V.A. / IRISH CELTIC

アイルランド音楽/ケルト音楽のすべてが詰まった10枚組 + CD-ROM ワールド・ミュージックの中でも特に人気の高いアイリッシュやケルティックといった音楽シーンにおいて、伝統的なものだけでなく、現代化されたものや、それらの音楽が影響を与えた他のジャンルのフォーク・ミュージックまで網羅したCD10枚組のコンピレーション・ボックスが登場した。ここに収録されてい …

続きを読む>

VARO

アイルランド遊学中の当店のお客さま “渡部です”君が(>★)なかなかイイ!! というので、買い付けて送っていただきました。以下、“渡部です”君のHPから無断転載させていただきます(>★)。陳謝&感謝! ダブリン在住、フランスとイタリア出身のフィドルとヴォーカルの女性デュオ。 今年の1月下旬に出したアルバムVARO、ミックスはLankumのアルバムThe Li …

続きを読む>

ALFI / WOLVES IN THE WOODS

アイルランド遊学中の当店のお客さま “渡部です”君が(>★)なかなかイイ!! というので、買い付けて送っていただきました。以下、“渡部です”君のHPから無断転載させていただきます(>★)。陳謝&感謝! ダブリンで活動するバンジョー、アイリッシュハープ、そしてローホイッスルやバイロン、イリアンパイプも演奏するマルチ奏者による三人組バンドAlfi。 ユニークでス …

続きを読む>

LEMONCELLO / STUCK UPON THE STAIRCASE (2018) – OIL AND WATER (2020)

          アイルランド遊学中の当店のお客さま “渡部です”君が(>★)なかなかイイ!! というので、買い付けて送っていただきました。以下、“渡部です”君のHPから無断転載させていただきます(>★)。陳謝&感謝! ギターとチェロのアイリッシュフォークデュオ。 ギターとチェロのシンプルな編成ながら、奥ゆ …

続きを読む>

MARTIN HAYS, DENNIS CAHILL / WELCOME HERE AGAIN

★マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル / ウェルカム・ヒア・アゲイン アイリッシュ・ミュージックの演奏方法は、演奏者の数と同じくらい無数に存在します。解釈の柔軟性は、この音楽がもつ強みのひとつですし、誰もが自分だけの刻印を与えることができます。今回ぼくらは、あまりに過剰な技術的または楽理的アプローチを、避けるよう心がけました。代わりに示しているのは、音楽が秘 …

続きを読む>

LANKUM / THE LIVELONG DAY

>こちらの BBC フォーク・アワードを受賞したファーストに続いて2019 年の2作目となります。ダブリンの4人組グループですね、“より若くて仄暗いポーグス” と渾名されているようです。それぞれにピアノ、ギター、バンジョー、ベース、フィドル、ヴィオラ、ヴィブラフォンを演じながらの、ゲスト女声含む5人のコーラスによる歌と、ユーリアン・パイプ、トロンボーンやメロ …

続きを読む>

WE BANJO 3 / HEAVEN

★ウィ・バンジョー・スリー / ヘイヴン “アイルランド版パンチ・ブラザーズ!” デビューするや否や、アイリッシュ~アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンに旋風を巻き起こしている超絶バンジョー野郎達!現在の絶好調ぶりを詰め込んだ新作(4th)アルバム完成! 1. Haven 2. Light in the Sky 3. Sugar House 4. War …

続きを読む>

FLOOK / ANCORA

☆フルック「アンコーラ」 日本先行発売!キャッチーなホイッスルのフレーズが光る。すでにライブではおなじみの楽曲も収録された14年ぶりのニューアルバム。 フルックは北アイルランドおよびイングランド出身の敏腕ミュージシャンにより結成されたオール・インストルメンタル・バンド。彼らが結成された90年代後半は、アイルランド音楽の素晴らしいバンドが次々と生まれた本当にエ …

続きを読む>

LANKUM / BETWEEN THE EARTH & SKY

ROUGH TRADE 盤ですね! ちょっと懐かしい? というようなことはともかく、そういえば、最近、ケルトもの新作、全然、チェックしていないなあ、と、数年ぶりにいろいろ聴いてみたら、こんなグループがいたんですねえ、なんだか、今時のグループとは思えません(とはいえ近年 BBCのフォーク賞を受賞したダブリンの4人組だそうで、ほか Mojo Folk album …

続きを読む>

LUNASA / CAS

ルナサの新作「CAS」が到着しました。 今回の新作はとにかくすごい。ちょっと久々の感動って感じです。まずはボーカル・ゲストが豪華。ナタリー・マーチャントが入ってるところなんか、すごいよねぇ… そしてメアリー・チェイピン・カーペンターやティム・オブライエンも参加してますよ〜。 でも私がこの作品ですごいのはインスト曲だと思う。とにかくオーケストレーションというか …

続きを読む>

TRIONA MARSHALL / BETWEEN TWO WAYS

★トリーナ・マーシャル/ビトウィーン・ツー・ウェイズ キラキラと瑞々しく、叙情的で美しい過ぎるハープ演奏集。 本作こそ、現在最高のアイリッシュ・ハープ音楽のアルバム! 15年に渡り、チーフタンズの2代目ハープ奏者として活躍する、現在最高のアイリッシュ・ハープ奏者「トリーナ・マーシャル」のソロ2作目。ゲストに、パディ・モローニ(チーフタンズ)、ショーン・キーン …

続きを読む>

SHARON SHANNON / SACRED EARTH

★シャロン・シャノン『セイクレッド・アース』 アイルランドの国民的人気アコーディオン奏者、シャロン・シャノンの10thアルバム。 共同プロデューサーに「砂漠のブルース」の仕掛人「ジャスティン・アダムス」と、アフリカ勢を含む総勢25名ものゲスト・ミュージシャンを迎え、アイリッシュ・トラッドをベースに、様々なジャンルの要素を混ぜ合わせたオーガニック・サウンドを聴 …

続きを読む>

WE BANJO 3 / STRINGS THEORY

★ウィ・バンジョー・スリー『ストリング・セオリー』 “アイルランド版パンチ・ブラザーズ!”デビューするや否や、アイリッシュ~アメリカン・ルーツ・ミュージック・シーンに旋風を巻き起こしている超絶バンジョー野郎達!現在の絶好調ぶりを詰め込んだ新作(3rd)アルバム完成! 「いろいろな意味でアイルランド版パンチ・ブラザースだ」――マイケル・ジョナソン(米国ナショナ …

続きを読む>

JOANNE McIVER & CHRISTOPHE SAUNIERE / MUSIQUES D’ECOSSE

    アラン島出身〜歌手でありユーリアンパイプ奏者のジョアン・マッカイヴァーと、クラシック・ハープの名人、フランスのクリストフ・ソーニエールの共演2016年リリース2CD。08年以来のコンビで録音した3作のアルバム収録曲をすべて収めた2枚組!

続きを読む>

go top