こちらは、他のジャンルや地域に当てはまらない商品となります。

J.A.K.A.M. / COUNTERPOINT EP.4

JUZU a.k.a. MOOCHYの別名義“J.A.K.A.M.”の連続リリース、第四弾が登場!   年明けに個人作品としては4年ぶりの12″シングル「Rise Again/Shadow Dance」、続く2月には「Pray/ Ixtlan」、 3月には「New Day/ Warriors」がリリースされ好調なセールスを続けるJ.A.K.A.M.ですが、そ …

続きを読む>

J.A.K.A.M. / NEW DAY – WARRIORS

ローカルからグローバルへ JUZU a.k.a. MOOCHYの別名義“J.A.K.A.M.”の連続リリース企画、第三弾が3月11日に早くも登場! ================ J.A.K.A.M.の『COUNTERPOINT EP』シリーズ第三弾が届けられた。東京月桃三味線による特徴的な三味線のメロディーと多国籍打楽器アンサンブルのグルーヴが絡み合う構 …

続きを読む>

J.A.K.A.M. / COUNTERPOINT EP.1

『2010年にリリースされたアルバム「Re:Momentos “Movements”」から4年、 JUZU a.k.a.MOOCHYのJ.A.K.A.M.名義での初のソロ作品、待望の連続リリース開始!!』 DJ/プロデューサーを20年近く続け、自身のレーベルCROSSPOINTを活発に運営し、 屋内外のイベントの企画や数々のリミックス …

続きを読む>

PIERS FCCINI, THE MANY SRE ONE

21 世紀のホーボー・シンガーソングライター、ピアース・ファッシーニが主宰するレーベル、BEATING DRUM のコンピレーション。フォークを21 世紀的現在のグローバル・ミュージックとして捉え、ロックやワールドの垣根を超えたラインナップ:ベン・ハーパー、BKO カンテット、レ・フィス・デュ・カルヴェール、ホースドリーマー… 1. HORSED …

続きを読む>

NAOJI KILLED / 2

が〜ん! 2作目がリリースされてしまうとは…、 もはやこれまで、 否、よもやここまでとは…、 2014年の有終を飾る衝撃の問題作!? もはや、良いお年をお迎え下さい!としか、 言いようのない痛快作!?

続きを読む>

V.A. / MUSIQUES SACREES

スイスで制作された「世界の聖なる音楽集」。ユダヤ教のトーラー詠唱、新年の祈り、キリスト教のグレゴリオ聖歌、クリスマスの祈り、ゴスペル、エチオピア正教の聖母マリアの褒め歌、イスラーム教のアザーン、スーフィーの詠唱、メヴレヴィー教団のセマー、ヒンドゥー教のクリシュナバジャン、チベット仏教の儀礼、日本神道の音楽、アマゾンの宗教音楽フルート、アンデスの葬儀の笛、キュ …

続きを読む>

Mixed CD by サラーム海上 / CAFE BOHEMIA RELAXIN’ WITH SHISHA

新時代のカフェアイテムとして注目の「シーシャ(水タバコ)」。“おひとりさま”でも”みんな”とでも。リラックスできる空間を彩るMIX CDがリリース。 「No.1 Gypsy Club」のコンセプトの元、東京渋谷カフェカルチャーを代表する「宇田川カフェ」の遺伝子を引き継ぎ、アラビアンな異国情緒を提唱する新たなスタイルのカフェ …

続きを読む>

V.A./ GLITTERBEAT: DUBS & VERSIONS I

★V.A./グリッタービート:ダブ&ヴァージョンズ 現在、アフリカ音楽界隈でもっとも刺激的な作品をリリースしているグリッタービート。そんな注目のレーベルより初めてのダブ(リミックス)集が発表された。参加しているクリエイターは、UKレゲエ・シーンの巨匠デニス・ボーヴェルや、やはりUKダブを語るには欠かせないマーク・スチュワート(元ポップ・グループ)、そしてベー …

続きを読む>

JOHN PARISH, ETC, / PLAYING CARVER

20 世紀アメリカ文学の巨星、『頼むから静かにしてくれ』(1976 年)の作家レイモンド・カーヴァー (1938-1988)の詩を、イギリス人ジョン・パリッシュ(g,p,perc,vo – exPJ ハーヴェイ)の音頭取りで、在欧のインディーシーンの個性派ミュージシャンたちを集めての共同作業。集まったのはMARTA COLLICA (=kbd, …

続きを読む>

V.A. / REAL WORLD 25

UKの老舗レーベル 〈リアル・ワールド〉 その25周年を記念した豪華な特別編集盤が登場! イギリスを代表するワールド・ミュージック・レーベル〈リアル・ワールド〉。その第一号作品は、マーティン・スコセッシ監督の『最後の誘惑』という映画のサウンドトラック用として作られたピーター・ゲイブリエル名義の『パッション』(1989年発表)というアルバムだった。それから四半 …

続きを読む>

NAOJI KILLS.

ついに出たっ!SHOGUNナオジの1mmも似てない!しかも誰かも分からないモノマネキラーCD!旅のお供に!デスクワークに!暇つぶしに!全36トラック収録! [CD-R28分] って、なんでこんなもん入れてるんだ!? と、問われればですね、田宮前財の額の汗をよそに、こうお答えするしかありませんね。「イイものはイイ、ダメなものはダメ、イイものもダメ、ダメなものも …

続きを読む>

RHYTHM DEVILES / THE APOCLYPSE NOW SESSIONS

USフォークウェイズによるライコディスク復刻CDR〜 映画『地獄の黙示録』においてコッポラ監督からパーカッション・スコアを依頼されたミーキー・ハートが、その際、映画と向き合う過程でインスパイアされたパーカッション・サウンドを、ドラマーのビル・クルーツマンとともにレコーディングした1980年作。〜デッドのフィル・レッシュ、スライ&FSのグレッグ・エリコ、お馴染 …

続きを読む>

go top