WOODY GUTHRIE / THE ULTIMATE COLLECTION

季節労働者であり社会主義運動家、そしてソングライターとなり、1940年代からはレコーディング・シンガー(初録音はアラン・ロマックスによる)となったウディ・ガスリーの代表曲50トラックスを収めた2CDコレクションです!USフォーク・ミュージックの基盤を作った存在であり、ボブ・ディランに最も大きな影響を与えたことでも知られています。もちろん、この人を聞かずして北 …

続きを読む>

V.A. / LONSOME VALLY, CLASSIC AMERICAN BLUEGRASS-APPALACHIAN AND OLD TIMY COUNTRY

カーター・ファミリー/ビル・モンロー/カントリー・ジェントルメン/ドク・ワトソンといったカントリー/ヒルビリー/ブルーグラス黎明期のスター達~あるいは中興の祖とも言えそうな戦後のスター達の曲が全16曲!こうして聞いてみると、やっぱりUS白人音楽は懐が深い。実にロンサムですよ!イイ選曲です。 1. Can The Circle Be Unbroken (Bye …

続きを読む>

V.A. / THE JEWISH AMERICANS, A SERIES BY DAVID GRUBIN

ユダヤ人が北米に移住して350年、それを記念したTVドキュメンタリー番組のDVD化がかないました!古いフィルムをふんだんに使用したTV映像となっています。~ミカエル・ベーコンが音楽を担当、ニューオーリンズ・ジャズや北米フォーク、あるいは最新のエレクトロ・サウンドまで取り入れた変化に富んだアレンジで、USジューイッシュの伝統を謳歌しています!(NTSC / R …

続きを読む>

MARISSA NALDLER / SONGS III : BIRD ON THE WATER

ヴェテランUSアシッド・フォーク系女性SSW07年作です。アコースティック・ギター、チェロ、マンドリン、ハープ、パーカッション、シンセなど5人のメンバーを従え、アルゼンチン音響派のルーツはここにあるのでは?というような演奏を繰り広げています。そして、何と言っても聞きどころは、ソプラノの小鳥のさえずりを連想させるようなヴォーカル、ですが。

続きを読む>

V.A. / SPIRITUAL SONGS , CHANTS & FLUET MUSIC

アパッチ/ホピ/タオス/ナヴァホの伝承歌&シャーマン・ソング15曲のフィールド&スタジオ・レコーディングCD、そして、やはり各部族のインディアン・フルートを収めたCDからなる2枚組・音源は定かではありませんが、やや古い録音が並んだ(1950~60年代?)充実アメリカン・ネイティヴCDです!

続きを読む>

V.A. / OH, RUN INTO ME, BUT DON’T HURT ME ! FEMALE BLUES SINGERS RARITIES 1923-1930

SAB ROSA レーベル発掘音源シリーズ~戦前シティ・ブルースの女性歌手SPレア音源復刻集です。気怠く、もの憂い、ムード満点の曲が並びます。ルシール・ボーガン/アンア・ジョンズ/ヘニー・ポペ/ヴァージニア・リストンほか、総勢14歌手24曲が収められました! 1. Anna Jones – Trixie Blues 2. Lena Henry & …

続きを読む>

LHASA 

追悼再入荷〜メキシコ系女優を母に持ち、米国男性スペイン文学研究者を父に持つ~NY生まれモントリオール在の女性シンガーソングライター~ラサのサード・アルバムです!スペイン語中心だった前作と変わり、今作では英語曲が中心となりましたが、…基本的には、その音から受ける印象はそう変わってませんね、相変わらずクールでダーク、モノローグっぽくて、浮遊感がありま …

続きを読む>

EVAN CHRISTPHER’S DJANGO ALA CREOLE

かのアトランティックの創始者アーメット・アーテガンが絶賛した稀代のフレンチ・クラリネット奏者=エヴァン・クリストファー。彼のレギュラー・コンボ“ジャンゴ・ア・ラ・クレオール”のセカンド・アルバムがリリースされました!まるで、シドニー・ベシェとジャンゴ・ラインハルトが共演しているような演奏で、ベシェ/ホーギー・カーマイケル/ジャンゴ/アーチボルドらのスタンダー …

続きを読む>

MARGOT LEVERETT & THE KLEZMER MOUNTAIN BOYS / 2nd AVENUE SQURE DANCE

米TRADITIONAL CROSSROAD 社リリース~ニューヨーク在住のベテラン女性クラリネット奏者マーゴット・レヴェレットがフィドル、マンドリン、ベース、ギターの達人達を招き作り上げたクレズマーとブルーグラスの融合楽団「山男達」の08年作。妖しくも躍動的なクレズマーが時にブルーグラスに変化していく様が実に爽快です。ゲストはサイケなエレキでヨーマ・コウコ …

続きを読む>

GILLIAN WELCH / THE HARROW & THE HARVEST

アリソンが7年ぶりならば、ギリアンは8年ぶりの5作目です。なんか猫背のナッシュビル系フィメールSSWということで、立ち姿は昔のジョニ・ミッチェルみたい(by EXPさん)ですが(なかなか暗くってイイ!)….。で、この8年ぶりの新作、旦那のギター&バンジョー、ハーモニカのみが寄りそう弾き語りデュオ・アルバム~完璧なトラディショナル・フォーク(一曲目 …

続きを読む>

NATION BEAT / GROWING STONE

NYバルベス・レコーズから、またユニークなバンドが登場!マラカトゥーやフォローといったノルデスチ(ブラジル北東部)音楽と、ケイジャンやニューオーリンズのカーニヴァル音楽などの米国ディープ・サウス音楽を融合~それぞれのイナタさそはのままに、ファンキーなアレンジをほどこし、快活なグルーヴを生み出しています。USワールドミュージック最前線!US版キウイ、パパイヤ& …

続きを読む>

SNAKEFARM / MY HALO AT HALF-LIGHT

東京で生まれ、80年代に日本でも大きな人気を誇った歌姫、アンナ・ドミノが長い沈黙が破って帰ってきました!~戦前から伝わるアメリカのフォーク・ソングやブルースを、エレクトロニクスを交えてモダン化、「アシッド・ブルース」や「ポーティスヘッドとサンディー・デニーの出会い」とも呼ばれた彼女のユニット=スネイクファーム!本作はその12年ぶりとなるセカンド・アルバムだ、 …

続きを読む>

EMILY JANE WHITE / ODE TO SENTIENCE

生まれも育ちもカリフォルニアながら、ヨーロッパを中心にライヴ活動を行ってきた女性オルタナティヴSSWの第四作、日本盤発売されました。所々にストリングスを加えていますが、基本的にはギター一本、自然体な声でダークに歌っています。キャットパワーなど今時のUS女性SSWと共通するものを感じますが、彼女はとにかく暗いです。エミリーの夢は夜開く、いや開かないかも。ゴスな …

続きを読む>

go top