ORDINARIUS / PARALELAS

以前に来日ツアーの経験もあり、映像プロジェクトを立ち上げるなど精力的な活動をみせる女性シンガー、ルイザ・サリスも在籍していたカリオカの男女混成アカペラ・グループ – オルヂナリウス。ショーロの雰囲気にこだわったアルバムだったり、前作ではカルメン・ミランダのレパートリーを再解釈したりと、アルバムごとに明確なコンセプトをうちたてて制作するグループの通 …

続きを読む>

EDUARDO GUDIN / VALÇAS, CHOROS E CANÇÕES

ギターやピアノといった生楽器の気品高い上質な響き、女性ヴォーカルとのコンビネーションで優れた作品を紡ぎあげるサンパウロのマエストロ、エドゥアルド・グヂン。日本でもそのメロウネスに多くのボサ・ノヴァ愛好者のハートを捉えてきました。 1973年のファースト・アルバム以来、通算18作目となる新作。サンパウロのコンポーザー、ギター奏者として他の追随を許さない気品とク …

続きを読む>

RITA PAYES, ELISABETH ROMA / IMAGINA

ボサ・ノーヴァ、ジャズ、フォルクローレ、カタロニアの子守唄… 母娘が共に慣れ親しんで来たお気に入りのナンバーを美しいデュオ演奏でカヴァー  カタルーニャ出身のヴァーカリスト/トロンボーン奏者リタ・パイエス、そしてギタリスト/音楽教師のエリサベト・ローマ。この作品は娘のリタが母エリサベトへの誕生日プレゼントとして、2人が慣れ親しんできた南欧〜南米のお気に入りナ …

続きを読む>

AFRIKKANITHA / AINDA SONHO

1974年アンゴラ生まれ、幼い頃から歌好きでしたが、1990年初めにはブラジルのセルジオ・リカルドやジョアン・オリヴェイラに出会い、ステージで歌ったということです。その後、様々なPOPアフリカ、R&Bやジャズ・ヴォーカルに親しみ、南アフリカでの音楽活動を経て渡仏、レイ・レマのバンドに専属、そして2007年にアフリカニータと名乗った初作 “Waza …

続きを読む>

OLIVIA BYINGTON

オリヴィア・バイントン10作目〜06年作のスペイン・リリース盤です。   1 Areias Do Leblon 3:48 2 Guarda A Minha Alma 3:46 3 Na Ponta Dos Pés 5:00 4 Balada Do Avesso 2:24 5 Por Dentro Das Canções 4:20 6 Mãe Quelé 4: …

続きを読む>

CLAUDETTE SOARES / CANTA MAYSA

伝説の女性歌手をピアノの伴奏だけで歌う! エルザ・ソアーレスと並んで現在のブラジルで活躍する超ベテラン女性歌手といえるのが、こちらのクラウデッチ・ソアーレスです。1937年生まれなので、今年でなんと83歳となる彼女がなんとも意欲的なライヴ作品を発表しました。本作は1977年に40歳の若さで亡くなってしまった伝説の女性歌手マイーザ(1936-77)のレパートリ …

続きを読む>

TOQUINHO / A ARTE DE VIVER

御大9年ぶりの新作! かつてヴィニシウスと共演作を多く残したギタリスト兼歌手トッキーニョ(1946 – )がなんと9年ぶりとなる新作をDeck Discからリリースすることになりました。今回作詞はパウロ・セーザル・ピニェイロが担当。さらにご存知マリア・ヒタや、ボサ・ノーヴァ系女性歌手カミーラ・ファウスチーノが参加した曲も収録されています。これは注 …

続きを読む>

VANILLE / AMAZONA

フランス、シャンソン系SSW、ジュリアン・クレールのお嬢さんだそうです。モンマルトル独り住まいのモラトリアム娘だったようですが、33歳にして、音楽の道に進むことを決意したそう。そのデビュー作は2016年、こちらは2019年の2作目ですから、36歳の作ですね。タイトル “アマゾナ” が象徴するように、ブラジル音楽に接近、ま、フランス語とボサ・タッチの相性の良さ …

続きを読む>

V.A. / TCHIC TCHIC, French Bossa Nova 1963-1974

★V.A. / チキ・チキ – フレンチ・ボサ・ノヴァ 1963-1974 1963年から74年に発表されたフレンチ・ボサのヴィンテージ・トラックを22曲集めた、珠玉のアンソロジー。 ● 1950年代後半、ブラジルでボサノヴァのムーヴメントがわき起こると、U.S.A.を始め世界にそのブームが広がりました。 ● そんな中、フランスとボサノヴァとの相 …

続きを読む>

V.A. / BRAZIL SAMBA, BOSSA AND BEYOND

★V.A./ブラジル ~ サンバ、ボッサ・アンド・ビヨンド 夏はやっぱりブラジル音楽!南はリオ・デ・ジャネイロから北はサルヴァドールまで。明るく清涼感にあふれたナンバーを一挙に紹介! 毎回ユニークなコンセプトと共に、世界中のさまざまな音楽をどなたにも分かりやすく紹介している米国のレーベルPUTUMAYO WORLD MUSIC。今回登場するのはブラジル音楽の …

続きを読む>

SIMONE GUIMARÃES, CARLOS DI JAGUARÃO / SINHÁ-VIDA

ブラジル国外にも引き合いの多くある女性MPBシンガー・ソングライターの好アイコン、シモーニ・ギマランイスが詩人/作詞家として名高いカルロス・ヂ・ジャグァラォンとのコラボレイトでアルバムを制作。全編を通して神秘的な浮遊感が漂い、マジカルで奇跡的な美しさを誇るコンポジション。そして生ピアノにチェンバー・ハーモニー、アレンジャーとして崇高なアンサンブルを編むボカ・ …

続きを読む>

ADAM DUNNING / THE RETURN

★アダム・ダニング『ザ・リターン』 優美さと洒脱さ、そして至福のリラックス・ムード……ジャジー&ボッサな極上ポップ職人アダム・ダニング、7年半ぶりの大傑作3rdが完成!チェット・ベイカーなどのジャズ・クルーナーから、マイケル・フランクス系AOR、カエターノ・ヴェローゾなどのブラジリアン・ファンまで虜にする洗練の音世界。リゾートムード溢れる“休日音楽”としても …

続きを読む>

CELSO FONSECA / TURNING POINT

☆セルソ・フォンセカ/ターニング・ポイント 転機を迎えたブラジルの最重要音楽家の新たなる試み! 名実ともにブラジルのいまを代表する音楽家セルソ・フォンセカが2015年の大ヒット作『Like Nice』以来となる新作を発表した。これまでのお洒落なボサ・ノーヴァ〜MPB路線はそのままに、よりアダルト・コンテンポラリーな方向性を強化したサウンドは、往年のファンの期 …

続きを読む>

EUGENIA MELO E CASTRO / CANTA VINICIUS DE MORAES

ポルトガル出身の女性歌手がヴィニシウスをトリビュート!  ポルトガル出身でブラジルをメインに活躍するベテラン女性歌手の新作は、ご存知ヴィニシウス・ジ・モラエスが関わった楽曲を取り上げた内容。注目は2曲でエグベルト・ジスモンチが参加しているほか、生前ジョビンが残した演奏をフィーチャーした「CANTA, CANTA MAIS」をレパートリにしている点。ボサ・ノー …

続きを読む>

go top