MATONA’S AFDHAL GROUP

なぜか、ノルウェイの音楽シーンには、ザンジバルのターラブ音楽へのシンパシーが溢れているようで、>こちらや>こちらに続いて、また一つここにザンジバルのミュージシャンとノルウェーのミュージシャン達による共演のユニット作が、JAZZLAND のブッゲ・ヴェッセルトフトが新たに起こしたレーベル、OK・ワールドからリリースとなりました。ターラブを起点としたジャズ、ある …

続きを読む>

CULTURE MUSICAL CLUB / BASHERAF, Taarab Instrumentals from Zanzibar

1990年代末から2000年代初めにかけ、ザンジバルのターラブやコモロ諸島の音楽、あるいはケニア&タンザニアのスワヒリPOPなど、東アフリカ~インド洋音楽専門の充実アイテムをドッとリリースし、大きな話題を呼んだのものの、その後、全然音沙汰がなくなってしまった独 “DIZIM RECORDS” のデッドストックが、今はドイツの山深くで隠遁生活するという DIZ …

続きを読む>

A Film by Ron Mulvhill / POETRY IN MOTION, 100 years of zanzibar’s nadi ikhwan safaa

  <NTSC ALL REGION> 国内プレイヤーでご覧になれます。 世界最古の楽団のひとつ、ザンジバルの「ナディ・イクワン・サファア」(“真の友愛クラブ”)は東アフリカ・スワヒリ語による詩と物語を音楽化した大衆音楽「ターラブ」の最高峰のアンサンブルです。列強の植民地支配にも民族革命の嵐にも堪え、2005 年にこの楽団は結団100 周年を祝いま …

続きを読む>

CULTURE MUSIC CLUB / SPICES OF ZANZIBAR

カルチュアー・ミュージカル・クラブ、数あるCDの中でも、私見ですが、本作のストリングス・アンサンブルが最も悠々として聞こえ、名作と呼ぶにふさわしいかと。 ☆カルチャー・ミュージカル・クラブ『ザンジバル島の誘惑~ターラブ』〜インド洋に浮かぶザンジバル島を代表する音楽:ターラブ1996年の名作! ドイツ最高のワールド・ミュージック・レーベル、ネットワーク社に残さ …

続きを読む>

JAHAZI MODERN TAARAB / 5 titles

ムゼー・ユスフとそのグループ=ジャハージ・モダーン・ターラブはザンジバルではなくて、ダルエスサラームのモダン・ターラブ人気グループ〜ま、ここ10年ナンバー1の人気を保っているそー。ザンジバルの古色豊かで優雅なターラブと較べれば、なんとまあ俗っぽいことか。同じターラブとは思えません。コンゴレーズの影響強いスワヒリ語ダンス音楽ということになるんでしょうけど、ナイ …

続きを読む>

CULTURE MUSICAL CLUB / WARIDI

★カルチャー・ミュージカル・クラブ「ザンジバルのバラの香り」 アラブの旋律+アフリカのリズム+インド音楽のテイスト+ヨーロッパの香り=ターラブ! アフリカ大陸タンザニア沖インド洋に浮かぶ、ザンジバル島の大衆音楽「ターラブ」の最高峰バンド登場! 世界最高齢の女性歌手(推定95歳)「ターラブの生きる伝説」ビ・キドゥデの共演曲を収録! *中古盤ですが、帯付き状態良 …

続きを読む>

MTENDENI MAULID ENSEMBLE / ZANZIBARA 6

La lune s’et levee−Une seance de Zanzibar ムテンデニ・マウリド・アンサンブルは、ザンジバルにて1960年代に結成されたスーフィー系音楽集団。“マウリディ” と呼ばれるアラブ起源の古くから伝わる複数小型太鼓やフレームドラムと男性による主唱&コーラスによるダンスを伴う宗教的儀式音楽で、古代アラブ世界にルーツを探れるそうで …

続きを読む>

CULTURE MUSICAL CLUB / THE MUSIC OF ZANZIBAR 4, TAARAB

これぞターラブの名盤中の名盤!グローブスタイルが残した89年作が復活!ザンジバルのターラブをヨーロッパや日本のワールド・ミュージック・ファンに知らしめた作品のひとつが、1989年にUKのレーベル<グローブスタイル>が制作したこのアルバムでした。グローブスタイルはそれまでに3つのターラブ作品をリリースしていましたが、4作目となる本作がその最高傑作と言われていま …

