HARPREET BANSAL / SAMAYA

>★ インド系ノルウェー人のようで、 基本、北インドの伝統音楽をやっているようですが、 ノルウェイ・ジャズ系のミュージシャンも参加しています。 ちょっとキツめですが、 ノラ・ジョーンズ的な美人さん!ですね… *Double Bass – Adrian Fiskum Myhr *Guitar, Voice, Percussion, Sampler …

続きを読む>

JYOTSNA SRIKANTH, MATS EDEN, DAN SVENSSON & PAR MOBERG / NORDIC RAGA

これぞワールド・ミュージックの新たなる指針! 南インド古典音楽とノルディック・フォークの融合を目指した問題作!! 何とも斬新なワールド・ミュージックが誕生した! 現在の南インド古典音楽〈カルナータカ音楽〉のシーンをリードする女性ヴァイオリン奏者ジョートサナ・シュリーカーントが、フィドル、打楽器、管楽器を担当する3人のスウェーデン人伝統系演奏家とともに結成した …

続きを読む>

ZAW MYO AUNG / VIOLIN CONCERTO

井口さん買い付けのミャンマーCD〜何とも珍しいですねえ? 西洋ヴァイオリン奏者によるミャンマー・インスト・アルバム!クラシカルな弦楽重奏室内楽で演じるミャンマー大衆音楽メロディー、こんなのもアリなんですねえ…。以下、井口さんによる商品コメントです(感謝)! Zaw Myo Aung、現ヤンゴンを代表するミャンマースタイル・ヴァイオリンの演奏家。1 …

続きを読む>

BARTOLOMEY BITTMANN / NEUBAU

バルトロメイ・ビットマン 〜2015年のセカンド。 2011年頃、とある人気シンガーのプロジェクトで偶然出会った2人は意気投合し、自由で革新的なデュオを結成することを決意。ジャズのインプロビゼーション、ヘヴィなグルーヴとロック的な要素も備えた新しい音楽を作りだすバルトロメイ・ビットマンを結成した。深く語りかけるように演奏されるバラードから、アップテンポでスリ …

続きを読む>

V.A. / MEXICO, The Lost Art of Huasteca Violin 1969-1976″

メキシコ、カリブに面したウァステコ地方(べラクスルス州)のミクスチュアー民謡(スペインとキューバンとインディオ音楽)「シェリート・リンド」で有名な “ソン・ウァステコ” におけるヴァイオリン演奏に焦点を当てたCDです(タイトル部分の lost というのが何を意味するのかは不明、今もってソン・ウァステコではヴァイオリンが奏でられていますから)。1969年から7 …

続きを読む>

MAM / HUMAN SWING BOX

  アコ+ヴァイオリン+ヒューマンビートボックス!! いつまでもセクシーなアコ奏者ヴィヴィアンヌ・アルノーと超絶ヴァイオリン奏者フランソワ・ミショーの デュオ MAM の8枚目のアルバム。Featuring ノルベール・リュカランのヒューマンビートボックス。(サプライヤーの趣味より) 1.AN ATOLL / 2, TIME 4 GROOVES / …

続きを読む>

TOMI LEBRERO, ALEX MUSATOV / LIVE! EN TOKIO

アルバム未発表曲からリリカルな詩情に富んだ定番の佳曲まで。京都音博出演の二日後に東京・原宿VACANTで行われたライヴを収めた作品。ブエノス・アイレスっ子としての気質をレペゼンするS.S.W. トミ・レブレロ(vo, bdn, ag, ukulele) とオルタナ・タンゴ楽団(O.T.フェルナンデス・フィエーロ)に所属するロシア人ヴァイオリン奏者アレックス・ …

続きを読む>

ALEXIS ZOUMBAS / A LAMENT FOR EPIRUS 1926 -1928

  >こちらに続く、ロバート・クラム描くイラスト・ジャケ・シリーズ〜イオニア海に面し、アルバニアに接したイピロスの山岳地帯に生まれ、北米に渡ったヴァイオリン奏者、アレクシス・ズンバスの1926 -1928年NY録音SP復刻CDです。まさに表題通り、イピロスに捧げる哀歌をヴァイオリンの音色が伝えてくれるような演奏。時に静かに、時に咽ぶような哀しい演奏 …

続きを読む>

SCARLET RIVELA / CELTIC MYST

    ボブ・ディランの全盛期をサポートし、聞く者を驚嘆させ魅了した伝説のバイオリニスト、スカーレット・リヴァラが郷愁あふれるケルトの美しい旋律を携えてシーンの中心に舞い戻ってきた。映画「タイタニック」で名を馳せた天才バグパイプ奏者エリック・リグラーをフィーチャー。

続きを読む>

T.N. KRISHNAN / VIOLIN CARNATIC SOUL VOL.1 & 2

紀元前4世紀に発祥したとされる南インドの古典音楽カルナティック・ミュージックを西洋ヴァイオリンで継承するTNクリシュナン(1928 – )の於パリ / ダヴート・スタジオ新録音ダブルアルバム。カルナティック・ミュージックの黄金期18-19世紀の作品など自在なインプロを聞かせます。 T.N. KRISHNAN(vln) , TIRWARUA BHR …

続きを読む>

SANGEETA SHANKAR / AASHA

南インド出身ながら、北インド古典にも通じた女性ヴァイオリン奏者、2003年のサプタック・フェス実況録音〜 タブラーを使用しカルナティックとヒンドゥスターニの垣根を外すような名演を聞かせます。 その母も、有名なヴァイオリン奏者のNラジャム。 Raga Jog 1. Alap 4.47 2. Vilambit Ektaal (12 beats) 17.01 3. …

続きを読む>

ALI AKBAR KHAN, L. SUBRAMANIAM / DUET

北インド古典音楽サロード奏者、2009年に89歳で亡くなったウスタード・アリー・アクバル・カーンと南インド古典音楽のヴァイオリン奏者Lスブラマニアムの南北古典ジャガルバンディー。タブラはザキール・フセイン。     試聴できます http://www.archambault.ca/ali-akbar-khan-l-subramaniam- …

続きを読む>

JYOTSNA SRIKANTH / CALL OF BANGALORE

カルナータカ音楽の名脇役ヴァイオリンに焦点を当てた作品です。南インドの古典音楽として知られるカルナータカ音楽〜M・S・スブラクシュミに代表されるヴォーカル・ミュージックが一般的には広く知られている同音楽ですが、伝統的に伴奏で使われてきたヴァイオリンに焦点を当てたのがこのアルバム。この女性奏者、ジョツナ・シュリカントは、いまや南アジア有数の世界都市として知られ …

続きを読む>

go top