GORAN BREGOVIC / 3 LETTERS FROM SARAJEVO

ボスニア・ヘルツェゴヴィナを代表する作曲家、プロデューサー、ゴラン・ブレゴヴィッチが故郷の町サラエヴォと、そこに息づく3つの宗教、イスラーム教、キリスト教、ユダヤ教をテーマにした2017年最新作。 イスラエルからチュニジア系女性歌手Riff cohenとLGBT系男性歌手Asaf Avidan、パリからはラシッド・タハ(2曲!)、スペインのBebeら、3つの …

続きを読む>

AZIS / GADNA PORODA

真摯なワールドミュージックのファンからは毛嫌いされながらも、一部では中毒者が続出し、当店にも取扱のリクエストが秘かに殺到していたブルガリアのロマ系LGBT歌手アジスがついに限定入荷しました! トルコのポップやバルカンのロマ音楽からの影響が強いブルガリアのロマ系ポップ音楽「チャルガ」を代表する歌手であり、LGBTの最前線を押し進める革新者、さらにブルガリアが世 …

続きを読む>

TARAF DE HAIDOUKS / OF LOVERS, GAMBLERS AND PARACHUTE SKIRTS

★タラフ・ドゥ・ハイドゥークス 『恋人たち、博打打ちとパラシュート・スカート』 デビュー以来25年に渡りジプシー音楽の頂点に君臨する、ルーマニアの ジプシー義賊楽団こと、タラフ・ドゥ・ハイドゥークス。4年ぶりの新作は、初期のスタイルに立ち戻り、ジプシーの伝統と誇りを強く感じさせる力作!〜結成されて25年。この間、本物のジプシー・スターとして世界中を駆け巡り、 …

続きを読む>

TCHA LIMBERGER’S BUDAPEST GYPSY ORCHESTRA / BLACK NIGHT, PLEASE FALL OVER THE WORLD

英人プロデューサー、デイヴ・ケルビー(Evan Christopher, Fapy Lafertin…)に見いだされたベルギー 生れのマヌーシュ・ヴァイオリニスト、チャ・ランベルジェ。家族の系譜たるマヌーシュ・スウィング のヴィルツオーゾであることに飽き足らず、そのルーツである東欧ツィガーヌの音楽に飛び込んで行く。 ハンガリー滞在1年半で、ツィガ …

続きを読む>

CACI VORBA / SATRIKA

ジプシー音楽シーンの今を担う若手実力派楽団が久々の新譜リリース! 2010年に『ジプシー、バルカン&カルパティアン』(ライス)で鮮烈に登場したポーランド出身のジプシー音楽/フォーク・ミュージック楽団、チャチー・ヴォルバがこれまで以上にスケールが大きくなって帰ってきた。メンバー・チェンジを経て4年の歳月を費やし制作されたこの三作目では、ルーマニアの伝承歌から、 …

続きを読む>

FAITH I BRANKO / GYPSY LOVER

英アコーディオン奏者とセルビア人ヴァイオリン奏者の ジプシー・スウィング夫婦デュオが世界デビュー! バルカン半島の国セルビアで話題になっている夫婦デュオがフェイス&ブランコ。イギリスで生まれ育ったアコーディオン奏者のフェイスは、セルビアの地でヴァイオリン奏者のブランコと出会った。ブランコは演奏で生計を立ててきた、生粋のロマ・ミュージシャン。文化の違いを越えて …

続きを読む>

BARCELONA GIPSY KLEZMER ORCHESTRA / BALKAN REUNION

バルセロナ発多国籍バンド、BGKO(バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オーケストラ)。グループ名にあるとおり、ジプシー音楽やクレズマーを核に、セルビア、イタリア、フランス、ギリシャ、スペインなどからなるメンバーの出自と、バルセロナという開かれた場の特性も背景とする音楽性で、2013年のファースト作『インバルカ』が話題を呼びました。本作は15年のセカンド作。『 …

