MARTIN HAYS, DENNIS CAHILL / WELCOME HERE AGAIN

★マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル / ウェルカム・ヒア・アゲイン アイリッシュ・ミュージックの演奏方法は、演奏者の数と同じくらい無数に存在します。解釈の柔軟性は、この音楽がもつ強みのひとつですし、誰もが自分だけの刻印を与えることができます。今回ぼくらは、あまりに過剰な技術的または楽理的アプローチを、避けるよう心がけました。代わりに示しているのは、音楽が秘 …

続きを読む>

LANKUM / THE LIVELONG DAY

>こちらの BBC フォーク・アワードを受賞したファーストに続いて2019 年の2作目となります。ダブリンの4人組グループですね、“より若くて仄暗いポーグス” と渾名されているようです。それぞれにピアノ、ギター、バンジョー、ベース、フィドル、ヴィオラ、ヴィブラフォンを演じながらの、ゲスト女声含む5人のコーラスによる歌と、ユーリアン・パイプ、トロンボーンやメロ …

続きを読む>

WE BANJO 3 / HEAVEN

★ウィ・バンジョー・スリー / ヘイヴン “アイルランド版パンチ・ブラザーズ!” デビューするや否や、アイリッシュ~アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンに旋風を巻き起こしている超絶バンジョー野郎達!現在の絶好調ぶりを詰め込んだ新作(4th)アルバム完成! 1. Haven 2. Light in the Sky 3. Sugar House 4. War …

続きを読む>

FLOOK / ANCORA

☆フルック「アンコーラ」 日本先行発売!キャッチーなホイッスルのフレーズが光る。すでにライブではおなじみの楽曲も収録された14年ぶりのニューアルバム。 フルックは北アイルランドおよびイングランド出身の敏腕ミュージシャンにより結成されたオール・インストルメンタル・バンド。彼らが結成された90年代後半は、アイルランド音楽の素晴らしいバンドが次々と生まれた本当にエ …

続きを読む>

LANKUM / BETWEEN THE EARTH & SKY

ROUGH TRADE 盤ですね! ちょっと懐かしい? というようなことはともかく、そういえば、最近、ケルトもの新作、全然、チェックしていないなあ、と、数年ぶりにいろいろ聴いてみたら、こんなグループがいたんですねえ、なんだか、今時のグループとは思えません(とはいえ近年 BBCのフォーク賞を受賞したダブリンの4人組だそうで、ほか Mojo Folk album …

続きを読む>

LUNASA / CAS

ルナサの新作「CAS」が到着しました。 今回の新作はとにかくすごい。ちょっと久々の感動って感じです。まずはボーカル・ゲストが豪華。ナタリー・マーチャントが入ってるところなんか、すごいよねぇ… そしてメアリー・チェイピン・カーペンターやティム・オブライエンも参加してますよ〜。 でも私がこの作品ですごいのはインスト曲だと思う。とにかくオーケストレーションというか …

続きを読む>

TRIONA MARSHALL / BETWEEN TWO WAYS

★トリーナ・マーシャル/ビトウィーン・ツー・ウェイズ キラキラと瑞々しく、叙情的で美しい過ぎるハープ演奏集。 本作こそ、現在最高のアイリッシュ・ハープ音楽のアルバム! 15年に渡り、チーフタンズの2代目ハープ奏者として活躍する、現在最高のアイリッシュ・ハープ奏者「トリーナ・マーシャル」のソロ2作目。ゲストに、パディ・モローニ(チーフタンズ)、ショーン・キーン …

続きを読む>

SHARON SHANNON / SACRED EARTH

★シャロン・シャノン『セイクレッド・アース』 アイルランドの国民的人気アコーディオン奏者、シャロン・シャノンの10thアルバム。 共同プロデューサーに「砂漠のブルース」の仕掛人「ジャスティン・アダムス」と、アフリカ勢を含む総勢25名ものゲスト・ミュージシャンを迎え、アイリッシュ・トラッドをベースに、様々なジャンルの要素を混ぜ合わせたオーガニック・サウンドを聴 …

続きを読む>

WE BANJO 3 / STRINGS THEORY

★ウィ・バンジョー・スリー『ストリング・セオリー』 “アイルランド版パンチ・ブラザーズ!”デビューするや否や、アイリッシュ~アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンに旋風を巻き起こしている超絶バンジョー野郎達!現在の絶好調ぶりを詰め込んだ新作(3rd)アルバム完成! 「いろいろな意味でアイルランド版パンチ・ブラザースだ」――マイケル・ジョナソン(米国ナショナ …

続きを読む>

JOANNE McIVER & CHRISTOPHE SAUNIERE / MUSIQUES D’ECOSSE

    アラン島出身〜歌手でありユーリアンパイプ奏者のジョアン・マッカイヴァーと、クラシック・ハープの名人、フランスのクリストフ・ソーニエールの共演2016年リリース2CD。08年以来のコンビで録音した3作のアルバム収録曲をすべて収めた2枚組!

続きを読む>

MEAS, MARTIN, GRUEL / FEULE CARACAL

アイリッシュ、東欧トラッド、ブルターニュにまたがる超絶ディアト奏者二人、クリスチアン・ マルタン(この人はデュパンにも在籍したことがあります)とジャニック・マルタンに加えて オリエンタルパーカッション(ベンディール、ダフ、トンバック…)奏者エチエンヌ・グリュエル で結成されたトリオ。ディアト2台のダイアローグによるイマジネイティヴな東欧〜オリエン …

続きを読む>

PAUL BRADY / THE VICAR ST. SESSIONS VOL.1

2015年来日記念盤!  ヴァン・モリソン[7]、ボニー・レイット[12]、シネイド・オコナー[6]他、豪華ゲストをフィーチャーした伝説のライブがついにCD化。 圧巻はやはりヴァン・モリソンとのIrish Heart Beat、そしてボニー・レイットも最高に素晴らしい! ! 最後のメアリー・ブラックらが参加するディランのカバーも必聴[13]。 ポール・ブレイ …

続きを読む>

ALTAN / THE WIDENING GYRE

アルタン『ザ・ワイドニング・ジャイル~広がる螺旋』 アイリッシュ・ミュージックの最高峰アルタンの新作は、多数のゲストを迎えた傑作。アイルランド~スコットランド~アパラチア~ナッシュヴィルを見事につなぎ、ケルト音楽の「広がる螺旋」を作りあげた! ★アルバムタイトルの由来はイェイツの詩。 ★アメリカン・ルーツ・ミュージックの聖地ナッシュヴィルで、アルタン初となる …

続きを読む>

go top