PANORAMA STEEL ORCHESTRA / WE ARE THE ONE

唯一無二のスティール・パン楽団復活! 5年ぶりとなる新作は、生きる喜びそしてハピネスなハーモニー溢れるサウンドで一杯! ウタ心溢れるメロディーにジャンプするリズム!これは傑作です。 第一回スティールパン世界大会に出場決定記念。 ▲日本を代表するスティール・パン奏者、作曲家、編曲家である原田芳宏率いる総勢三十数名PANORAMA STEEL ORCHESTRA …

続きを読む>

DJAKOUT #1 / LOD NAN DEZOD

      2010年結成〜以来ハイチ&フロリダでヒット曲を連発〜 タブーコンボから二人のゲストが参加、ということで、 コンパらしさをきっちりキープしていながら新しい!

続きを読む>

MOUNE DE RIVEL / LA GRANDE DAME DE LA CHANSON CREOLE

フレンチカリブのビリー・ホリデイ??ムーヌ・ド・リヴェル(1918-2014)、グアドループ島出身の歌手、女優、ピアニスト、ギタリスト、画家。シャンソン・クレオールを代表するディーヴァの1949年から62年までのクロノロジカルな全録音3CDとなります。以前、>こちらで、72歳の時のパリ録音がリリースされましたが、やはり若いころの瑞々しい歌声は格別です。フラン …

続きを読む>

V.A. / A GUIDE TO HAITIAN MUSIC -ハイチ音楽入門

カリブ音楽の鍵を握るハイチの音楽 その複雑な歴史を簡潔にまとめた作品 とうようさん曰く、「ハイチこそカリブ黒人音楽の中心地」。実際にハイチを訪れた際にその黒人のパーセンテージの高さは圧倒的、と感じられたそうです。またその地の音楽の面白さは「よくわからない」ところとも仰っており、資料やレコードが少ないながらも聴くものの想像をかき立てる魅力に溢れています。本作で …

続きを読む>

V.A. / A GUIDE TO PUERTO RICAN MUSIC -プエルト・リコ音楽入門

カリビアン・ミュージックの鍵を握るプエルト・リコの味わい深い音楽! スペイン語で「リッチな港」を指す国名をもったカリブ海に浮かぶ島、プエルト・リコ。かつてスペインの支配下にあり、黒人奴隷がやってきたことから、スペインとアフリカの両方の要素がその文化に反映されてきました。またキューバからダンサやボレーロといった大衆音楽が流入してきましたが、キューバにおけるそれ …

続きを読む>

MUIELLE FLERIAG / TOLOMAN

1968年生まれ、仏領ギアナのズークラヴ・シンガーということに。1994年にアルバムデビュー、こちらが4作目だそう。でも、長らく仏領ギアナのピアノバーで歌っているそうですから、ズークラヴ専門というわけでもないでしょうね。本作にもそこはかとないジャジーな味わいが漂うし、何となく、アジア系の歌い口も感じさせるような(仏領ギアナには印僑も多い)。そういう意味でも、 …

続きを読む>

LUTAN FYAH / LIFE OF A KING

  ジャマイカのルータン・ファイア、2013年アルバム 〜the Rastafari movement Bobo Shanti のメンバーであり、 今もって続くラスタ・カルチャー系ムーブメントの中でも、 根強い人気を保ち支持されるアーティストです。

続きを読む>

EMELINE MICHEL / GRATITUDE, LIVE IN PARIS

ハイチ、シャンソン・クレオールのディーヴァ、エムリーヌ・ミッシェルの 2014 年 11 月、パリ、トリ トンでのライヴ録音。ティエリー・ファンファン(cb)をバンドマスターとするクアルテット(cb+dms+ 2 x g) のバッキング。 1曲でジェームス・ジェルマン(vo)とデュエット。日本のファンにもおなじみの “Flanm”も素 …

続きを読む>

K-REEN / RACINE K’RAIB

K-Reen(カリーンと読む。ケイリンではない)はギュイアンヌ(仏領ギアナ)生れのラップ/ヒップホップ/R&B/ ズーク&B 系の自作自演歌手で、90 年代から MC ソラール、プランセス・エリカ、ロクア・カンザなどの バックコーラスでデビュー。98 年リュック・ベッソン映画「タクシー」のサントラ(“Tu me plais&#82 …

続きを読む>

go top