続きを読む>

L’ATTIRAIL / MUSIQUES DES PREFECTURES AUTONOMES

ヤン・ティルセンやゴラン・ブレゴヴィッチ好きにもお薦め出来そうなこの L’ATTIRAIL(ラティライユ)〜旧東欧圏のロマ音楽の感化色濃い映像的なインストゥルメンタルを得意とするユニット ”ラティライユ”。1996年の1st、幻のストック〜在庫あります! 生ギターとアコーディオンを中心に、ミュゼット、ワルツ、ブルーズ、ジプシー・ブラス、バルカンの …

続きを読む>

DJANGO FESTIVAL ALLSTARS / LIVE AT BIRDLAND

NYで14年間続いているジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルの2012年のライヴ盤全15曲収録。マヌーシュスウィングの名門家族シュミット家の、日本でもおなじみのドラド・シュミット、サムソン・シュミットを中心とした11人編成のオールスター楽団。新世代ブロンソン・シュミット、アマーティ・シュミットも参加。 TRACK LIST Swing Gitan (tra …

続きを読む>

FERUS MUSTAFOV & ESMA REDZEPOVA / LEGENDS OF GYPSY MUSIC FROM MACEDONIA

08年リリース・アルバムですが、ジャケの色が変わって再プレスです。マケドニアのジプシー・クィーン、エスマ・レジェポーヴァ&マケドニアン・サックスの帝王、フェルース・ムスタフォの共演新録アルバムが登場!互いの存在感が相乗効果!?UK・ARCレーベル、いつもながらの淡々とした現地録音ですが、コンセプト無しならではの凄みも感じられる作となりました!というか、普段着 …

続きを読む>

BARCELONA GIPSY KLEZMER ORCHESTRA / IMBARCA

バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オルケストラ、カタルーニャのリード女性歌手 / インド系セルビア人でクラリネット&バスクラ奏者 (リーダー)/ イタリアのアコーディオン奏者 / フランス人ギタリスト / セルビア人コントラバス / ギリシャ人ダルブッカ奏者 / ドイツ人ヴァイオリン奏者〜というわけで、これがデビュー作ということですが、なんてストレートなグル …

続きを読む>

TARAF DE HAIDOUKS / DUMBALA DUMBA

☆タラフ・ドゥ・ハイドゥークス3rd『ドゥンバラ・ドゥンバ』   前作から4年ぶりにリリースされた3rdは、タラフ・サウンドの深化を聴かせてくれる。老練組と若手組の要素が絶妙に解け合った、完成度の高いアンサンブル。現在のタラフはこのときとほぼ同じメンバーで活動している。

続きを読む>

TARAF DE HAIDOUKS / THE DVD

タラフ・ドゥ・ハイドゥークス「タラフの果てしなき冒険」 世界中を劇的に疾走した最強最高のルーマニアン・ジプシー・バンド、タラフの魅力を可能なかぎり詰め込んだ決定版! 曲目リスト ●DVD 1. ライヴ・アット・ユニオン・チャペル(58分) 2002年 英ロンドン、ユニオン・チャペルで行われたタラフの白熱のコンサートを収録。故ニコラエの最後の映像、ジョニー・デ …

続きを読む>

KAL / ROMOLOGY, ROCK’N’ROMA

ベオグラードの人気バンド、KAL〜2006年に結成以来これまでに400回を超えるライヴをヨーロッパ中で繰り広げてきたそうですが、ロッキンロマを標榜しつつ(ロマスティディの方がピッタリじゃないかと…)、サービス精神満点、気取ってません、アリだと思います。  

続きを読む>

ESMA / MON HISTOIRE

☆エスマの自叙伝 2001年には来日も果し、そのド迫力の存在と声を披露した“ジプシーの女王”ことエスマ。ヨーロッパ最大のロマ・コミュニティ=マケドニアのスコピエ出身で、幼少時よりシンガー、ダンサー、女優としての才能を開花させ、10代で海外公演なども経験、主演映画も多く作られ着実にスターとしてのキャリアを積み、以来600曲以上の録音と1万本以上のライヴを行って …

続きを読む>

go top