ROBERTO MENESCAL / BOSSA NOVA MEETS THE BEATLES

  アンディー・サマーズが参加したビートルズ・カヴァー集! 先日80歳を迎えたボサ系ギタリストのロベルト・メネスカール。大ベテランの彼が今回選んだテーマは、ビートルズ。「ミッシェル」「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」「イエスタデイ」などの名曲をボサ・ノーヴァのアレンジで聴かせるといったもの。元ポリスのアンディー・サマーズがゲスト参加しています。 (サプ …

続きを読む>

V.A. / OUTRO TEMPO, ELECTRONIC AND CONTEMPORARY MUSIC FROM BRAZIL, 1978-1992

ジジ・マシン発掘で躍進した秘境音源ディグの注目新興勢力「ミュージック・フロム・メモリー」による待望の最新CDリリースは、サウダーヂ、フォークロア、スピリチュアル、プリミティヴでエレクトロ・アコースティックなヴィンテージのブラジル音源を集めた驚きの企画盤。 ブラジル音楽、電子音楽やロック、ニューエイジ、バレアリックの垣根を越えた、全く新しいリスニング体験をお約 …

続きを読む>

CAMARAO / THE IMAGINARY SOUNDTRACK TO A BRAZILIAN WESTERN MOVIE 1964-1974

★カマローン/ペルナンブーコの熱きサンフォネイロ 北東部音楽の伝説カマローンの全盛期をコンパイル!  北東部のダンス音楽フォローのシーンで活躍したサンフォーナ(アコーディオン)奏者カマローン(1940-2015)の全盛期録音にスポットを当てた作品。ペルナンブーコ州で生まれ、地元ラジオ局の専属音楽家として活躍した後、レシーフェのローカル・レーベル〈ローゼンブリ …

続きを読む>

ERASMO CARLOS & OS TREMENDOES / 1970

      ロベルト・カルロスとともにブラジルのロック・ムーブメントを支えてきた男性歌手/作曲家エラズモ・カルロスがRGEに残した初期録音が再発されました。いわゆるジョーヴェン・グァルダを代表する1枚ですが、ほぼ20年ぶりの再発ということです。(サプライヤーインフォより)

続きを読む>

LEO ALMEIDA & PAULO SA / PAPO DE BOTECO

  サンバ系SSW/ギタリストのレオ・アルメイダと、パーカッショニスト/ヴォーカリストのパウロ・サーとの連名作品が登場しました。カヴァキーニョ、ヴィオローン、サンバ・パーカッションといったシンプルな編成に、時にスラップ・ベースやフェンダー・ローズなどが加わり、ややファンキーなサウンドも聴かせます。全曲がレオのオリジナルです。(サプライヤーインフォよ …

続きを読む>

PEDRO IVO / MONOLITO

  リオ出身のMPB系SSW、期待のサード作!! 8年ほど前に“VIA CANCAO”という作品でデビューした、リオ出身のMPB系SSWペドロ・イヴォのサード・アルバムが登場。豊潤なブラジル音楽の伝統に則したMPBを目指したという本作は、ミルトンやカイーミ、カエターノから、ビョークやハイエイタス・カイヨーテまで、ブラジル~インタナショナルなシーンま …

続きを読む>

DAVI MORAES / TA EM CASA

  大物が多数参加したダヴィのサード・アルバム! 元ノーヴォス・バイアーノスの中心人物モラエス・モレイラの息子で、ソウル・ブラジレイラの第一人者でもあるダヴィ・モラエスの新作が登場しました。本作は彼の3枚目のスタジオ録音作。マリア・ヒタやジャッキス・モレレンバウムといった大物がゲスト参加した豪華な内容。MPBファンはお見逃しなく!(サプライヤーイン …

続きを読む>

GABRIEL MOURA / QUEM NAO SE MEXER VAI DANCAR

    あのパウロ・モウラを叔父に持ち、以前にはファロファ・カリオカというサンバ系グループで活躍していたガブリエル・モウラが新作を発表。本作からはすでに‘O Amor É In’という曲がシングル・カット(デジタル配信)されていて話題となっています。ミクスチュアー・サンバ・ファンは注目。 リミーニャ、プレチーニョ・ダ・セヒーニャがバック固 …

続きを読む>

CRIOLO / ESPIRAL DE ILUSAO

 サンパウロのアンダーグラウンド・シーンに2000年代半ばに登場。同都市が誇る最高のヒップホップ・アーティストと目されたクリオーロが、突如サンビスタとしてアルバムを発表した。ファヴェーラ出身の彼は、ラップと同じくらいサンバを幼少の頃から愛してやまず、ここでは長年の夢だったサンバ・アルバムを素晴らしい仲間たちと共に作りあげた。一切ラップは登場せず、クリオーロは …

続きを読む>

ALMIR SATER / 7 SINAIS

ギタリスト(ヴィオラ・カイピーラの名手であり)、セルタネージョのSSWにして地元では名の知れたTV俳優でもあるそう…。ギターと、時にアコーディオン、そして声しか聞こえないアルバムながら、長く聴くに値する09年作、再入荷です。 1 No Rastro Da Lua Cheia 3:22 Written By Almir Sater, Renato …

続きを読む>

V.A. / BRASIL, Le Chant Du Nordeste 1928-1950

ラジル北東部音楽の初期録音にスポットを当てた~2CD編集盤!ノルデスチの巨人ルイス・ゴンザーガに始まり、そしてジョアン・ペルナンブーコや、ルイス・アメリカーノなどなど、おしまいに、またルイス・ゴンザーガで終わる選曲となっています。とにかくSP時代からのバイオン~フォホー~マラカトゥが満載!前世紀前半の代表的名演集と言ってイイと思います。 1-1 Luiz G …

続きを読む>

JOAO BOSCO / MANO QUE ZUERA

MPBの人気アーティスト生誕70周年記念作! MPB系の歌手/ギタリスト/作曲家として知られるジョアン・ボスコ(1946年/ミナスジェライス州生まれ)のジョアン・ボスコの8年ぶりとなる新作。生誕70周年を記念した作品で、7弦ギターにはエンリッキ・カゼスの作品でお馴染みのマルセーロ・ゴンサルヴィスが参加。ギターと声のバランスの妙!年輪ですね、

続きを読む>

ZE RENATO, VICTOR BIGLIONE E LITTO NEBIA / PONTO DE ENCONTRO

ブラジルの人気ヴォーカル・グループ、ボカ・リヴリの一員としても活躍したゼー・ヘナート、アルゼンチン・ロックを切り開いてきたパイオニアの一人で、シンガー・ソングライター/鍵盤奏者のリト・ネビア、ブラフルで活躍するアルゼンチン出身のギタリスト、ビクトル・ビリオーネが共演した1992年リリースの良作。高く舞うヘナートの歌声で、ミナス派好きにもフィットする、トニーニ …

続きを読む>

CHICO LOBO ‎/ VIOLA DE MUTIRÃO, DO SERTÃO AO MUNDO

  5コース複弦のカイピーラ(=田舎の意)・ギター名手、ミナス在のシコ・ロボ 2016年の作。from セルタン to ザ・ワールド ということで、Renato Teixeira, Paulinho Pedra Azul, Maria Bethânia, Quinteto Violado, João Araújo とゲストも豪華、ですが、ゲスト無し …

続きを読む>

go top