LES AMAZONES D’AFRIQUES / REPUBLIQUE AMAZONE

マリ、ナイジェリア、ベナン、ガボン〜西アフリカの女性アーティストをフィーチャーしたウェスト・アフリカン・プロジェクト。英リアルワールドから〜スゴイ面子というよりも、新旧&有名無名(?)女性歌手達のフレッシュな顔合わせと言うべきでしょうね!DR.L こと Liam Farrell のプロデュースも Mbongwana Star よりハマってるような気がします。 …

続きを読む>

ANNA TEKO / KAFU KAFU

ベナン(ベニン)の若手女性SSW(1986年ロコッサ生まれ)、4歳の頃からゴスペルを歌っていたそうです。首都コトヌーにおいて1998年にレコード・デビュー。ズーク・スタイルで売り出したSSWとして、人気を得たそうですが、本作でもそこかしこに、ズークにつながる音やビートは散見できます。が、トーキング・ドラムが打ち鳴らされたり、基本生音バンドだったり、ズークっぽ …

続きを読む>

LE TOUT PUISSANT ORCHESTRE POLY-RYTHMO DE COTONOU / MADJAFALAO

1966年結成、ベニンのアフロビート/ヴードゥー・ファンク楽団の新録新作!先に来日し話題を呼んだトーゴのピーター・ソロと国は違えどルーツは同じ(ご存知の通り、アフリカの国境線は植民地時代の欧州近代の資本主義的強欲の名残りですからね)、ベニンの結成50年の老舗バンドによる新録ですよ!もうほぼOKジャズとか、ベンベヤJAZZとかの域に達しているというか(キャリア …

続きを読む>

GANGBE BRASS BAND / GO SLOW TO LAGOS

1994年結成ということですから、既に20年!本作は5作目の新作(7年ぶり)となります。時代や国こそ違え、>こちらアシアクワ・ブラス・バンドにも、ある種共通する感覚を持った西アフリカはベニンのガンべ・ブラス・バンド、過去アルバムもアフリカ音楽マニアとブラスバンド・マニアの間で人気を呼んでいました。パーカッション&金管(ベースラインbyスーザフォン!)のみとい …

続きを読む>

MICHEL PINEIRO / VOYAGE

ティケン・ジャー・ファコリーのデビュー時からそのバックバンドのバンドマスター、トロンボーン奏者、バックヴォーカリストだったミッシェル・ピネロの新ソロアルバム。もともとアフロ・サルサの人なので、十数人のビッグバンドを従えてのアフロ・キューバンアルバムです。

続きを読む>

ANGELIQUE KIDJO / EVE

“This Album is DEDICATED to the WOMEN of AFRICA to their RESILINCE & their BEAUTY” もともとそういうところありましたが、だんだんミリアム・マケバみたいになって行きますね、この人。スタンスや主義主張というよりも、その発声そのもの、汎アフリカ的でPO …

続きを読む>

ANGELIQUE KIDJO / OYO

子供時代から親しんできたというフェイヴァリットSONGの数々を綴った、ベニンの歌姫=アンジェリック・キジョの新作です!ベニンの民謡はじめ、南アのミリアム・マケバ、トーゴのベラ・ベロウといった先達ディーヴァによる汎アフリカン・ヒット、あるいはカーティス「ムーヴ・オン・アップ」アレサ「ベイビー・アイ・ラヴ・ユー」、JB「コールド・スウェット」等の北米ブラック・ヒ …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RYTHMO DE COTONOU / THE SKELETAL ESSENCES OF AFRO FUNK

アフリカ音楽の知られざるヴィンテージ録音を、豪華で詳細なブックレットを付けて紹介するドイツの個性派インディ・レーベル〈ANALOG AFRICA〉が、西アフリカの国ベニンのアフロ・サイケ・ファンク・バンド、オルケストル・ポリ=リトゥモ・ド・コトヌーの編集盤シリーズ第3弾を発表!しつこい!〜同バンドの中心人物だったムローム・クレマン(2012年没)への追悼の意 …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RHYTHMO DE COTONOU / THE VODOUN EFFECT 1972-1975

