新入荷、再入荷品のリストです。
このページには全ジャンルのCD、新譜VINYL, BOOK DVD 等が情報掲載順に並んでいます。

DIOGAL / ROADSIDE

デビュー作『サンバ・アッラ』が日本でも紹介されている、1970年生まれのセネガル人シンガー・ソングライター、ジョガルによる2018年の5作目のアルバムです。独学で取得したという、自身の奏でるアコースティック・ギターと共に、ソフトで温かみのある歌声で紡がれるアフリカン・フォーキー。曲によりチェロや打楽器タマを絡めたり、エフェクト音を挿入したり、ベース&ドラムス …

続きを読む>

CUNCORDU E TENORE DE OROSEI / NOVAERA

サルデーニャの男声ポリフォニー5人組。カウンターテナーと喉声(ホーミー?)も使い、サルデーニャの聖歌と俗謡をアカペラで聞かせます。重低音部の野趣溢れる裸の和声が心に響きます。1曲ジャズ・トランペット奏者パオロ・フレス参加。さらに1曲、ジャズやクラシック、アヴァンギャルド界隈を行き来するチェリスト、エルンスト・レイスグルが参加。 1. VOCHE SERIA …

続きを読む>

KONSTANTINA PALLA / ONIRA

ギリシャ最大手レーベル、ミノスから期待の新人女性SSWがデビュー!と、言いたいところですが、本当のところちょっと違いますね。 最大手レーベルたるもの、こんなマイナーポエット? 渋いと言っても過言ではない若手女性SSWのデビュー作を出していいのか? とお尋ねしたい。いったいギリシャって、どーゆー国なんだ? ということですね…。 巷では “ギリシャ化 …

続きを読む>

NATASSA BOFILIOU / BELLE REVE, Live

ナターサ・ボフィリウの2枚組ライヴ・アルバムです。作曲はジェラシモス・エヴェンゲラートス&セミス・カーラモラティディスが作詞という、ナターサをバックアップする不動のコンビネーションから生まれた全28曲を歌い綴ります。ボーナス6曲は人気歌手が次々と登場するFM番組 ” Diesi In Concert” におけるスタジオ・ライヴ収録曲で …

続きを読む>

DOXA KAGIOULI / AGALIANA

ドクサ・カユーリ、ピアニストで女流作曲家のデビューCDですね(6曲収録のミニ・アルバムですが)。自ら歌っているのは3曲(うち1曲は男性ヴァシリス・ギザーキス〜ケルキラ島出身の男性歌手とのデュオです)。注目は>マーサ・フレンツィラ参加の1曲。当店的にはとても評価の高い女性歌手なのですが、全然最近音沙汰無し。こんなところで、出会えるとは!しかも素晴らしいトラッド …

続きを読む>

BANGALAFUMENGA / BARRACO DOURADO

ロドリーゴ・マラニョンのグループの2009年作がリイシュー!  マリア・リタやロベルタ・サー、ペドロ・ルイス、フェルナンダ・アブリウなどに作品を提供してきたリオ出身の音楽家ロドリーゴ・マラニョンが率いるグループがバンガラフメンガ。その彼らが2009年にUNIVERSAL BRASILから発表した作品が、今度はSOM LIVREからリイシューされました。ここで …

続きを読む>

LOS ALEGRES DEL PERU / SUPER HUAYNOS

このグループの詳細は不明ですが、ペルーのアンデス音楽ウァイノのアンサンブル=ブラスとヴァイオリン、パーカッション、歌(コーラス)を安物のシンセ・サウンドに置き換えたピコ・ピコ・ウァイノ(造語です)をたっぷり聞かせてくれる謎のグループです。 して、そのサウンドはというと、今まで聞いたことが有るような無いような、不思議な雰囲気に仕上がっています。今DJやクラブ音 …

続きを読む>

FELIX CASAVERDE / SOMOS ADU

MUSICAペルーのアフロ/クリオージョ系音楽を代表するギタリストで、チャブーカ・グランダやスサーナ・バカらの伴奏を務めてきた名手フェリックス・カサベルデのアルバムです。 名作の”MEMORIAS DE… GUITARRA NEGRA”と本作しか、このフェリックス・カサベルデ関連は現時点で入手できません。今作では言うまでも …

続きを読む>

FELIX CASAVERDE / MEMORIAS DE…GUITARRA NEGRA

こんな顔ですが(失礼!)実にセンスのいい音楽を奏でるペルーのギタリスト、フェリクス・カサベルデのアルバムです。 このフェリクス・カサベルデは、ペルーのギタリストのなかでも現代の巨匠といわれる人で、チャブーカ・グランダ、ペルー・ネグロ、タニア・リベルタ、エバ・アイヨン、スサーナ・バカといったペルーの大物歌手やパブロ・ミラネース、シルビオ・ロドリーゲス、ノエル・ …

続きを読む>

LIO / CANTA CAYMMI

>★ バイーアの重鎮、ドリヴァル・カイーミの名曲群を、あの80年代フレンチPOPシーンに登場して一世を風靡した女性歌手(1962年ポルトガル生まれ、その後ベルギーで生まれ育った)リオがカヴァーした新作。もちろん、ポル生まれなので、ポル語も不自然じゃないんでしょうね。ギターを弾いているのはジャック・デュヴァル、ということで、一世を風靡していた頃のリオをプロデュ …

続きを読む>

LOS COMPADRES / 25 EXITOS DE COLLECION

2度の来日を通して日本のラテン・ファンにもお馴染みのデュオ、ロス・コンパドレスのヒット曲25曲を収めたお得盤です。ブエナ・ビスタのコンパイ・セグンドが有名ですが彼が脱退以降でビエハ・トローバ・サンティアゲーラのレイナルドとマリーア・テレーサ・ベラの相方としても有名なそのお兄さんロレンソの黄金の歴代キューバを代表するデュオ・グループです。個人的にはこの時期の方 …

続きを読む>

V.A. / HUAYNO VOL.1

中南米アンデス地方で広く親しまれているフォルクローレ音楽ワイノ。ペルーもその中心地の一つです。本コンピレーションは、その現地仕様のワイノばかりを集めた好コンピ盤です。 普通フォルクローレというと、ケーナ、チャランゴ、シークなどのアンサンブルを思い浮かべますが、現地では、様々なスタイルがあり、そのあたりの多様性(それでもあくまで一部ですが)を知るのにももってこ …

続きを読む>

v.a. / LAS BAILADITAS MAS TONERAS

●最近、急速に注目を浴び始めた、南米ペルーやコロンビアのトロピカル系サウンド。本場といえるカリブのサウンドに比べ、アゲアゲなパーティー・サウンドからトロトロの甘~いロマンチックこの上ないサウンドまで、ベタなラテン色たっぷりなのが、南米のトロピカル系サウンドの特徴です。 ●本アルバムは、そんなサウンドを象徴するバンドの最新の録音ばかりを集めた、入門にピッタリな …

続きを読む>

go top