EMAHOY TSEGUE-MARYAM GUEBROU / Piano Solo, Ethiopiques 21

大人気エチオピークス・シリーズ第21弾!は、けっこうボー然とさせる内容ですよ。ピアノ・ソロ by エマホイ・ツェゲ=マリアム・ゲブルー(という読み方でいいんでしょうか?)~1923年生まれ、欧州でピアノ教育も受けたという女性ピアニストによる、1960年代にリリースされた2作のLPアルバム/カップリング復刻CDですよ。エマホイ自身、ダラー・ブランドやサティのピ …

続きを読む>

MAURICE EL MEDIONI meets ROBERTO RODRIGUEZ / DESCARGA ORIENTAL, THE NEW YORK SESSIONS 『デスカルガ・オリエンタル』

アルジェリアの港町オラン出身の老ピアニスト=モーリス・エル・メディオニは、ピアノでライを演奏するオリジネイターとして、ハレドのアルバム『Ya-Rayi』にもゲスト参加しているレジェンダリー・ミュージシャンです。一方、ロベルト・ロドリーゲスは、ハバナ出身マイアミ育ち、NYに移ってマーク・リボーらとの多彩な仕事をこなし、ジョン・ゾーンのツァディクから2枚のリーダ …

続きを読む>

MARIO CANONGE / LIVE

☆マリオ・カノンジュ / リゾーム・ツァー マルチニック出身のピアニスト=マリオ・カノーニュによるトリオ鴛鴦ライヴ!実力派ドラマーのチャンダー・サージョ、ジョーザヴィヌル・プロジェクトのメンバーでもあるベースのリンレイ・マルトを従えた編成で、各々の強烈なソロ・パートはもちろんのこと、3人のアンサンブルが渦巻きのように回転しながら生み出すグルーヴ感!マリオの鍵 …

続きを読む>

BEBO VALDES / GREATEST HITS

チューチョ・バルデースの父で、キューバ音楽に於ける1950年代の最重要ピアニスト&バンド・マスターであるベボ・バルデース。本アルバムは、1952年から1960年の間にキューバはハバナで録音された複数のバンドでの録音を集めたものです。アレハンドロ・エル・ネグロ・ビバール、ヘネロソ・ヒメネス、カチャイート、タタ・グイネス、ギジャルモ・バレート、カンディド、ルイス …

続きを読む>

ROBERTO FONSECA / LIVE IN MARCIAC

期待のキューバ若手ピアニスト新作は、09年/南フランスのジャズ・フェス”JAZZ IN MARCIAC” におけるパフォーマンス!自身のレギュラー・クィンテットとともに近年のアルバム収録曲をプレイ~白熱のラテン・ジャズを繰り広げています。DVDはNTSCリージョン・フリーなので、国内向けプレイヤーで再生可です。

続きを読む>

EGBERTO GISMONTI / ALMA

過去の自作曲をピアノ・ソロで再演した名作。EMI 音源からのマスタリングで、ジスモンチの繊細かつ大胆なピアノのタッチがより鮮明に。またECM 盤とは収録曲が異なり「インファンシア(幼少期)」を収録。他にも「水とワイン」「フレヴォ」などベストな選曲で、ジスモンチの初心者にもお勧め。86年作。日本初CD化!

続きを読む>

DAYRAMIR / HABANA ENTRANCE

アバナ・エントランセを率い活躍するピアニスト、ダイラミールは、クリマックスなどに参加、注目を浴びてきました。火花散るインプロのラテン・ジャズから、ダンソーンなどの伝統的なリズムをモチーフにした曲、ムーディーなフィーリン、エレクトリックを導入したクラブ・ジャズなどなど、どん欲に様々なスタイルに挑戦しています。レコーディングには、セサル・ロペス(元イラケレ)、ハ …

続きを読む>

SAMUEL YIRGA / GUZO

エチオピアン・ジャズの若き才能。リアルワールドのエチオピア・ミクスチャー・グループ「DUB COLOSSYS」の一員として頭角を現した20代の男性ピアニストサミュエル・イルガが、ダブ・コロッサスのリーダー、ダブラーのプロデュースの元 初めて発表したソロアルバム。ダブコロッサスのアルバムとは異なり、ダブ処理やアズマリ歌手の要素は少なく、より一層アーティスティッ …

続きを読む>

go top