西アフリカの小国ベニンとトーゴで60年代末に起こったファンク・ムーヴメントを掘り起こした編集盤『アフリカン・スクリーム・コンテスト』でアフリカ音楽ファンのみならず、レア・グルーヴ・マニアまでうならせた“アナログ・アフリカ”の第4弾が登場!本作は『…スクリーム・コンテスト』にも収録されたベニンの大人気バンド、オルケストル・ポリ=リトゥモ・ド・コトヌーの単独編集 …

続きを読む>

ORCHESTRE POLY-RYTHMO DE COTONOU / ECHOS HYPNOTIQUES 1969-1979

執念のコレクター、サミーBラジブ主宰のアナログ・アフリカ新譜です!西アフリカの小国ベニンで70年代に最も人気を博し~“西アフリカで最も秘匿されたバンド”とも言われるオルケストル・ポリ=リトゥモ・ド・コトヌー、同レーベル復刻CD第1集1972-75に続いての第2集/本作は、ポリ・リトゥモが当時正式に契約を結んでいたアルバリカ・ストアという大手のレーベルに残され …

続きを読む>

V.A. / LEGENDS OF BENIN

“アナログ・アフリカ”第5弾!ベニンのダンス・ミュージックにスポットを当てた復刻CDですが、先の2アイテムよりも格段の充実内容!やっとベニンの主流グループ重要録音が登場です!60年代後半から80年代初頭に掛けて、同地シーンで活躍した4グループ= ANTOINE DOUGBE / EL REGO / HONORE AVOLONTO / GNONNAS PEDR …

続きを読む>

EL REGO / S/T

ベニンのアフロSOUL / FUNK伝説の男~アナログ・アフリカのコンピでも既に紹介済み~1960年代末から70年代初めにかけてのナイスSOUL’Nファンクを12曲~すべて未CD化音源シングル複刻です!60年代末の USソウルの英語歌詞によるフォローから、70年代に入ると、次第にフォン語による独特のアフロビートを作り上げて行くさまがスリリング!

続きを読む>

GNONNAS PEDRO / BELLE EPOQUE -VOLUME 1

またまたSYLLARTプロダクションが、思い切りレアーな音源シリーズを開始しました!基本アフロ・ラテン・シリーズの続編という感じですが、~個々の歌い手やグループにスポットを当てた内容。そして本盤は西アフリカはベニンの最初期のPOPスター、ニョナス・ペドロの1965~75年録音集(ということになってますが、90年代録音も含まれると思われます)~全27曲収録の2 …

続きを読む>

ANGELIQUE KIDJO / SPIRIT RISING

西アフリカ・ベニン出身で、いまや全アフリカ中を代表するアーティストにまでなった女性歌手アンジェリク・キジョが、自身のキャリアの中で初となるライヴ・アルバムを発表~アメリカ・ボストンにある放送局が主催したコンサートの模様を収録した本作は、彼女がこれまで残してきたアフロ・ポップ・ナンバーのほか、英米のポップスやソウル、レゲエの代表曲などのカヴァーも取り上げていま …

続きを読む>

LE SUPER BORGOU DE PARAKOU / THE BARIBA SOUND 1970-1976

11作目となる「アナログ・アフリカ」2012年春の新作はふたたびベニンへ。「アフリカン・スクリーム・コンテスト」1曲収録されていたル・ボルグ-・ド・パラクーの編集盤。ベニン北部最大の都市パラクーに暮らすイスラーム教徒バリバ人のグループで、ご当地で最初にエレキギターを取り入れたバンドとのことです。1970年から76年までの15曲を収録。初期はフランコ的なルンバ …

続きを読む>

go top