TABOU COMBO DE PETION-VILLE / A LA CANNE A SUCRE

Originally released in 1972 おそらく80年代終わりぐらいのCD化だったと思います。1969年、ハイチで吹き荒れたミニジャズ・ムーブメントの最中にアルバム・デビューしたタブー・コンボの2作目、1972年作ですね、本作をもって最高傑作、とする向きもあったかと思います(って、オレか?)。ま、タブーコンボはいつだって最高でしたが&#823 …

続きを読む>

NEMOURS JEAN-BAPTISTE ‎/ A VISIT TO HAITI

まったくもってすみません!その昔、ハイチとの取引があった頃、ジャケ裏表ナシで、このヌムールの1958年作『ハイチを訪ねて』が入って来たんですけど、注文分のうち2枚分のスリーブ&裏ジャケが足りなくて、ただCD盤だけしか入って来なかったので、クレームを入れたんですけど、わかった送るよ、と返答があったきり、待てど暮せどスリーブは届かず、そのうち、その取引先は廃業し …

続きを読む>

V.A. by DJ JEANNOT / GRO DOSYE, live

昔のコンパと違う市場状況としては、ライヴ録音のCDリリースがやたら多い、ということもありますよすね。しかも本盤はライヴのオムニバス、しかもDJによる選曲(リミックスは特に施されていないようですが、マスタリングはDJによるものでしょうね)が多いのも不思議? 加えて、昔のコンパのような圧倒的な演奏力や、一糸乱れない歌唱の応酬を聞かせるものは少なくて、なんだか、ワ …

続きを読む>

V.A. / MONDIAL KONPA, Emmène-moi

ハイチのコンパも、Compas からKonpa と表記も変わってしまったようで、随分様変わりしてしまいましたが…、ズークやキゾンバからの影響、大きかったんでしょうね、きっと。でも、それより何より一時、ギャングスタっぽい雰囲気のコンパを生み出そうとした輩がチラホラ、でも、それはちょっと無理があったような…コンパである限りは。ま、でも、そ …

続きを読む>

V.A. / LOVE KOMPA

流石に“ズーク・ラヴ”じゃあるまいし、“コンパ・ラヴ” と来なかったところは、ヘイシャンのプライド? というわけで、う〜ん、なんだかなあ、 “ラヴ・コンパ” のコンピレーションですねえ…、男の世界(女声コンパってあんまり聞いたことないですよね…)、コンパのマチスモが崩れる予兆ですかねえ?ま、昔とは違うということで(って、6年前のリリー …

続きを読む>

V.A. / BOLIDE KONPA, concert live

繰り返しになりますが…、昔のコンパと違う市場状況として、ライヴ録音のリリースがやたら多い、ということはありますね。加えて、昔のコンパのような圧倒的な演奏力や、一糸乱れない歌唱の応酬を聞かせるものは少なくて、なんだか、ワザとラフな演奏、ラフな歌の掛け合いを聞かせることに徹しているような気もして、そんな中に、パンクというかヒップホップというか、その辺 …

続きを読む>

SKAH SHAH#1 / MESSAGE

★original LP released 1978 も〜、長年愛聴して来ました。100点満点!ヘイシャン・コンパの頂点ですね!1点ものの経年在庫です。 1 Manman 2 Pour Demain 3 Aide M Rele 4 Message 5 Yaveh 6 Zanmi Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Backi …

続きを読む>

LA PERFECTA / L’INOUBLIABLE PERFECTA TOUT BAGAIL PARER

マルチニックで言うところの “カダンス” (ヘイシャン・コンパやサルサの影響〜後にズークの波に飲み込まれてしまった観ありますが、ズークとはまったく違うそのビッグバンド・カリビアン・サウンド)系グループ筆頭、ペルフェクタの1978年4作目のアルバム!CDでは初入荷になるかも知れません。 1.Tout Bagail Parer 8:15 …

続きを読む>

TABOU COMBO / THE MUSIC MACHINE

*Original LP released 1978 〜アース・ウィンド&ファイアーの影響が感じられる?ジャケの通り、ファンク系イントロから、突然コンパ世界に引き戻される感じ、たまりません! 01. Light Is Coming Your Way (Coconut Funk) 02. Balancé 03. Tabou Mania 04. Cherchez …

続きを読む>

go top