QU4TRO A ZERO / CHORO ELETRICO

ショーロ若手クァルテートなんですが、面白いのはその編成~エレキ・ギター&ベース、キーボード、ドラムスでショーロを演奏!お手本はラダメス・ニャター リのセクステートだっていうから、これは注目ですね。ラダメス・ナンバーをはじめ、ジャコー、ピシンギーニャらの曲を、斬新なアレンジでカヴァーしています。 参考△

続きを読む>

HENRIQUE & BETO CAZES , FERNANDO NOURA / ELETRO PIXINGUINHA

ショーロの父ピシンギーニャの作品が、エレクトロに蘇る?エンリッキ&ベト・カゼス兄弟と、マリーザ・モンチのバックを務めるキーボード奏者フェルナンド・モウラが組んだ異色作!未来派ショーロ?なる造語を生みそうな意欲作? >試聴可!?

続きを読む>

ROBERTA SA / SEGUNDA PELE

ロベルタ・サー2012年作です。ヴァラエティに富む多彩な曲想が、ロベルタの歌声につながれて、まったく違和感なく自然に並びます。~サンバあり、カンソンあり、北東部リズムあり、MPBあり、ショーロもガフィエーラもあり、フォーキーもロックもエレクトロもあり、アフリカもウルグアイもあります…etc etc ということで、~ルビーノ・ジャコビーナ / ウィ …

続きを読む>

YASMINE HAMDAN / YA NASS

国内リリースです。特典DVDが付いてます!中東のマッシブ・アタックと言われたレバノン・ベイルートのインディーズバンド、SoapKillsのヴォーカルとして活動して来たヤスミン・ハムダン。バンド解散後はマドンナの「Music」のプロデューサーとして名をなした在仏アフガン系のミルウェイズとのユニットYASとしても一枚アルバムを出していた彼女がついに欧州ソロ・デビ …

続きを読む>

TONOLEC / PLEGARIA DEL ARBOL NEGRO

アルゼンチン北部で自給生活をするというトバ族の音楽を、エレクトロミュージック風にアップデートするトノレックの2NDが登場。民族音楽とエレクトロというと一つ間違えるとただのダサめのニューエイジ・アンビエントに陥りますが、そんなことはなくオリジナルな音を作っています。そのトバ族のメロディーが南米のフォークというより、女性ボーカリストのチャロの歌唱法と一緒でどこと …

続きを読む>

BOMBAY DUB ORCHESTRA

豪華なボリウッド・サウンドを生み出す総勢28名によるストリング・オーケストラ!ボンベイ録音/UKエレクトロ・ミックス~インド伝統音楽、クラシック、エレクトロニカ、そしてダブが複雑に織り込まれた快楽的インド音楽新傾向作品です!重厚華麗な“ボンベイ・サイド”と、ディープ&グルーヴィーな“ダブ・サイド”の2枚組!ボリウッド・マニア及びインディアン・ ミクスチュアー …

続きを読む>

KARSH KALE / LIBERATION

03年2月に初来日を果たしたUSエイジアンのタブラ奏者、2003年のアルバムです。ボリウッド映画を一手に引き受けるマドラス室内オーケストラをフィーチャーし、タルヴィン・シンらUKエイジアンサウンドよりかなり優雅。ザキール・フセイン、ビル・ラズウェル、MIDIVAL PUNDITZとが参加した裏タブラ・ビート・サイエンス曲「MILAN」も鳥肌モノ!

続きを読む>

CHEB I SABBAH / LA KAHENA ~LES VOIX DU MAGHREB

エイジアン・アンダーグランドを代表する在米アルジェリア人DJシェビー・サバーの05年作はマグレブ・ルーツ回帰作。モロッコのマラケシュに赴き、ライ、グナワだけでなくラアバット、アラブ・アンダルース、ユダヤ系音楽など、一部の研究家にしか知られていなかったようなモロッコの民俗音楽、宗教音楽をエレクトロニカトリートメント。現地ではライの女王シャバ・ザフーニア、ブネッ …

続きを読む>

CHEB I SABBAH / KRISHNA LILA

アルジェリア人でUSA在住のDJながらインド古典を本格的に追求するDJシェビー・サバー。新作はクリシュナ神信仰をテーマにカルナーティック(南インド古典)声楽やヒンドゥスターニ(北インド古典)器楽に電子音、ブレイクビーツを持ち込んだ特異なサウンドスケープ。カーシュ・カーレイ、ビル・ラズウェルのタブラ・ビート・サイエンス・チームが参加。

続きを読む>

DJ CHEB I SABBAH / AS FAR AS- A DJ MIX

DJ歴40年を誇る在米アルジェリア人DJシェビー・サバーの初のDJミックスCD。ドン・チェリー、ナジマ、グナワ・インパルス、セクーバ・バンビーノなど、「DJミックス」という言葉から通常思い浮かべるクラブ仕様音楽とは全く異なる仕上がりです。音による「注目すべき人々との出会い」とでももうしましょうか。

続きを読む>

MIDIVAL PUNDITZ

インドで最も先鋭的なセンスをみせつける新世代クリエイター2人組(デリーのDJ/プロデューサー・デュオ)による、インド古典音楽伝統を踏襲しながらロックからトランスまで幅広い要素を摂り入れた出世作〜ここからインドのクラブ・ミュージックが変わりました。大ヒット・ボリウッド映画『モンスーン・ウェディング』にも参加、プレイバック・ソングの形も変えようという勢いです!

続きを読む>

MIDIVAL PUNDITZ / MIDIVAL TIMES

インドの雑誌INDIA TIMESにて「05年インドを代表する50組」に選ばれ、サントラ盤「LET’S ENJOY」も好評なデリーのDJ/プロデューサー・デュオ05年ワールドワイド向け新作です。スルタン・カーンやアヌーシュカ・シャンカール、アビダ・パルヴィーンらインド古典のVIP音楽家をフィーチャーしたクールなエレクトロニック・ドラムンベース&ブ …

続きを読む>

MIDIVAL PUNDITZ / HELLO HELLO

タブラ・ビート・サイエンス、カーシュ・カーレイ、アヌーシュカ・シャンカールらエイジアン・マッシヴ系のアーティストらと斬新なハイブリッド・サウンドを世に送り出してきた売れっ子二人組、ミディヴァル・パンディッツ待望のサード・アルバムが登場!インド古典音楽+エレクトロニック音楽という今までのサウンドを踏襲しながらも、さらに先鋭化されたエレクトロニック・ポップの領域 …

続きを読む>

KARSH KALE / REALIZE

タルヴィン・シン、ビル・ラズウェル、ハービー・ハンコックとのコラボレーションで有名なタブラ奏者。ハイパーなサウンドはUKエイジアン~ドラムン・ベース~アンビエントを融合した超話題作(00年代初めのエポックメイキングな充実作でした!)。

続きを読む>

BOTECOELETRO / BOTECOELETRO VOL.2

DJ/ミュージシャンのリカルド・インペラトーリが2004年に発足させたユニットがボテコエレトロ。サンバやノルデスチ音楽など、ブラジルらしさを感じさせるサウンドを土台にしつつ、サンプラーを駆使したブレイクビーツやエレクトロニック・サウンドをミックスさせ、新しい形のブラジル音楽を提示してきた彼らが、9年間の沈黙を破ってついに再始動とのこと。コミュニティ・サンバや …

続きを読む>

go top