EUMIR DEODATO / OS CATEDRATICOS 73

★エウミール・デオダード&オス・カテドラーチコス73 世界的に大ヒットしたCTI作品と同時期にブラジルで制作された、デオダートの最高傑作にしてブラジリアン・フュージョンを代表する人気盤。「摩天楼(スカイスクレイパーズ)」のオリジナル・ヴァージョン収録の1973年作!解説はエウミール・デオダート自身/オリジナルLPを忠実に再現した紙ジャケット仕様/SHM-CD …

続きを読む>

MANFREDO FEST TRIO

Originally released in 1965 on LP by RGE, Brasil 「まさにボサノヴァ黄金期のジャズ!マンフレッド・フェスト・トリオのファースト・アルバム!」 1 Reza 2 Quem É Homem Não Chora 3 Samba De Verão 4 “M E ” Vestida De Amar …

続きを読む>

MANFREDO FEST TRIO / ALMA BRASILEIRA

★マンフレッド・フェスト・トリオ / アルマ・ブラジレイラ ブラジル音楽傑作選・RGE編~後のボサ・リオのリーダーも務めたピアニスト、マンフレッド・フェストのトリオによる最高傑作と名高い2作目(1966年)が、オノセイゲンによるDSD 5.6MHzリマスタリングで復刻。ボサノヴァ、MPB曲を取り上げながらジャズ的要素も強い、マンフレッドのピアノの繊細さと激し …

続きを読む>

LUIZ CHEVES E SEU CONJUNTO / PROJECAO

★ルイス・シャヴィス / プロジェサォン このリリースのための新マスタリング/オリジナルLPを忠実に再現した紙貼付型特殊ジャケット仕様/初回完全限定生産/1963年作~「ジャズの影響」の最強ヴァージョン収録! ジンボ・トリオのリーダー、ベーシストとして知られるルイス・シャヴィスの初リーダー作! 1 Berimbau 2 Pra Que Chorar? 3 D …

続きを読む>

ZIMBO TRIO + COEDAS / E TEMPO DE SAMBA

★ジンボ・トリオ+コルダス / エ・テンポ・ジ・サンバ 名ピアノ・トリオ、ジンボ・トリオの異色の傑作がついにCD化!ストリングス(コルダス)入り6曲、ピアノ・トリオ4曲に加えヴィブラフォン、ギター、コンガによる大変めずらしい演奏を2曲収録。これがすばらしい!1967年発表~ アミルトン・ゴドイ(p)、ルイス・シャヴィス(b)、ルビーニョ(ds)他 / 限定生 …

続きを読む>

SAMBALANCO TRIO / SAMBLUES

このリリースのための新マスタリング/オリジナルLPを忠実に再現した紙貼付型特殊ジャケット仕様/初回完全限定生産/1964年作~人気曲「サンブルース」のオリジナル・ヴァージョン収録!!アイルト・モレイラを擁した名ピアノ・ トリオのデビュー・アルバムがオリジナル・ジャケットで登場!!ジャズ・サンバ黄金期のマスター・ ピース! 1.Samblues 2.Balan …

続きを読む>

BRUNO MANGUEIRA

  セッションで活躍して来たという若手ギタリスト、ソロ・デビュー・アルバム/ミナスやリオの雰囲気も十分に感じさせながら、サンパウロから届いたセミアコ・ギター・インスト作です!一音一音、大切に聞かせるところと、流れるような指使いで即興を奏でるところ、どちらも聞き物。いいギタリストだと思います。トニーニョ・オルタ参加!

続きを読む>

GUINGA / NOTURNO COPACABANA

      VELASに残されたギンガ作品再入荷! 難解なコード進行の難曲をレパートリに、カルトな音楽ファンを虜にしてきた男性音楽家/ギタリストのギンガ、2003年作レイラ・ピニェイロ、カルロス・マルタが参加したジャズ・ボッサ作品です。

続きを読む>

JOAO DONATO / BLUCHANGA

アメリカで作られた未発表曲ばかりを集めた作品!  ジョアン・ジルベルト、トム・ジョビンらと共にボサ・ノーヴァの創成期から活躍を続けてきたピアニストのジョアン・ドナート。1956年のデビュー、今年で86歳という大ベテランのドナートですが、まだまだ現役バリバリで活躍しています。  本作は一度2017年に紹介したアルバム『ブルシャンガ』。アメリカで作られた未発表曲 …

続きを読む>

TOQUIO BOSSA TRIO & HYOKI / O GRANDE AMOR 

★トキオ・ボッサ・トリオ&ヒョーキ / オ・グランヂ・アモール 日本のボッサ・グループの草分け、スピック&スパンの吉田和雄が中心となって活動するボッサ・ピアノ・トリオ。5作目となる本作は、韓国の女性ボサ・ノヴァ・シンガー、ヒョーキとのコラボレーション作 ●ブラジルのリズムを知り尽くしたドラマー、吉田和雄とジャズ・ピアニストとして常にトリオトップシーンで活躍し …

続きを読む>

DIOGO MONZO / LUIZ ECA

ボサの名ピアニストをトリビュート! 1985年生まれのピアニスト、ジオゴ・モンソがルイス・エッサのトリビュート・アルバムを発表しました。タンバ・トリオのピアニストとして知られたルイス・エッサ(1936-92)が残したボサの名曲を、ブラジルのトップ・プレイヤーを従えてカヴァー。ジャジーなサウンド・メイクは、まさにボサ・ノーヴァ時代を連想させてくれます。ゲスト・ …

続きを読む>

ANA PAULA DA SILVA / RAIZ FORTE

  サンタ・カタリーナ州出身、ルーツ・サンバの粋を守りながら、新鮮な感覚を聞かせる女性シンガー・ソングライター、アナ・パウラ・ダ・シルヴァのキャリア20周年作となる新作/2016年作!ジャズ・サンバ的なコンボ・トリオで、曲によってはギターと打楽器のみ、ピアノと打楽器のみを背景にした楽曲も〜今作、研ぎ澄まされた音数の少なさ、一発録りの手法も含めてコン …

続きを読む>

RAULZINHO / A VONTADE MESMO

既に廃盤のはずですが… 日本でも知名度の高いボサ・トリオ、サンバランソ・トリオが65年に残した名盤。ラウルジーニョとは、70年代にアメリカのジャズ/フュージョンの世界で活躍するトロンボーン奏者ラウール・ジ・バロスのこと。これは彼の初リーダー作ということになります。サンバランソらしいボサ感覚が濃厚。ラウールは縦横無尽のテクニックを聞かせます。

続きを読む>

go top