CHEIKH EL AFRIT / THE BEST OF

ウアムリアさん買付品〜感謝! アラブ・アンダルース音楽はイベリア半島においてアラブ人とユダヤ人が平和に共存していた時代に誕生した音楽~そんな伝統は北アフリカにも当然受け継がれ、チュニジアではマルーフと呼ばれるアラブ・アンダルース音楽が発展したそうで、その全盛期(1930年代)を支えたひとりがシェイフ・エル=アフリート。当時のマグレブ歌手としては最大級のスター …

続きを読む>

AMMAR 808 / GLOBAL CONTROL, INVISIBLE INVASION

アマール808こと、ソフィアン・ベン・ユーセフの新作は、彼自身が若き日に音楽留学していたという南インドの、現地古典音楽家達とのセッション。愛用のリズム・マシーン(日本の楽器メーカー、Rolandが作ったリズム・マシーンの名器 TR-808)の限界に挑もうというエゴイズムが見え隠れしつつも、電子音から浮かび上がる、南インド古典声楽 / カルナティック・ヴォーカ …

続きを読む>

ZIED ZOUARI, JULIEN TEKEYAN & ABDURRAHMAN TARIKCI / MAQAM ROADS

取っつきにくいマカームの世界を様々なアレンジで分かりやすく紹介した作品! アラブの古典音楽において「音階と旋律のめぐり方を併せ持ったもの」の事はマカームと呼ばれているが、その概念を理解することは一般の音楽ファンにとってなかなか難しい。そこで本作ではチュニジア人ヴァイオリニスト、ジエド・ズアリを中心に、そんなマカームを架空の道に例え、よりアラブ音楽に親しみを持 …

続きを読む>

SABRY MOSBAH / MY ROOTS

現在のチュニジア・ミュージック・シーンを牽引するSSW チュニジア・ミュージック・シーンにおける新たなリーダーともみなされているS S W/ギタリストのサブリ・モスバ。レニー・クラヴィッツを彷彿とさせるような歌声とファズが適度に効いたブルージーなギター・プレイで斬り込んできたと思いきや、一転、訥々としたアクースティック・ギターと別人のような渋い唄い口で全く違 …

続きを読む>

ZEKRA / WA TABQA…

1966年生まれ、エジプトでデビューし、たった3枚のアルバムでアラブ全域での人気を掴むも、2003年の11月、エジプト人のビジネスマンである夫に殺害されてしまった(夫は自殺)女性歌手、ツェクラの死後リリースされた4作目の遺作。とにかく、歌のうまい女性でした。

続きを読む>

IFRIQIYYA ELECTRIQUE / LAYLET EL BOOREE

チュニジアのスーフィー音楽とトランス/ポスト=インダストリアルとの融合はさらに深化した! 2017年に『ルワヒン〜チュニジアのスーフィー・トランス』(ライス INR-7120)で鮮烈デビューを果たしたワールド・トランス・プロジェクト、イフリキヤ・エレクトリークがさらにパワーアップして戻ってきた。彼らの音楽的基盤となっているのは、チュニジアに息づく伝統打楽器を …

続きを読む>

V.A. / AN ECLECTIC SELECTION OF MUSIC FROM THE ARAB WORLD

というわけで、北アフリカ〜アラブ専門復刻レーベル独ハビビファンクの新譜は、アトランティック・ソウル(アーサー・コンレーとかサム&デイヴとか)のファースト・インパクトを引きずって70年代を通じてレッツゴーソウルなカッコ良さをキープしたマグレブ産R&Bシングル群!もしくは、ジョニー・アリディー経由のイエイエ路線、あるいはダイレクトにプレスリーな曲など、あくまでも …

続きを読む>

AMMAR 808 / MAGHREB UNITED

★輸入盤LP在庫あり ¥3450 ☆ライス国内発給盤(¥2916)再入荷待ち チュニジアの BARGOU 08 に加えて、 モロッコ / アルジェリア勢参加の (人気急上昇ソフィアン・サイディも 3曲で歌っています!) 汎マグレブ・ユニット〜解禁です! >★ >https://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2018-06-29〜こち …

続きを読む>

ANOUAR BRAHEM / BLUE MAQAMS

多くのウード名手を輩出しているチュニジアでも、1980年代後半からECMレーベルと契約、ジャズとアラブ古典音楽の融合にチャレンジして来たアヌアール・ブラヒム(1957-)2017年録音。既に13作目のCDとなる本作、デイヴ・ホランド、ジャック・ディジョネット、ジャンゴ・ベイツというピアノ・トリオと解け合うような演奏を繰り広げています。30年の年季?全く違和感 …

続きを読む>

REVOLUTIONARY BIRDS

★Mounir Troudi, Erwan Keravec, Wassim Halal     チュニジアのスーフィー系歌手〜ラジャスタンからアンダルシアまで、チュニジアやマグレブとつながる地下水脈を歌のあり方に沿って歌おうというムーニール・トローディと、在仏レバノン系パーカッショニスト、ワッシム・ハラルによるアラブ〜地中海ドラミング!? …

続きを読む>

IFRIQIYYA ELECTRIQUE / RUWAHINE

★イフリキヤ・エレクトリーク/ルワヒン~チュニジアのスーフィー・トランス チュニジアの〈イスラム神秘主義〉スーフィー音楽とエレクトリック・サウンドの衝撃的な邂逅〜刺激的な異文化コラボレーション作が登場した。チュニジア南部の街トズールでは〈イスラム神秘主義〉スーフィーの宗教儀式がかつての黒人奴隷の末裔達に受け継がれてきた。そこで歌い奏でられる陶酔的なヴォーカル …

続きを読む>

YACINE BOULARÈS, VINCENT SEGAL & NASHET WAITS / ABU SADIYA

チュニジアの伝統音楽を独自に解釈した印象派ワールド・ジャズ! サックス/クラリネット奏者のヤシーン・ボラレス、チェロ/パーカッション奏者のヴァンサン・セガール、ドラマーのナシート・ウェイツによるトリオで聴かせるのは、チュニジアに息づく伝統音楽スタンバリをモティーフにしたインストゥルメンタル作品。西アフリカの伝説の狩人アブ・サジヤの物語をテーマに、インプロヴィ …

続きを読む>

BARGOU 08 / TARG

★バルグー08/タルグ チュニジア北西部の知られざる音楽タルグを人気レーベル“Glitterbeat”が発掘!  北アフリカはチュニジア北西部の山村に息づく知られざる音楽〈タルグ〉を、モダン化・グローバル化したサウンドで聴かせるグループがこのバルグー08だ。彼らがここで取り上げている曲の多くは、村に300年以上前から伝わる古い歌ばかり。バンドの編成は北アフリ …

続きを読む>

go top