LHASA 

追悼再入荷〜メキシコ系女優を母に持ち、米国男性スペイン文学研究者を父に持つ~NY生まれモントリオール在の女性シンガーソングライター~ラサのサード・アルバムです!スペイン語中心だった前作と変わり、今作では英語曲が中心となりましたが、…基本的には、その音から受ける印象はそう変わってませんね、相変わらずクールでダーク、モノローグっぽくて、浮遊感がありま …

続きを読む>

EVAN CHRISTPHER’S DJANGO ALA CREOLE

かのアトランティックの創始者アーメット・アーテガンが絶賛した稀代のフレンチ・クラリネット奏者=エヴァン・クリストファー。彼のレギュラー・コンボ“ジャンゴ・ア・ラ・クレオール”のセカンド・アルバムがリリースされました!まるで、シドニー・ベシェとジャンゴ・ラインハルトが共演しているような演奏で、ベシェ/ホーギー・カーマイケル/ジャンゴ/アーチボルドらのスタンダー …

続きを読む>

MARGOT LEVERETT & THE KLEZMER MOUNTAIN BOYS / 2nd AVENUE SQURE DANCE

米TRADITIONAL CROSSROAD 社リリース~ニューヨーク在住のベテラン女性クラリネット奏者マーゴット・レヴェレットがフィドル、マンドリン、ベース、ギターの達人達を招き作り上げたクレズマーとブルーグラスの融合楽団「山男達」の08年作。妖しくも躍動的なクレズマーが時にブルーグラスに変化していく様が実に爽快です。ゲストはサイケなエレキでヨーマ・コウコ …

続きを読む>

GILLIAN WELCH / THE HARROW & THE HARVEST

アリソンが7年ぶりならば、ギリアンは8年ぶりの5作目です。なんか猫背のナッシュビル系フィメールSSWということで、立ち姿は昔のジョニ・ミッチェルみたい(by EXPさん)ですが(なかなか暗くってイイ!)….。で、この8年ぶりの新作、旦那のギター&バンジョー、ハーモニカのみが寄りそう弾き語りデュオ・アルバム~完璧なトラディショナル・フォーク(一曲目 …

続きを読む>

NATION BEAT / GROWING STONE

NYバルベス・レコーズから、またユニークなバンドが登場!マラカトゥーやフォローといったノルデスチ(ブラジル北東部)音楽と、ケイジャンやニューオーリンズのカーニヴァル音楽などの米国ディープ・サウス音楽を融合~それぞれのイナタさそはのままに、ファンキーなアレンジをほどこし、快活なグルーヴを生み出しています。USワールドミュージック最前線!US版キウイ、パパイヤ& …

続きを読む>

SNAKEFARM / MY HALO AT HALF-LIGHT

東京で生まれ、80年代に日本でも大きな人気を誇った歌姫、アンナ・ドミノが長い沈黙が破って帰ってきました!~戦前から伝わるアメリカのフォーク・ソングやブルースを、エレクトロニクスを交えてモダン化、「アシッド・ブルース」や「ポーティスヘッドとサンディー・デニーの出会い」とも呼ばれた彼女のユニット=スネイクファーム!本作はその12年ぶりとなるセカンド・アルバムだ、 …

続きを読む>

EMILY JANE WHITE / ODE TO SENTIENCE

生まれも育ちもカリフォルニアながら、ヨーロッパを中心にライヴ活動を行ってきた女性オルタナティヴSSWの第四作、日本盤発売されました。所々にストリングスを加えていますが、基本的にはギター一本、自然体な声でダークに歌っています。キャットパワーなど今時のUS女性SSWと共通するものを感じますが、彼女はとにかく暗いです。エミリーの夢は夜開く、いや開かないかも。ゴスな …

続きを読む>

ROBIN McKELLE & THE FLYTONES / SOUL FLOWER

話題の?北米女性JAZZシンガーがブルーアイドSOULに挑戦した充実CD新作、番外推薦盤ですよ!JAZZもうまいけど、R&Bも実に自然にうまい!黒人っぽく振る舞う必要もなくうまい!60年代後半~70年代前半テイストも実にCOOLです。きつねフェイスもイイじゃないですか!個人的にはグッと来てますよ?

続きを読む>

TIA BLAKE AND HER FOLK GROUP / FOLKSONGS & BLLADS

唯一1970年代の初めにフランス録音のLPを残し、それっきりシーンから消え去った米国の女性フォーク・シンガー、ティア・ブレイクの「フォーク・ソングス&バラッズ」(フランスSFP原盤)が初CD化!英国 / 米国 / アイルランドのフォーク・ソングやトラッドをシンプルに歌い綴ったギター弾き語りアルバムです。ボーナスとしてデモ&リハーサル音源8曲を追加した …

続きを読む>

BO DIDDLEY / THE INDISPENSABLE BO DIDDLEY 1955-1960

このところ、フレモオ&A.で大変良い仕事が続いているドック・レゲエことブルーノ・ブルムの監修によるボ・ディドリー選集1955-1960/3CD64 トラック!で、もちろんブルムの解説つき24 頁ブックレット(仏語英語)~というわけで、こうしてボ・ディドリーを聞いてみれば、カリブに繋がる“ワールドミュージック”だったんですねえ!なんて…ことはともか …

続きを読む>

V.A. / VOODOO IN AMERICA

ブルーノ・ブルム監修によるFREMEAUX & ASSOCIES第5弾2CDは、西アフリカを起源とするカリブ・クレオール・カルチャーの「ヴードゥー」が、20世紀アメリカの大衆音楽に与えた影響を、1926~61年の音源で聴こうという2CD!マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス、チャック・ベリー、アート・ブレイキー、ジョン・コルトレーンからブー …

続きを読む>

JAMES BROWN / THE INDISPENSABLE 1956-1961

ドック・レゲエことブルーノ・ブルム監修によるFREMEAUX & ASSOCIES 第6弾3CDは、ブルーノ・ブルムが今度はJB 初期録音集3CD を監修しました。“プリーズ・プリーズ・プリーズ”から“ジャスト・ウォント・ドゥ・ライト”まで、16 頁ブックレット付(仏英語)!~JB初期音源決定盤と言えるでしょう、音もイイ! CD1 PLEASE P …

続きを読む>

V.A. / JUKEBOX MAMBO

北米1950’s ジャイヴそしてR&Bから選りすぐられたマンボ・ビート・ナンバーが22曲!ジョー・ルッチャー / メイベル・スコット / パーシー・メイフィールド / デイヴ・バーソロミュー / フェイ・アダムス~etc etc &アルフレディート / ジョー・ロコ~というわけで、ほぼR&B勢ばかり、マンボ・ビートをアダプトしたクロスビートで実に …

続きを読む>

go top