RUTH FERNANDEZ


1919年ポンセ生まれ、2012年に亡くなったプエルトリコの大女性歌手ルス・フェルナンデス。66年にティコよりリリースされたアルバム『ジョ・ソイ・ラ・ケ・ソイ』(Tico TRLP-1132)から2曲(「コモ」「ディス・イズ・プエルトリコ/エスト・エス・プエルトリコ」)をマイナスした復刻盤です。
セリア・クルースの向こうを張るような、ソウルフルな力強い歌声で、アフロ・キューバンやボレロ、そしてボンバやヒバロ音楽風に所謂レロライ節を乗せたレパートリーでプエルトリコらしさも示してくれます。バックはサックスのリト・ペーニャ率いる名門オルケスタ・パナメリカーナが担当。そのリト・ペーニャによる「ジョ・ソイ・ラ・ケ・ソイ」やラファエル・エルナンデスの「プレシオーサ」他、全10曲を収録しています。
盤起こし?思われますが、音質は概ね良好かと思います。但し1曲目1:30ぐらいに一箇所音飛びがありますので、予めご了承ください。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Yo Soy la Que Soy
2. Preciosa
3 . Quirindongo
4. Romance del Campesino
5. Faltan Palabras
6. Yo Soy Mulata
7. Tarde Gris
8. Nangoba
9. Recuerdos del Pasado
10. La Bomba Que Me Gusta

(VINTAGE 282)

go top