LUTAN FYAH / LIFE OF A KING

  ジャマイカのルータン・ファイア、2013年アルバム 〜the Rastafari movement Bobo Shanti のメンバーであり、 今もって続くラスタ・カルチャー系ムーブメントの中でも、 根強い人気を保ち支持されるアーティストです。

続きを読む>

EMELINE MICHEL / GRATITUDE, LIVE IN PARIS

ハイチ、シャンソン・クレオールのディーヴァ、エムリーヌ・ミッシェルの 2014 年 11 月、パリ、トリ トンでのライヴ録音。ティエリー・ファンファン(cb)をバンドマスターとするクアルテット(cb+dms+ 2 x g) のバッキング。 1曲でジェームス・ジェルマン(vo)とデュエット。日本のファンにもおなじみの “Flanm”も素 …

続きを読む>

K-REEN / RACINE K’RAIB

K-Reen(カリーンと読む。ケイリンではない)はギュイアンヌ(仏領ギアナ)生れのラップ/ヒップホップ/R&B/ ズーク&B 系の自作自演歌手で、90 年代から MC ソラール、プランセス・エリカ、ロクア・カンザなどの バックコーラスでデビュー。98 年リュック・ベッソン映画「タクシー」のサントラ(“Tu me plais&#82 …

続きを読む>

CHOUK BWA LIBETE / SE NOU KI LA!

ハイチで”Mizik Rasin”(ミジク・ラシン)と呼ばれるルーツミュージック、ヴードゥーに特徴的な打楽器+ダンス+歌のアンサンブル。ヴードゥーの霊地ゴナイヴェ地方の若者7人による奴隷の悲嘆と怨念とアフリカ(ギニア)回帰を陶酔のリズムとダンスで。シューク・ブワ・リベテの現地録音の熱い霊気。ブークマン・エクス ペリエンスのルーツ版とい …

続きを読む>

MIZIKOPEYI / JAZZ CREOLE

ゴージャスかつエレガント!マルチニックの若大将トニー・シャスール率いるビッグ・バンドが繰り広げるフレンチ・カリビアン・マジック!MIZIKOPEYI(ミジックオペイ〜「故郷からの音楽」という意味) の新譜か!?と思ったら、コレまでリリースされている2作のアルバムからのベスト・セレクションに加え、13・14年の新録3曲(うち1曲 with マヌ・ディバンゴ!) …

続きを読む>

RONALD TULLE / RAISING

ロナルド・テュル〜マルチニック音楽シーンで活躍してきたディレクターにしてアレンジャー、そしてピアニスト兼作曲家として、ジョセリン・ベロアール、カッサヴ、タニア・サンヴァルをバックアップした大ヴェテランですね。そして古くはペルフェクタのリーダーとしても知られているでしょう。ここでは、ピアニストとして、クレオール・ジャズ&カリビアン・ファンクに特化したタイトなプ …

続きを読む>

V.A. / TENDANCE ZOUK VOL.1

Aztec Musique による 2015 年現在トレンド傾向にあるズークのコンピレーション CD+DVD。 アドミラル T、ネスリー、スティーヴィー・マイ、T ミッキー&ワイクリフ・ジャン等々ハイチ勢も!〜DVDはクリップ集(〜真夏気分満載の昔ながらの映像もありますが、いまやイロイロ、ヒップ、ダーク or シルキーな雰囲気も)。昔はどこを切っても …

続きを読む>

RONY THEOPHILE / COULEURS KREYON

グアドループ島のカルナヴァル(これを vaval と言う)の頃になると出て来る優男シンガー兼ダンサー&振付師、ロニー・テオフィル14年末の新作です。若い頃は色男で売ってましたけど、すっかり中高年の領域に入って、味のある魅惑クルーナーに。今回は多彩なヴァヴァル&ビギンのレパートリー、そしてズークを飛び越えて先祖返り?往年のカダンス復活っぽいエレクトロ・ …

続きを読む>

Alexandre STELLIO / PARIS-BIGUINE, INTEGRALE CHRONOGIQUE 1929-1931

  ☆アレクサンドル・ステリオ / パリ・ビギン 1929-1931 1930年代、ビギンの黄金時代に最高の人気と実力を誇ったクラリネット奏者。強烈な個性に彩られた。アレクサンドル・ステリオの処女録音から初期の傑作をまとめて40曲。強烈にスウィングするリズム、野性味溢れるステリオのクラリネット、自由奔放なビギンのエッセンスがたっぷり詰まっています。 …

続きを読む>

MIZIKOPEYI / LIVE

ミュージック・マガジン2015年ベスト・アルバム / ラテン部門2位〜再入荷しました! トニー・シャスールご来店!というわけで、実にナイスガイでした。〜今回はお子さん&奥さま連れ、家族サービスの東京観光だったそーですが、来日公演にも前向き、オルターポップ海老原さんとの密談もあった?よーでした。実現を期待したいところ。関係者の皆さん、よろしく、お願いします(で …

続きを読む>

JUAN LUIS GUERRA / TODO TIENE SU AHORA

トロピカル・ラテンのお馴染みヒットメイカー、 フアン・ルイス・ゲーラによる、 2010年の『ア・ソン・デ・ゲーラ』以来 4年ぶりとなるオリジナル・アルバム! >レスリー・グレースに影響されたか、のような、 オールディーズ風もOK!

続きを読む>

V.A. / 90° DEGREES OF SHADE, Hot Jump-up Islands from the Caribbean

>こちらの同タイトル写真集をペラペラめくりながら聴くのに最適!ということでしょうか?主に20世紀半ば頃のカリブ海各地から集められたダンサブルなメントやカリプソ、グンベイやメレンゲ、マンボやグァラーチャ、コンパ・ジレクト、ラテン・ジャズやタンボリートなどなど、2CD全32曲!気が効いていると言うべきでしょうね、なるほど、カリビアンムード満載の曲の並びです!加え …

続きを読む>

SOUL JAZZ RECORDS presents / 90° DEGREES OF SHADE

☆ Over 100 Years of Photography in the Caribbean, Image and Identity in the West Indies 〜というわけで、大判写真集です。カリブ海の人の営みを写した100年間の写真を並べただけ、特にストーリーも解釈もなく、ただアトランダムに写真を並べただけの大判写真集です。それでもってUK …

続きを読む>

MAX RANSAY / COEUR D’UN HOMME

“ヴォイス・オヴ・マルチニック” マックス・ランセイ(1942-2003)!カリの叔父としても有名です。なので、本1995年作もカリのアレンジメント&プロデュースで成った作ですね(まさか、もう入荷しないだろうと思いながらオーダーしたら、ちゃんと入って来ましたよ、びっくり)!ま、時代が時代なので、冒頭はややズーク / カリプソ調だったり、“ビギン・ラガ” なん …

続きを読む>

go top