続きを読む>

TAJ MAHAL meets THE CULTURE MUSICAL CLUB OF ZANZIBAR / MKUTANO

これは、ちょっと驚きです~タジ・マハルがザンジバルの老舗ターラブ楽団 “カルチャー・ミュージカル・クラブ” &ビ・キドゥデ老嬢らとの共演アルバムを出し ました!ライ・クーダーに勝るとも劣らない異種格闘技世界戦!?~ケニアの沖合に浮かぶザンジバル島の不思議音楽“ターラブ”=アラブ&スワヒリ&インド 洋ミクスチュアー音楽に、タジが挑戦しています。大まかに分けて2 …

続きを読む>

DHOW CROSSING / A TAARAB VOYAGE

アンビヨルグ・リエン・バンドのギタリストとして来日経験もある、ノルウェーのギタリスト=ロルフ・クリステンセンによる 新ユニットのデビュー作~なんと、ザンジバルのターラブ系ミュージシャンとのコラボレイト・アルバムです。ウード/カヌーン/アコーディオン/ヴァイオリ ン/ヴォーカルといったターラブ系ミュージシャン達と、女性歌手、サックス、プログラミングを含む5人の …

続きを読む>

MOHAMED ILYAS / TAARAB

インド洋に浮かぶザンジバル諸島の大衆音楽として知られるターラブ、その名門楽団として知られるイクワニ・サファのリーダー的存在=歌手でありヴァイオリ ニスト、そして作曲家でもあるモハメド・イリアスのソロ名義アルバムがリリースされていました!ザンジバル・オール・スターズとも言えそうな16人編成の 楽団を率い、これまでのターラブにはないようなタイトな感覚も垣間見せる …

続きを読む>

BLACK STAR MUSICAL CLUB & LUCKY STAR MUSICAL CLUB / NYOTA

 1985年に英国で創立したグローブスタイルは世界で初めて<ワールド・ミュージック>というキーワードを前 面に押し出し多くの音楽ファンに衝撃を与えたレーベル。そんな同レーベルが残した数多くの作品から特に優れたアルバムをピックアップしたのが今回の復刻シ リーズだ。 アフリカ東海岸~インド洋で広く親しまれる音楽ターラブ。ここではタンザニア北部においてカセットで発 …

続きを読む>

RAJAB SULEIMAN & KITHARA , CHUNGU / ZANZIBARA 8

来日経験もあるタンザニアのターラブの伝説的楽団カルチャー・ミュージカル・クラブ、その出身者を中心に結成されたという「キターラ」は、若いヴィルツオーゾ・カヌーン奏者、ラジャブ・スーレイマンをリーダーに、伝統楽器と西欧楽器を折衷したアンサンブル(アコーディオン、ウード、ヴァイオリン、ベースギター、コントラバス、伝統打楽器…)。でもって、緩いパーカッシ …

続きを読む>

CALTURE MUSICAL CLUB, ZANZIBAR / SHIME !

2007年夏に世界最高齢音楽家としても知られる女性歌手、ビ・キドゥデを伴って来日したてくれたザンジバルのターラブ楽団、カルチャー・ミュージカル・クラブの08年作!タジ・マハールとの共演盤でも話題をさらったこの楽団は、アフリカ大陸の東海岸に浮かぶ、文化のメルティングポット、ザンジバル島で生まれた優雅な混血音楽“ターラブ”を代表するグループ。今回はターラブのルー …

続きを読む>

V.A. / MUSIC OF ZNZIBAR, TAARAB 3

1990年リリースのターラブ名作の一つ〜イクワニ・サファやサヒブ・エル・アリー等、ほかでも聴けるグループも収録されていますが、その二つのグループ以外の5グループは、ほかでは聴けないんじゃないでしょうか?そのマイナーならでのヴァラエティに富んだ味わいのターラブが堪りませんね。定型スタイルをハミ出す場面もあり! 1. Mapenzi Kiapo – …

続きを読む>

go top