KASSE MADY DIABATE / KIRIKE

☆カッセ・マディ・ジャバテ / キリケ 国内配給盤リリースされました! 元オルケストル・シュペール・マンデ・カンガバ(〜1973年ビエンナーレ優勝)やマラビージャス・ドゥ・マリ(マリ式キューバン・チャランガ楽団)で活躍、90年代にはパリに進出するも、パリは性に合わないと00年代にはバマコに落ち着いた大物ヴェテラン男性歌手、マンデ / バンバラで歌う南部マリ …

続きを読む>

BKO QUINTET / BAMAKO TODAY

バンド名は「ベカオ・カンテット」と読みます。旅行や航空運輸で都市のスリーレター表記というのがあり、東京はTYO、ロンドンはLON、ロサンゼルスはLAX、パリはPAR、そしてバマコはBKO。ジェンベ・マスターにしてウームー・サンガレのパーカッショニストだったイブラヒマ・サールと、リヨン出身の白人パーカッショニスト、エメリック・クロールの出会いから始まった、マリ …

続きを読む>

THE TOURE-RAICHEL COLLECTIVE / THE PARIS SESSION

★ザ・トゥーレ=ライヒェル・コレクティヴ/ザ・パリ・セッション マリとイスラエルのカリスマ2人が、より高純度のコラボレーションを完成させた! 「バマコとテル・アヴィヴの間のどこかにある空想の島を創造するようなコラボレーションなんだ」イダン・ライヒェル イスラエル音楽シーンのカリスマ、イダン・ライヒェルと、マリ音楽の若き実力派ギタリスト、ヴィユー・ファルカ・ト …

続きを読む>

a Film by Hisham Mayet / THE DIVINE RIVER , Ceremonial Pageantry

2007〜12年にかけて、ただただニジェール川流域(ニジェール&マリ)の人々の音楽との関わりや暮らしの断片を写したドキュメンタリー、というか、ロード・ムーヴィーというか、断片的映像の連続。ソンガイ / ハウサ / トゥアレグほかの人々の音楽や生活の断片や風景、動物が映し出されます。素人っぽいカメラがリアルだし、技巧のない編集も淡々としていて、ただ観ていて一旅 …

続きを読む>

L’ORCHESTRE SIDI YASSA DE KAYES

☆オーケストル・ジジ・ヤッサ・ドゥ・カイ >Super Biton National de Ségou(=2on1CD), >Mystère Jazz de Tombouctou, >Kanaga de Mopti に続く、社会主義マリの国営レーベル “KUNKAN” 録音 / >ル・ケネ・スタール・ドゥ・シカソ&ロルケストル・シディ …

続きを読む>

LE KENE STAR DE SIKASSO / HODI HU YENYAN

>Super Biton National de Ségou(=2on1CD), >Mystère Jazz de Tombouctou, >Kanaga de Mopti に続く、社会主義マリの国営レーベル “KUNKAN” 録音 / ル・ケネ・スタール・ドゥ・シカソ&>オルケストル・シディ・ヤッサ・ドゥ・カイの作がリマスター済みで …

続きを読む>

SUPER RAIL BAND DE BAMAKO

リーダーはサックスのカビネ・ケイタ、ギターはジェリ・マディ・トゥンカラ、ヴォーカルはアブドゥライェ・トラオレの時代ですね。 マンディングPOPの完成と円熟を! >★ 1. Djougouya magni 2. Derimagni 3. Sanankoro moriba 4. Dagna 5. N’Donikegniba 6. Folikelaou …

続きを読む>

LES AMBASSADEURS DU MOTEL DE BAMAKO

★レ・アンバサドゥール・ドゥ・モテール・ド・バマコ/マリのスーパー・グループ 1975-1977 マリの国営バンド、1970年結成のレイル・バンドを3年でやめて、サリフ・ケイタが移籍したバンドこそ、このレ・アンバサドゥール・ドゥ・モテール・ド・バマコ。これまで数々のアフリカ音楽ヴィンテージを復刻リリースしてきたUKスターンズの新譜です。1969年結成、ギニア …

続きを読む>

DJELIMADY TOUNKARA & L’ORCHESTRE SUPER RAIL BAND INTERNATIONAL / ALLO BAMAKO

こちら既に廃盤かと….。昨年、未CD化曲ばかりを集めて、セネガルのバオバブをリリースしてくれフランスORIKIレーベルから~サリフ・ケイタやモリ・カンテを育てたマリを代表するバンドの一つ= レイル・バンドの未復刻音源編集盤CDが登場!ほぼUKスターンズのレイル・バンドの復刻2CDと同時に発売されましたが、もちろん1曲も重複していません!こちらのC …

続きを読む>

MOUSSA DOUMBIA / KELEYA

こちら既に廃盤かと…。これは驚きです!マリ70年代アフロビート/アフロ・ファンク系シンガー/サックス奏者=ムッサ・ドゥンビアの発掘音源初復刻集!シャウト&掛け声は完全にJBですが、ビートはハチロク多し、マンディング・カラー横溢する怒濤のアフロ・ファンクが炸裂してます!っていうか、聞きようによっては完全に “エチオピークス” の対抗馬?という感じで …

続きを読む>

DJELIMADY TOUKARA / SOLON KONO

マリ伝説の楽団、レイル・バンドのバンマスにして、西アフリカ最高のギタリスト、待望の新作! 前作”Sigui”(2001)が2002年のBBCワールド・ミュージック・アワーズのアフリカン・ミュージック賞に輝いた、マリを代表するギタリスト、ジェリマディ・トゥンカラ4年振りの作品が届きました。 1970年代初めから、マリを代表するバンドであ …

続きを読む>

KANDIA KOUYATE / AMARY DAOU

マリを代表する女性歌手の一人、カンジャ・クヤーテ~近年、マリの音楽マーケットを取り巻く人脈に嫌気がさしたということで、活動停止中の彼女ですが、 1950年代の終わりにグリオ(世襲制芸能集団)の家に生まれ、その類い希なヴォーカルが多くのパトロンから支持されて来ました。このCDは、そんなカン ジャが80年代初頭に残したデビュー&セカンド・カセットからピックアップ …

続きを読む>

DJENEBA SECK / DJOUROU

クヤーテ・カンディアのアルバムでバック・ヴォーカルをつとめていた若手女性だと思います!現地ではコンスタントにカセットをリリースする人気歌手~これがインターナショナル・リリース/CDデビューでしょう。マリはバマコから登場!ちょっとコバルト系のアコースティック・サウンド・システム路線?に飽きていた貴兄にはピッタリ~ダイナミックな民俗的アンサンブルによるバックに、 …

続きを読む>

go top