BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA / I SPEAK FULA

西アフリカの伝統弦楽器ンゴニを数台使い、それまでに無かった演奏スタイルを作り出したのが、マリ出身の音楽家バセク・クヤーテと、そのグループ“ンゴーニ・バ”だ。07年発表のグループとしてのデビュー作『セグ・ブルー』がヨーロッパを中心に大きく注目を浴び、西アフリカ伝統音楽の新しい方向性を提示してくれた彼らが、待望のセカンドをリリースしてくれました。トゥマニ・ジャバ …

続きを読む>

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA / GEGU BLUE

西アフリカの弦楽器=ンゴニの名手ということで、トゥマニ・ジャバテやアリ・ファルカ・トゥーレのバックを務めたキャリアの持ち主。この自己名義でのデビュー作となる本CD、曲によってはバラフォンやボロン、ソクといった民俗楽器、あるいはエレキ・ギター等が加わるものの、基本的は高低のンゴニ4者によるシンプルなアンサンブルを聞かせます。~どこか、ひっかかりのある吶々とした …

続きを読む>

OUMOU SANGARE / SEYA

マリ南西部ワスル地方の伝統を受け継ぐ偉大な女性歌手ウム・サンガレは、泥臭く庶民的な匂いを持ったワスル音楽の歌手として5歳より活動を開始/90年にはマリで空前の大ヒットを記録し、その後UKワールド・サーキット社に認められ世界デビューを果たしました。本作は世界向けのスタジオ録音作としては13年ぶりとなる、まさに満を持して発表された09年最新作~トニー・アレン、バ …

続きを読む>

ISSA BAGAYOGO / TIMBUKTU

マリのワスル系異色アーティスト=待望のセカンドCD~国内盤です。人力的なテクノ・テイストが独特だったファーストの路線を、シックス・ディグリ-ズ ・レーベル制作ならではのフォローで、グレード・アップ!人力的風味は残しつつも、ビートの強調とテクノ音楽消化が推進されました。モロッコのグナワ・ビートを、よりクールにした感じの演奏がハッキリ言って最高ですね!ジョン・リ …

続きを読む>

ISSA BAGAYOGO / TASSOUMAKAN

マリ/ワスルBLUESの人気男性、カマレ・ンゴニ弾き語りのイサ・バガヨゴ~サード・アルバムがです!前作の打ち込み・エレクトロ路線を踏襲しながらも、よりアコースティックな風合いを前面に、アーシーなワスル・ブルースを深化させています。しかし、乾いてますねえ、デザート・ブルースならぬサバンナ・ブルース?西アフリカ・ファンはもちろん必聴です!

続きを読む>

SALI SIDIBE / WASSOULOU FOLI

SPECIAL PRICE で再リリースです!マリには多彩な音楽が存在する。中でもマリ南部のワスル地方の音楽は、そのループするリズムとメロディが、フランスのクラブ・シーンでも注目され始めている。艶やかなコブシを持つサリの声に、ワスル音楽の源、民族弦楽器カマレ・ンゴニのループするリズムが、クールなグルーヴを生み出す。ラストには5年早かったと言われた、幻のU.K …

続きを読む>

TAMIKREST / ADAGH

ティナリウェンのフォロワーとなるマリ/サハラの若手トゥアレグ=タマシェクによるギター・バンドの欧州デビュー作!なるほど、ティナリウェンよりも青い!青春している!ような気もする…、で、ティナリウェンよりも、もうちょっとサイケROCKかも?~でも、それにしてもギターのトーンからコーラスや手拍子、ユーユー(ファズがかかったような喉笛、これはカッコイイ) …

続きを読む>

TINARIWEN / AMASSAKOUL

ファーストから3年のセカンド・アルバムがリリースされました!マリ南部サハラ周縁のトゥアレグ人グループ=ティナリウェン、リビアはガダフィー大佐の元で革命を学んだこともあるという男女7人組…、90年代初め、マリ=ニジェールにおけるトゥアレグ紛争のサウンドトラックとまで言われた伝説のバンドです!エレキ・ギター弾き語り&ベース、複数女声によるサヘルの喉笛 …

続きを読む>

TINARIWEN / AMAN IMAN

やっぱり、最高傑作でしょうね!?砂漠のブルース真打ち登場、という感じでしょうか?『マクサル』から3年、3作目となる新作がやっと届きました!プロデューサーはロバート・プラント・バンドのギター=ジャスティン・アダムス、自らもギタリストですから、エンジニアリング、スタジオ・ワークも含めて、ギターの響きを最高の仕上がりに持って行ってくれました。もう、最初のギターひと …

続きを読む>

TINARIWEN / IMIDIWAN

2年ぶりの作となっています。往復1週間かかるマリの首都バマコのスタジオで録音するのはやめて、南サハラのホームタウンにモビール・スタジオを設営しての録音だそうです。ジャスティン・アダムスの制作からは離れて、いっそうディープになっています。前作が最高傑作だと思っていましたが、もっとイイかも知れません。呟くような歌と嘆くようなコーラス、何かを声高に訴えるわけでもな …

続きを読む>

BAKO DAGNON / TITATI

久々の再入荷! マリはバマコ近郊出身の女性グリオによる新録です!fbdj さんのブログで08年ベスト10入りして久しかった作ですが、やっと入荷しました!折よくMM誌輸入盤欄で、”いつものOさん”が紹介されているので、いつものように無断で参考にさせていただくと、このバコ・ダグノン、既に35年ほどのキャリアを持ち、現在、マンデカルーのメン …

続きを読む>

MIXATAC / MIXATAC #1 BAMAKO

南仏マルセイユで2008年から毎年9月に開催されているエレク卜口・ヒップホップ・フェス “Marsatac”のスタッフと、マルセイユ在住のアーティス卜からなるユニット= MIXATAC のファーストです。08年にMIXATACのメンバー達がマリの首都バマコに出向き、現地のマンディング・ミュージシャン達と共演した音源をMIXATACがハイブリッドかつフォークト …

続きを読む>

KANTE MANFILA & SORRY BAMBA / CLASH MANDINGUE

モリ・カンテの従兄弟、サリフ・ケイタとともに名門アンバサドゥールに参加していたこともあるギニアのギタリスト&シンガー=カンテ・マンフィーラ、そして、マリの老舗楽団、オルケストル・レジョナル・ドゥ・モプティ結成にて人気を得て以来、彼の国を代表するヴェテランとして活躍、05年の夏には来日も果たしてくれた=ソリ・バンバ(シンガー&トランペットほか)~この二人が残し …

続きを読む>

ROKIA TRAORE / BOWMBOI

マリ出身の若手女性歌手、今やアフリカ音楽シーンで最も注目される歌い手の一人、ロキア・トラオレ嬢の新作です。…ンゴニとギター、コラやバラフォン、そして各種民俗打楽器をベースにしたバックのあり方、力みのない自然な発声のヴォーカル、多重録音も駆使したコーラスと、基本はこれまでの2作と変わりありませんが、一言でいうなら、深化した、ということになるでしょう …

続きを読む>

ROKIA TRAORE / TCHAMANTCHE

今は亡きアリ・ファルカ・トゥーレに捧げられたマリ出身の女性歌手、ロキア・トラオレの4作目新作です。で、内容ですが、出だしの数曲がブルージーなセミアコ・ギター弾き語り風&エフェクトによる極端に内省的な雰囲気の作りなので、ちょっとびっくりします。ロキアの歌声はややブルースやR&Bっぽい発声、マリのトラディショナルな唱法に通じる歌い口等を散りばめながらも、これまで …

続きを読む>

go top