TALINA / JE SUIS PRETE…

しっかし、試しに2004年のズーク、 当時のヒット・アルバム入れてみましたが、 今と全然変わってませんな!? というか、かえって新鮮じゃないですか? 今のズークよりも…まいったな、 これでイイのかズーク!? たぶん、これで、イイんでしょうねズーク。

続きを読む>

TANYA ST-VAL / VOYAGE

春夏もの人気盤! おお…グァドループの出身、1965年生まれということですから、既に50歳を越えているんですが?この歌声、全然変わってないじゃないですかあ!しかもズーク一直線、ファースト・アルバムが1986年でしたから、30年間、ズーク歌いっぱなし、全然変わってないじゃないですか!わたくしも30年以上、飽きもせずこの商売やっていますが、折に触れて …

続きを読む>

V.A. / CONCEPT BELE, SANBLE

グアドループのグウォ・カと並ぶ、マルチニークのパーカッション&ヴォーカル音楽 「ベレ」の新録2CDです。詳しくは>http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2016-07-27ご参照下さいませ(いつもすみません、そしてありがとうございます!)。樽型の太鼓ベレと木のスティックであるチ・ブワが叩き出すクレオール的なポリリズムだけを伴奏 …

続きを読む>

T-SHAA / LANMOU POU VIV

これは爽やかなピアノ・ズーク!? なかなかのグアドループ若手女性、ちょっと注目! と思っていたら、06年にキャリアをスタート、 10年頃から Muzaïk Vybz に参加、 で、この2016年作がファーストソロ、ということに。 下積み10年、で、この瑞々しさ。 性格の良さがたぶん音にも!?? ズーク一般とは一味違う細やかな アコースティック・アレンジも聞き …

続きを読む>

ESNARD BOISDUR / DOCTRINE

80年代から活躍するグアドループの伝統打楽器音楽、グウォ・カのミュージシャンにして歌い手、エスナール・ボワデュールの2016年作です!>★ ESNARD BOISDUR (Chant) PATRICK MAYET (Chan) BRIGITTE ZABAREL (Chant) RAYMOND MONTAUBAN (Boularyen, Chacha) JEA …

続きを読む>

CAB / LIVE

    カリブとアフリカとブラジルのトリオということで頭文字とって CAB。カリブ海マルチニック島から盛岡の彼女マリオ・カノンジュ(p)、アフリカからはカメルーンのブリック・バッシー(g,b),ブラジルからは アドリアノ・テノリオ(dms)。2015 年のスタジオアルバム(ディスク・デシネさんから日本盤)に続い てライヴ盤(CD+DVD) …

続きを読む>

VALERIE LOURI / LE BRUIT DES VAGUES

エディット・ルフェルのトリビュート・アルバムで注目された「マルティニークのゴリラーマン、もとい、グレース・ジョーンズ」LGBT歌手ヴァレリー・ルーリ姐さん、”LE BRUIT DES VAGUES” (波の音)と題された新作では、前作でのアコースティックなマラヴォワ路線のストリングス・ズークに加えて、レゲトン〜ヒップホップのリズムを取 …

続きを読む>

V.A. -OST / BIGUINE

★V.A./ビギン歴史物語 マルチニーク音楽の悠久の歴史を1枚のCDに カリブ海に浮かぶマルチニーク。その島を代表する音楽がビギンだ。このアルバムは、そんなビギンをテーマにした映画のオリジナル・サウンド・トラック・アルバム。しかも、単にビギンを紹介しているだけでなく、ビギンの成り立ちからその音楽的な成長を追ったような作りが成されているから驚かされてしまう。ビ …

続きを読む>

SHADOW a.k.a. WINSTON BAILEY/ SWEET SWEET DREAMS

★シャドウ a.k.a. ウィンストン・ベイリー/スウィート・スウィート・ドリームズ レア盤として人気のカリプソ~ソカ・シーンの鬼才による84年作が遂にCD化!〜トリニダード・トバゴのカリプソ~ソカ・シーンで長年第一線で活躍している鬼才カリプソニアン、シャドウことウィンストン・ベイリー。彼が84年にリリースした本作は、ディスコ/ブギーを取り入れたエレクトリッ …

続きを読む>

OKAWA & THE RULERS / お城の中で

★4/末 待望のアナログLP入荷しました! ルーツミュージックファン待望の “Okawa & The Rulers ” デビューアルバム!!(CD sold out) 「タフな街を彩どるサウンドトラックにはスカがある。R&BにJAZZ,コンパもビギンもカリプソだってある。ただ、それら全てを1つのバンドで演奏するのはあり …

続きを読む>

V.A. / UMALALI, The Garifuna Women’s Project

「ガリフーナ音楽の真の担い手は男性でなく女性だ!」そんな信念を胸にプロデューサーのイバン・ドゥラーン氏(ベリーズの現地レーベル/ストーントゥリー社主)が約10年の歳月を掛けてコツコツと取り組んできたプロジェクトが遂に完成!奴隷として連れてこられ、カリブ海で難船したアフリカ人と中米のインディアンたちとの混血人種であるガリフーナ人~そんな彼らが日々の生活の中で育 …

続きを読む>

go top