KAROLINA / MAKEDONSKO DEVOJČE 2

当店では、それなりに好評を博しているマケドニアの女性歌手、カロリーナ・ゴチェヴァの>2019年新作ですが、>こちら “AFTER YOU” で bunboni さんにある意味、酷評を受けてしまったのでした(無断リンク陳謝!)。が、bunboni さんは嫌い嫌いなものは無視する方ですから、文句を言いつつ、ひっかっかる部分もあったんじゃな …

続きを読む>

KAROLINA / IZVOR

旧ユーゴ、現”北マケドニア”の人気女性歌手、カロリーナ・ゴチェヴァの2019年新作です。先だって、>こちらが初入荷、即売り切れを繰り返し、静かに評判を呼んでいる女性歌手ですが、いかにも洋の東西の交差点、マケドニアらしい歌謡性と、1980年生まれという世代からでしょうか、ジャズや欧米POPの発声も感じさせもする歌です(「サンバを歌うマリ …

続きを読む>

HAVVA KARAKAS / BALKAN HAVASI

ここ数年のこと、70年代半ばに旧ユーゴで封切られたインド映画のユーゴ版吹き替え主題歌として世に出て以降、さまざままなかたちで歌われて来た”Ramo Ramo”という曲が気になってしまい、いろいろ探し回っているうちに巡り合ったCDの一つがこちら。 トルコに住まうマケドニア系移民(帰還移民)を両親とする、イズミール育ちの女性歌手、ハッヴァ …

続きを読む>

ESMA / ZOSTO SI ME MAJKO RODILA, ROMANO HORO

ジャケも素晴らしい! マケドニア(旧ユーゴ)のジプシー・クィーン、 もとい、スコピエの都はるみ!? エスマの若き日々、1960年代の Jugoton レーベル・シングル録音 2CDコレクション! 再入荷です。 やっぱりマケドニア、この歌謡性がいいんですよねえ! >こちらでも紹介されています(陳謝&感謝!) 11歳からスコピエ地元のロマの歌舞団で歌い始めたとい …

続きを読む>

KAROLINA / MAKEDONSKO DEVOJČE

マケドニアのマケドニアの民謡を素材に生み出された曲群を、現地を代表する人気女性歌手、カロリーナ・ゴチェヴァが歌った2008年の作です。タイトルは『マケドニアの少女たち』〜カロリーナ自身、人生に失望したすべての女性、多くのことを諦めなくてはならない女性たちのために歌った、と発言しています(人生に失望した男のためにも歌ってほしいものですが…)。それに …

続きを読む>

LUBOYNA / BRASS FANTASY

こちらがルボイナ4作目(2011年にライヴ・アルバムがあります)、で、この作ではファースト&セカンドの段階では参加していなかったベース奏者のオリヴァー・ジョシフォフスキーが、プロデュース兼作曲兼アレンジをつとめていて、ここから今に繋がるルボイナのかたちが整うことになります。タイトルどおり、ブラスに焦点を当てた作となりますが、単なるバルカン・ブラス・アルバムで …

続きを読む>

LUBOYNA / PESNA ZA MOJATA PESNA

高くてスミマセン!いずれ、 もう少し安く入れられると思いますが… こちらがマケドニアのルボイナ、 09年のセカンド・アルバムとなるわけですね、 残念ながら、08年のファーストは当方も未聴。 〜ジャズ・マナーの生音アンサンブルに近東 +ロマっぽいリズムが絡んで、 スラブ+ルメリア風メロディーを辿る涼やかに 哀感こもる女声を、際立たせています。素晴ら …

続きを読む>

MUHAREM SERBEZOVSKI

現・北マケドニアのロア系男性歌手、旧ユーゴで大ヒットしたロマ・ソング “Ramo Ramo” をマケドニアでヒットさせた歌手ですね! 1 Hatidze 3:06 2 Dodji u godini jedan dan 3:20 3 Ciganin sam i umem da volim 3:43 4 Esmeralda 3:28 5 …

続きを読む>

LUBOYNA & ISMAIL LUMANOVSKI / SHERBET LUBOYNA

大変、お待たせしました! 全然関係ないですけど、昔ビートルズの「ヘイ・ジュード」を聴いたとき、イイけど長い曲だなあと思ったものですが、このマケドニアのグループ、ルボイナ 2015年作の冒頭曲〜 “IZLEGU DA SE RASHETA” リンクの YOUTUBE ヴィデオ・クリップでは 4分半ぐらいですが、CD 収録のオリジナルは9 …

続きを読む>

ESMA REDZEPOVA / GYPSY CARPET

追悼 エスマ 希代の魂の歌を聴かせた〈ジプシーの女王〉 迫力の歌声でロマ/ジプシーの音楽を世界に広めた〈ジプシーの女王〉ことエスマ。2016年12月の彼女の訃報には世界中のファンがショックを受けた。ヨーロッパ最大のロマ・コミュニティのあるマケドニアの首都スコピエ出身の彼女は、50年以上に及ぶキャリアを通して、世界中のロマの同胞達、音楽ファンに愛されてきた。追 …

続きを読む>

FERUS MUSTAFOV & ESMA REDZEPOVA / LEGENDS OF GYPSY MUSIC FROM MACEDONIA

08年リリース・アルバムですが、ジャケの色が変わって再プレスです。マケドニアのジプシー・クィーン、エスマ・レジェポーヴァ&マケドニアン・サックスの帝王、フェルース・ムスタフォの共演新録アルバムが登場!互いの存在感が相乗効果!?UK・ARCレーベル、いつもながらの淡々とした現地録音ですが、コンセプト無しならではの凄みも感じられる作となりました!というか、普段着 …

続きを読む>

AYDE MORI (Muammer Ketencoglu, Brenna MacCrimmon, Sumru Agiryuruyen, Cevdet Erek )

久々の再入荷です!トルコKalan制作人気CD~ “アイデ・モリ” の01年作です。このユニット、実はミュージック・ラフ・ガイドの “バルカン” 編にも収められ、既に欧州では評価されているみたいですが、なるほど面白い。もともとギリシャ音楽に傾倒していたイズミール出身のアコーディオン奏者が、exババズーラの女性ヴォーカル、ブレンナ・マクリモン含む二人の女性歌手 …

続きを読む>

KOCANI ORKESTER feat. Naat Veliov / GYPSY MAMBO

1999年にマケドニア録音トルコ盤CD / セカンドアルバムです! ここでもダフマン・エル・ハラシの “Ya Rayah” が、 カヴァーされています! *Accordion – Vinko Stefanov *Clarinet [Session Musician] – Bilkan Latifov *Composed By, Arr …

続きを読む>

KOCANI ORKESTAR / THE RAVISHED BRIDE

マケドニアを代表するコチャニ・オーケスター、なんと6年ぶりの新録アルバムが登場です!東欧+アラブ+オリエントのミクスチャー感覚溢れる、変幻自在の妖艶なジプシー・ブラス・サウンド!聴くほどにスルメのようにクセになる、味わい深いアルバムが完成しました!

続きを読む>

KOCANI ORKESTER / ALONE AT MY WEDDING

☆コチャニ・オーケスター「ジプシー・ブラス・ウェディング」 マケドニア/ジプシー・ブラス! 一度はまると抜けられない強烈なエスニックの香り!くねくねメロディが頭にこびりつく、悩殺ジプシーブラス!!マケドニアからジプシー・ブラス・バンドの名盤が登場! 1. Siki, siki baba 2. Oi bori sujie 3. Cudna zena 4. Mi …

続きを読む>

go top