RAFIQ SHINWARI / DA HAMZA BABA AKHRI YAADUNA

アフガニスタン、ペシャワールのパシュトゥン国民的詩人とされる〜ハムザ・バーバー・アーヒリ・ヤドゥーナの詩を、やはりペシャワールのヴェテラン男性歌手、ラフィーク・シンワーリーが歌い綴ったアルバム。パシュトゥン歌謡の典型と言えるかも知れません。非スーフィー系ですが、カウワーリにもガザルにも似て微妙に非なる、パシュトゥンならではの歌い口が楽しめます。

続きを読む>

GULAB AFRIDI / DA TAAROONO FARYAAD, 01

アフガニスタン、そして、パシュトゥンのメイン・インストゥルメンタルとでも言えそうな、弦楽器、ラバーブを演じたアルバムです(アフガン・ラバーブは弓では奏せず、ピッキングのみによって演奏されます)。ほか、太鼓&タブラがつきます。このグラブ・アフリディ、現在形の伝統ラバーブを演じる中堅実力派というところでしょうか?よ~く聴くと、シンセも小さく少し鳴っていますから、 …

続きを読む>

V.A. / PASHUTO OLD CLASSIC SONG VOL.1

アフガニスタン〜パキスタンにまたがって住まうパシュトゥン人の歌謡曲クラシックス!1930〜60年代の録音が並びます。もともとパシュトゥー語はイラン系、地域的にはイランとインドの間の地に住まう民族でうから、大衆音楽のありようとしては、やはりインドにも似ていますが、イラン〜中央アジア風の楽器使いも聞こえる、なかなか独特なもの。ビミョーです。これはやっぱり聴いてい …

続きを読む>

SHAH WALI / VOL. 58

こちらもパシュトゥン歌謡ですね、シャー・ワリーのハルモニウム弾き語りを中心にタブラ、ラバーブ、ドール(?)による演奏が展開されています。 シャー・ワリーは、タッペー(Tappe)というパシュトゥンの詩形を詠唱するハルモニウム弾きだそうですが、一聴、全体としての印象は、盛り上がることのないおカウワーリーとでも? もちろん、ゆったり泰然としたシャー・ワリーの歌声 …

続きを読む>

ZAIN ULLAH UMARZAI (title unknown)

こちらはアフガニスタンのパシュトゥン人による、チトラリー・スィタール(=セタール)のソロをフィーチュアーしたアルバムです。タブラ風のリズムが入りますが、スィタールの音色は中央アジア~イラン風に近いかも知れません。村山先生現地買い付けの貴重盤です。が、普通紙コピージャケ&盤面印刷なしフツーのCDRという仕様です。

続きを読む>

SHAHID MALANG / VOL.1

アフガ二スタンのパシュトゥン系ラバーブ弾き語り(=ラバービー) / 現役吟遊詩人によるアルバムです。まったく、しょうもないジャケと裸のCDRですが、たぶん日本初入荷~たった1枚の村山先生現地買い付け貴重盤です。インド、パキスタンとも中央アジアともつかない、アフガニスタンはパシュトゥン人ならではの弦の音色と歌声を堪能できます!

続きを読む>

V.A. / PUSHTO HITS 2018

村山先生、まだお手持ちの盤が数枚あったとのことで、 お持ちいただきました!当然ながら、最後の再入荷!? 本邦初入荷!村山先生ペシャワール買付〜パシュトゥーンPOPヒッツ2018年版CDRです!向かって左が表ジャケ、右側が裏ジャケ(なんて美人!)〜全14曲(70分)パシュトゥーン人の男女歌手が並んでいますが、まず、アーティスト名も曲名もわかりません(が、ジャケ …

続きを読む>

go top