VIOLONS BARBARES / WOLF’S CRY

ブルガリアとモンゴルの擦弦楽器奏者にパーカッションニストが加わり、パワフルな演奏をぶつけあい、当店でも話題となった「野蛮なバイオリン」トリオ、8年ぶりの新作です。ブルガリアのガドゥルカ、モンゴルのモリンホールとホーミーに、中央アジア〜中東の各種パーカッションの三つどもえバトルが更に激しく、盛り上げています。Balkan Twist、Psychedelic K …

続きを読む>

FELIPE DULZAIDES ‎ Y SUS VIOLINES / EN TROPICANA

フィリペ・ドゥルサイデス (1917-1991) 、キューバ、ピアニスト、作曲編曲家、バンドリーダー。革命前後を境にそれまで率いたヴォーカル&インスト・コンボ、アルモニコスを解散し、ストリングスを導入、ピアノを中心としたラテン・インストルメンタル〜それもとっておきにゴージャスな録音を試みていた頃の、編集盤LPのCD化かと思われます。00年代の初めにエグレムか …

続きを読む>

V.A. / STRINGS, Excavated Shellac

*Guitar, Oud, Tar, Violin and more from 78rpm era 以前、SPコレクター>Jonathan Ward 選曲において、14曲収録LPでリリースされたコレクションですが、track 15~17の3曲が追加されてCD化されました。アルメニアのタールから始まって、南インド古典のヴィーナ、そしてボリビアのコンゴのギター・ …

続きを読む>

go top