOGUEコンパクトEP …

続きを読む>

TEMENIK ELECTRIC / OUESH HADA?

>こちらで早速、紹介されていましたが(無断リンクすいません)、やっと再入荷しました!〜アルジェリア出身マルセイユ在の黒ヒゲ男メーディ・ハジェリ率いる地中海 / アラビック・ロック・バンド(これまでにEP2枚リリース済み)=テメニック・エレクトリックのファースト・アルバムです!若い頃にはマノ・ネグラの「シディ・ハビビ」をコピーしたという正直な奴らですが、もちろ …

続きを読む>

V.A. / FADO VOL.2, COIMBRA – LIEBONNE 1949-1961

10年ぶり?>こちらの続編となります・ワールド・ミュージックの秘蔵音源セレクトで知られるFREMEAUX & ASSOCIESレーベルによる1949-61年までのポルトガル・ファド貴重録音集。リスボンに生まれた哀愁音楽=ファドの50年代の発展の模様を、アマリア・ロドリゲス、アルフレッド・マルセネイロ、カルロス・ラモスなどのシーンを代表する中心スターの …

続きを読む>

BIGRE! / LES ICEBERGS AUSSI…

フランスはスイスにほど近いリヨンを拠点に活動する総勢20人のビッグバンド(サックス x4,トランペット x4,トロンボーンx4)〜バンド名の“ビグル!”は感嘆詞で「何てこった!」というような意味だそう。で、名に恥じない、実に何てこった!な展開ですねえ…。アルバム・タイトルからして「氷山もヴァカンスにでかける」というということで、シュールです!レト …

続きを読む>

FERMIN MUGURUZA / IN-KOUNIKASIOA

バスクが生んだレベル・ミュージックの雄!フェルミン・ムグルサのサード・アルバム!〜バスクの伝説的なロック・バンド、ネグ・ゴリアックのリーダーとして1980年代から活動、歌詞は全てバスク語で、一環してバスクの独立問題、世界資本主義への反発を表明してきました。2000年11月には8人編成からなる『フェルミン・ムグルサ・ダブ・マニフェスト』というバンド名義で初来日 …

続きを読む>

FERMIN MUGURUZA / BRIGADISTACK SOUND SYSTEM

バスクの英雄にしてレベル・ミュージックの雄、フェルミン・ムグルサ名義での1STアルバムにして、ファンの間でも最高傑作との誉れ高いアルバム。ライブ盤やDVDで見られるアンセム満載です!ゲストは盟友マヌ・チャオ、ロイ・パチにアンパロサンチェス、フィデル・ナダル、P18。スカ、レゲエ、ラテンの要素を一気にダンスビートに埋め込みポップ昇華しています! 01. Urr …

続きを読む>

ELIZA CARTHY / WAYWARD DAUGHTER

マーティン・カーシーとノーマ・ウォータソン夫妻の娘さんであることから”トラッド界のプリンセス”として知られているイライザ・カーシー(1975年生)。デビューから20年ほど経った彼女にとって初めてとなるベスト盤が英国トラッドの名門トピック・レコーズから発表されました。本作は彼女が残してきた数多くの録音の中から選りすぐりのものをピック・ア …

続きを読む>

LES FOUTEURS DE JOIE / LA BELLE VIE

卜ム・ポワソンと4人のメンバーによるレ・フートゥール・ド・ジョワ〜アコーディオン、ギター、バンジョ一、ウクレレ、ダブルベース、チューバによるコーラス・ユニットの2013年デビュー作!バンド名は「レ・フー卜ウール・ド・ジョワ」と読み、「歓喜をまき散らす男たち」という意味。実にフレンチ、時にガレージ、時にブルーグラスで、オルガン・ワルツで、テキーラで似非ラテンで …

続きを読む>

MIXATAC / MIXATAC #1 BAMAKO

南仏マルセイユで2008年から毎年9月に開催されているエレク卜口・ヒップホップ・フェス “Marsatac”のスタッフと、マルセイユ在住のアーティス卜からなるユニット= MIXATAC のファーストです。08年にMIXATACのメンバー達がマリの首都バマコに出向き、現地のマンディング・ミュージシャン達と共演した音源をMIXATACがハイブリッドかつフォークト …

続きを読む>

MAFALDA ARNAUTH / FADAS

    どちらかと言えば、流れるような歌い口で、柔和な表情のファドを歌って来た彼女ですが、この2010年作では一皮むけた感じ?ファドらしいクセのある発声が、コブシ使いのメリハリを強調し、存在感のある歌声を聞かせてくれます。フォルクローレ風味漂うバックもOK!ファドのルーツに迫ろうというアルバムかも??

続きを読む>

GRAN BREGOVIC / TALES AND SONGS FROM WEDDINGS AND FUNERALS

  バルカンの才人~ゴラン・ブレコヴィッチ02年作は、バルカン/ジプシー/地中海の“結婚式&葬式音楽”に材を求めた野心作でした!もちろんブラス・バンドがらみ~変拍子がらみのバルカン色濃厚な曲ばかり…、多彩な女性歌手をゲストに、ブレコヴィッチならではのアレンジが光ってます。でも当時としては、こんなにディープでイイのか?と頭をひねったものです&#823 …

続きを読む>

GORAN BRECOVIC / UNDERGROUND -OST.

1995年カンヌ映画祭パルムドールを受賞したクストリッツァ監督の傑作映画「アンダーグラウンド」のサントラ盤が久々に入荷しました。音楽はゴラン・ブレゴヴィッチ。後にファンファーレ・チョカリーアによってカヴァーされた「カラシニコフ」や「メセチーナ」などバルカン・ジプシーの名曲をたっぷり収録。今につながるジプシー~バルカン音楽ブームの先鞭となった作品です。まだ聴い …

続きを読む>

go top