GINO SITSON / ECHO CHAMBER

カメルーン出身、在ニューヨークの超絶ヴォーカリスト、ジノ・シトソンの2019年作。「エコー・チェンバー」は残響室のことであり、近年では意見が増幅される「エコー・チェンバー現象」の語もよく用いられるようになっていますが、本作での文脈は、チェロ、ヴィオラ、クラリネットのチェンバー・ミュージック系トリオがバックを担っているということになるのでしょう。個性的な即興ス …

続きを読む>

GINO SITSON / VOISTRINGS

カメルーン出身、在ニューヨークの超絶ヴォーカリストの2013年作です。4.5オクターヴの声域。声とボディ・パーカッション、さまざまなエフェクトも使い、ピグミー・ポリフォニーとジャズ・コーラスの手法を融合させたユニークなヴォーカル・サウンドを展開します。本作は、2014年のアルバム。人気ベース奏者ロニー・プラキシコをはじめ、ブラジル人ピアニストのエリオ・アルヴ …

続きを読む>

EVIYAN / NAYIVE

ECMよりソロ、映画女優でもあるチェコのヴォーカリスト&ヴァイオリニスト、そして作曲家でもあるイヴァ・ビトヴァ&テリー・ライリーを父に持つギタリストで作曲家、ギャン・ライリー&フィリップ・グラスやブライアン・イーノとも共演で知られる “BANG ON A CAN” の創立メンバーでクラリネット奏者、作曲家、プロデューサーであるエヴァン …

続きを読む>

go top