QUARTETO EM CY / JANELAS ABERTAS

最高のコーラス・グループが39枚目の新作を発表! ブラジルにおいて最高の女性コーラス・グループといえば、このクァルテート・エン・シー。デビューから52年が経ちましたが、まだまだ現役バリバリで、なんと39枚目となる新作を発表してくれました。ここではマルコス・ヴァーリやジョビン、ジョイス、バーデン・パウエルなどが残したナンバーを取り上げ、絶妙なハーモニーで楽しま …

続きを読む>

FUNK COMO LE GUSTA / A NAVE-MAE SEGUE VIAGEM

98年の結成でビヂや、先日のブラジル・フェスで再来日を果たしたパウラ・リマ、そしてジャズ方面に進んだブルーベルらを輩出しているサンパウロの大所帯バンドが、ファンキ・コモ・ル・グスタ。元々はサンバ・ホッキ/サンバランソ・スタイルを基盤に、ブラック・ミュージック色濃いファンクを追求するというコンセプトで、5年に一度程度のゆったりしたペースで新作の発表を行ってまい …

続きを読む>

TUCO PELLEGRINO / NA CONTRAMAO DO PROGRESSO

ヴァイ・ヴァイなど名エスコーラがあり、アドニラン・バルボーザなどを輩出しているサンパウロを拠点に20年の間、正統派の小編成サンバを追求してきたシンガー・ソングライターのトゥコ・ペレグリーノのこれが2作目となるアルバム。リオの大御所モナルコが共作とゲストvoで参加。 ジョアン・カマレロ(7弦g)、ジュニオール・ピタ(g)、カルドーゾ(テナーg)、ルーカス・ナー …

続きを読む>

GRAVEOLA / CAMALEAO BORBOLETA

全盛期のMPB~トロピカリアの雰囲気を今に蘇らせたミナスのバンド!ぼくの大好きなブラジル新世代のバンド!—-ジャイルス・ピーターソン グラヴェオラはブラジル・ミナス州ベロ・オリゾンチにて2004年に結成された若手バンド。彼らが目指すのは、ブラジルらしいロック・サウンドの復興で、サンバをはじめブラジル各地に息づく伝統ダンス音楽を下地に、60~70年 …

続きを読む>

PEDRO MIRANDA / SAMBA ORIGINAL

まずは、演劇で表現活動に目覚め、テレーザ・クリスチーナのバック・バンド – グルーポ・セメンチのパンデイロ奏者としてや、ニウゼ・カルヴァーリョのサイドマンとして活躍し、3作目となるソロ・アルバムを発表したカリオカ、ペドロ・ミランダ。ペドロ・サー(g)、アルベルト・コンチネンチーノ(b)、ドメニコ・ランセロッチ(drs) というアドリアーナ・カルカ …

続きを読む>

EMICIDA / ABOUT KIDS, HIPS, NIGHTMARES & HOMEWORK…

ブラジリアン・ヒップホップの雄の最新作!!! クリオーロと並び、いまのブラジリアン・ヒップホップの頂点に立つ男エミシーダが、ワールド・デビューを果たしました。こちらはSterns Brasilからのリリースで、ヨーロッパでは初お披露目作品。エミシーダは20日間に及ぶアフリカ旅行で、アンゴーラやカーボ・ヴェルデなどを巡り、現地の音楽家とコラボレーションを行った …

続きを読む>

FERNANDA ABREU / AMOR GERAL

  現在のブラジルMPBシーンのカリスマのひとり、フェルナンダ・アブレウの新作が久々に登場。プロデュースはこれまで通りムタンチスのベーシストとして知られたリミーニャが担当。ロドリーゴ・カンペーロ、セルジオ・サントスのほか、なんとヒップホップ・レジェンドのひとりアフリカ・バンバータがゲスト参加したトラックも収録されています。

