BRUNO ANGELINI, FABRICE MARTINEZ, ERIC ECHAMPARD / TRANSATLANTIC ROOTS


 
1965年南仏マルセイユ生まれのピアニスト、Bill Evans Piano Academyの教鞭を取ったことがあるそう。03年から、セッション・アルバム含め、今作が13作目となるそう。基本、エレクトロニカ、エフェクトも含むフリーフォームなジャズということになると思いますが、例えば1曲目、“デヴィッド、スパイク、ジム” というのは、デヴィッド・リンチとスパイク・ジョーンズとジム・ジャーメッシュに捧げる曲だということはわかります。で、アルバム・タイトルは “大西洋横断ルーツ” ということで、エヴァンス・マナーの演奏を自由に聞かせる、ということでしょうか?
 
 
1 David Spike Jim And The Others 7:48
2 Mal’s Flowers 7:27
3 Rosa And The Thorns 6:12
4 A Butterfly Can Save A Tree 6:11
5 Peaceful Warrior 7:32
6 From One Continent To Another 8:01
7 Cage’s Opening 5:32
8 Epilogue. One Last Song For My (W)Heroes 4:24
 
Drums – Eric Echampard
Piano, Keyboards, Electronics, Composer – Bruno Angelini
Trumpet, Flugelhorn – Fabrice Martinez
 
 

go top