JOAO SABIA / JOAO

★ジョアン・サビア『ジョアン』 永遠の白日夢のような心地よさにとろけるメロウ・ボッサ~MPB大傑作! 前作『ノッサ・コパカバーナ』がヒットを記録したリオの男性シンガー・ソングライター、ジョアン・サビアの3年ぶり新作は、またしても至福の心地よさ! どこまでもドリーミーな浮遊感を描き出すエレピやギターに軽やかなブラジリアン・ビート、抜けのいい歌声と淡いコーラスが …

続きを読む>

V.A. / 21世紀ブラジル音楽

★Musica Brasileira no Seculo 21 中原仁監修・選曲。 ディスクガイド本「21世紀ブラジル音楽ガイド」連動コンピレーション! 現在進行形のブラジル音楽はこんなにも面白い! 先鋭的インディ・ロックから美麗SSW、ミナス産プログレッシヴ・ジャズにユニークなヒップホップまで…ブラジル音楽ファン以外も目からウロコ間違いなし! アッと驚くア …

続きを読む>

V.A. / ROOTS OF BOSSA NOVA 1948-1957

2008年は、ボサノーヴァ誕生50周年だそうですが、何だか特に内容的に目立った関連リリースも無い状況でしたが…、フランスからこんなオムニバス2CDが登場しました。~要するに “Chega De Saudade” のリリースから遡ること10年~ボサノーヴァ誕生へと向かったリオのシーンの様々な音楽的要因を、サンバやサンバ・カン …

続きを読む>

V.A. / LA GUITARE BRESILEIENNE CONTEMPORAINE

ありそうで無かったブラジリアン・ギターのオムニバス!デュオ&ソロ&弾き語りで、たっぷりショーロ、クラシカル系のブラジリアン・ギターを楽しんでいただける内容だと思います。音源はクアルップ・レーベル1977~2004年までの録音集で、エンリッキ・アニス、デュオ・アサド、ラファエル・ラベーロ、エロマール、ギルヴァン・ジ・オリヴェイラほか、通好みのギター職人達が並び …

続きを読む>

BETO SCALA

  ベト・スカラのRGE盤1976年作品初CD化! サンバをベースに繰り広げる メロディック&ファンキーなMPB〜 なんで今までCD化されなかったのか、 不思議なくらい。 1. Na Face e na Pena 2. Amor de Mulher 3. Tema de Samba 4. Me Fez Chorar 5. Deixa Sangrar …

続きを読む>

BERNARDO LOBO / CALMA

      エドゥの息子、ベルナルド・ロボの新作。ボサノーヴァ〜mpb風とも、実にリオらしい曲の並んだアコースティック作。〜edro Miranda, Jaques Morelenbaum, Luís Filipe de Lima, Humberto Araújo, Pablo Lapidusas e Miroca Paris …

続きを読む>

MARTINHO DA VILA / ALO VILA ISABEEEEL !!

  サンバの重鎮が新作を発表! 現在最高のサンビスタのひとり、マルチーニョ・ダ・ヴィラが、70年もの歴史を持つサンバチーム“イザベル”に捧げるアルバムを発表しました。二人の娘、マイーラ・フレイタスとマルチナーリアも参加。もちろんこれから行われるカーニヴァル(Especialカテゴリーで参加)に向けた内容です。 (サプライヤーインフォより) &nbs …

続きを読む>

PEDRO SANTOS / KRISHNANDA

ブラジリアン・サイケのギガレア盤としてあまりに名高い伝説の1枚がついに世界初CD化!! 日本限定紙ジャケット仕様! 強烈なジャケット同様、パーカッシヴな密林グルーヴとエクスペリメンタルなコラージュが溶け合った曼荼羅のごときサイケ世界が炸裂!オリジナルLP はあのアルトゥール・ヴェロカイにも匹敵するレア度を誇るブラジル音楽市場でも屈指の幻盤! タンバ・トリオの …

続きを読む>

BURNIER & CARTIER

70sブラジルを代表するメロウ&グルーヴィな大名盤が、長年の廃盤状態から遂に復刻!日本限定紙ジャケット仕様! これぞ待ちに待ったリイシュー! あのルイス・ボンファの甥にして、作曲家として数多くのブラジル大物アーティストに楽曲を提供してきたオクタヴィオ・ブルニエールとクラウヂオ・カルチエールによる作曲家デュオが、若き日の1974年に発表した伝説の大名盤1st! …

続きを読む>

CELIA

奇才アルトゥール・ヴェロカイが全編のアレンジを担当! 女性歌手セリアの激レア名盤が日本限定紙ジャケット仕様でついにCD復刻! ヴェロカイ本人のアルバムにも収録のサンプリング・クラシック「Na Boca do Sol」の別ヴァージョンがとにかくキラー!その他、ジョビンやマルコス・ヴァーリのカヴァーなど、全編でヴェロカイのマジカルなアレンジが冴え渡った伝説の1枚 …

続きを読む>

IVAN LINS & GILSON PERANZZETTA / CUMPLICIDADE

名コンビが連名で復活! 日本でも根強い人気を誇るイヴァン・リンス。そしてそのイヴァンのアレンジャーとしても知られたヴェテラン鍵盤奏者ジルソン・ペランゼッタが、ついに連名作を発表することになりました。ここで取り上げているのは、ふたりがタッグを組んでいた70年代の曲が中心で、当時のニュアンスを残しつつ、現代にアップデートされたサウンドが楽しめる模様です。>★ 1 …

続きを読む>

GILSON PERANZETTA / TRIBUTO A ORCAR PETERSON

ジャズ・ピアノの巨匠をトリビュート! 先にイヴァン・リンスとの連名で“CUMPLICIDADE”(FINA FLOR)を発表した鍵盤奏者のジルソン・ペランゼッタが、今度はソロ名義で新作を発表。タイトルからも分かるように、ここではジャズ界の巨匠オスカー・ピーターソン(1925-2007)をトリビュートした内容に仕上がっています。また「チコ・チコ」や「イパネマの …

続きを読む>

ARTHUR NOGUEIRA / REI NINGUEM

先進性の高いMPB作品!  ブラジル北部ベレーンの出身。ロックバンド“PROJETO CALEIDOSCOPIO”のメンバーで、ガル・コスタへの楽曲提供でも知られるアルトゥール・ノゲイラの4作目は、最近特に様々なジャンルで使われるようになったクラシックの弦楽器チェロに、シンセを加えたロック・サウンドがサウンドの核となったもの。先進性の高いMPB作品として注目 …

続きを読む>

go top