続きを読む>

LIVIA E ARTHUR NESTROVSKI / POS VOCE E EU

サンパウロで遂に実現した声とギター、父娘デュオ。”ユーカリ”の好ヴァージョンなどを収めたフレッヂ・フェヘイラ(eg)とのデュオ作でデビュー、アヒーゴ・バルナベー、ルイス・タチとのトリオ連名作を発表後、フルで参加したアルバムとしては3作目となるシンガー-リヴィア・ネストロフスキーのアルバムは、自らのコンポーズによる劇伴から交響オーケスト …

続きを読む>

VELHA GUARDA DA PORTELA / HOMENAGEM A PAULO DA PORTELA

 コミューナルなサンバと言えばこの人たち。ポルテーラの伝統の守護神たちが集まったヴェーリャ・グアルダ・ダ・ポルテーラによる、ポルテーラの創始者であり彼らの師匠でもあるパウロ・ダ・ポルテーラの作品集。  ほとんどの曲が、ポルテーラのコミュニティ内だけで40年間も大事に歌われてきた名曲。ポルテーラの長老たちは、それを優しく、温かい歌声で甦らせた。おじいさんたちの …

続きを読む>

WILSON MOREIRA / OKOLOFE

 現代サンバが生んだ最高の天才作曲家ウィルソン・モレイラが1989年に残した名作。ネイ・ロペスとのコンビで1970年代にはベッチ・カルヴァーリョ、クラーラ・ヌネスらに多くの名曲を提供し、アルチ・ネグラ(黒人芸術)と称する新しいエスコーラの中心人物でした。彼だけの個性である柔軟な感性を思う存分発揮し、サンバの多彩なルーツを1枚のアルバムに凝縮した、まさに現代ブ …

続きを読む>

CRISTINA / RESGATE

シコ・ブアルキ、そしてミウシャの妹でもあるクリスチーナは、伝統サンバを心から愛してしまった女性歌手。そんな彼女が敬愛してやまない裏山のサンビスタたちの隠れた名曲を、さわやかな歌声で楽しませてくれる1988年の名作。ヴェーリャ・グアルダ・ダ・ポルテーラをゲストに迎え、多彩なレパートリーを取り上げながら、伝統サンバに対する深い愛情を体一杯に表現する。その歌声には …

続きを読む>

Everson Moraes, Leonardo Miranda & Aquiles Moraes / IRINEU DE ALMEIDA E O OFICLEIDE, 100 ANOS DEPOIS

前回入荷時、アッという間に売り切れてしまいましたが、再入荷に1ヶ月以上かかってしまいました。お買い逃がしの方、お見逃しなく!>こちらで紹介されていました(無断リンク陳謝&感謝!)。>としまさんから早くに注文いただいていましたが、やっと入荷して来ました。遅くなり申し訳ございません!というわけで、”20年に1度級の、スゴいショーロ・アルバム&#822 …

続きを読む>

HUASKA / FIM

★ウアスカ/フィン 「この発想はなかった!?」で大ブレイクのHuaska! ボサノヴァとヘヴィメタルの融合はさらに深化した! 日系ブラジル人ラファエール・モロミザト(Vo)を中心に、2002年にサンパウロで結成。ボサノヴァやサンバといったブラジル音楽に、ヘヴィメタルを融合させるという、まさに水と油のような音楽性を逆手にとった斬新なサウンドがその大きな特徴のバ …

続きを読む>

CLARICE FALCAO / PROBLEMA MEU

ブラジル北東部の映画一家に生まれ、女優の仕事を全うする傍らで今時のアーチストらしく映像配信サイトなどを巧く利用しながら表舞台に出てきた女性S.S.W.のクラリッシ・ファルカォン。少女の私小説的世界観でフォーキーな佇まいだった1st「mono mania」から、殻を破って突き抜けた印象を覚える2nd「私の問題」が届きました。先日入荷してきた女性S.S.W.クラ …

続きを読む>

go top