NTO DIESI ‎/ DE FOVAMAI TO AVRIO

最近、ギリシャ、旧譜ばっかり漁っていたので(それもレベーティカっぽいものばかり)、見逃していましたよ。去年の佳作、新たに組まれた男女デュオ、ド・ディエシの初作、歌手で女流作詞家、ペニー・ラマダニと、ギタリストで作曲家、ディミトリ・ニティスという二人のアルバムです。 で、まず、ペニー・ラマダニ!なんともイイ雰囲気の女性歌手じゃないですか(99年結成、17年まで …

続きを読む>

DEMY / RETRO SPECTIVE

    1 Αν Θυμηθείς Το Όνειρό Μου 2 Μια Αγάπη Για Το Καλοκαίρι 3 Μυρτιά 4 Μη Μιλάς Άλλο Γι’ Αγάπη 5 Να Με Θυμάσαι Και Να Μ΄ Αγαπάς 6 The Honeymoon Song

続きを読む>

ANNA VISSI / HELIOTROPIA

アンナ・ヴィッシといえば、いわゆるライカとPOPの橋渡し、としての “モダンライカ” (この言葉、最近あまり聞かなくなってしまいましたが)の立役者、1977年にハタチでデビューしたギリシャの人気女性歌手、こんなヴェテランな表情になってしまったわけですね。ただし当店的には結局、POPかライカ、どっちつかずな感じがオススメしずらいということはありました、が、歌に …

続きを読む>

ELENI TSALIGOPOULOU / KATHE TELOS KI ARHI

タイトル “Every End and Beginning” すべてのおわりとはじまり〜すべての曲が長きに渡りエレーニの音楽的隣人だったコスタス・リヴァダスによる書き下ろし(2曲の歌詞をのぞいて)、ゲストにはヤニス・コツィラス、スタマティ・コラウナキ〜二人とデュエットを取っています。トラッドな風合い、ライカ的なメロを活かしながらも、P …

続きを読む>

LES AU REVOIR / RETRO CLOCK

テッサロニキの男女トリオ “ザ・サヨナラ” の初作ですね!タイトルは 『古時計』とでも、ボサ、スィング、ラウンジー、ラテン等、オールドタイミーな曲想に、ナイスなギリシャ語女声がよく映えています。ひとひねりあるアレンジが古さと新鮮さを同時に伝えてムード満点、こーゆーのかかっている飲み屋さんに行きたいものですねえ…、 1 Θα Ξανάρθεις 2 …

続きを読む>

V.A. / RITHMOS IN LOVE 2017

2010年代、最も売れ行きを伸ばしているギリシャのレーベル、 HEAVEN から例年リリースされるヒット・コンピレーション2017年版〜今のギリシャ・メインストリームがどんな感じだか、これを聴けばわかろうというもの。ギリシャではCD店はもちろん書店やキオスクでも売っている人気シリーズみたいです。 1.Fovame gia sena / Vertis Niko …

続きを読む>

PAULINA VOULGARAKIS / LABYRINTHS

再プレス?向かって右のジャケに変わって再入荷しました!1990年生まれのSSW、パウリーナ・ブルガラキス、2014年のデビュー・アルバムです。そのジャケのポートレイト、クールビューティーぶりに惹かれての入荷。一昨年から去年にかけてギリシャでヒット、大きな話題を呼んだアルバムとのことだったので…。 で、ほとんどの曲が自作自演、ゲストはグリークロック …

続きを読む>

ELENI HATZIDOU

デスピナ・ヴァンディのフォロワーって感じでしょうか?テッサロニキ生まれ、5歳の時、アレクサンドルに移り、その後、アリストテレス大学に入学し、再びテッサロニキへ〜社会学&神学を修めたそうですが、父親の家系はレべーティカ系音楽一家だったそうで、このエレーニ嬢も音楽の夢抑えきれず、2012年デビューシングルをヒットさせました(デビューを後押ししたのは、今年2016 …

続きを読む>

DESPINA VANDI / AVTI INE I DIAFORA MAS

ドイツでギリシャ系の一家に生まれ、5歳でギリシャに帰還、後年、大御所ヤニス・パリオスらに見いだされて音楽の道に進んだというデスピナ・ヴァンディ。現在のギリシャにおけるトップスターの一人。最新ポップからライカまで歌いこなす実力派なれど、ちょっと大味なところもありましたが、この2016年作、POPライカとして、うまくまとまっています。

続きを読む>

RALLIA HRISTIDOU ‎/ ETOIMI

もう何年も新譜なしと思っていたら、いつの間にかギリシャ左派連合の国会議員となってしまったラリア・フリツィドゥの2009年4作目です。先般偶然 youtube で拝見した議会での発言光景は、けっこう迫力があるのでした。 それはともかく、いかにも00年代らしい、そこはかとないトラッド感覚を隠し味に展開する、ちょうどイイ感じのグリーク・フォーキーPOP&ROCKだ …

続きを読む>

go top