ZIVELI ORKESTAR / LA GRANDE OURSE

モン・コテ・パンクやキャラヴァン・パス周辺で活躍する8 人の男性ブラス1人女性ヴォーカルという大編成の仏+バルカン系ブラスバンド。「大くま座」とい題された12年サードアルバム。バルカン、バンダ、中東ジプシー音楽、など東地中海~東欧の様々なブラスバンドから影響を受けたフランスならではのコスモポリタンなブラスサウンドと、パンキッシュな女性ヴォーカルの組み合わせが …

続きを読む>

TRIO SAFAR / S/T

マーチン・オコナーに師事した異色のアコーディオニストにして、元デュパンのクリスチアン・マエが結成した新トリオ12年初作品。マエによる微分音対応のアコーディオンと、カヌーン&ウード(ハキム・アルカティブ)、サルブ/デルブッカ等(エチエンヌ・グリュエル)。ヨルダンやシリアなどシャム地方の伝承曲を12 曲収録しています。ゲストにジャック・ディ・ドナト(クラリネット …

続きを読む>

GUS VISEUR / 1942-1952

フレモオ版ギュス・ヴィズール集の第二弾。第1集は故ディディエ・ルーサンによって監修され、こちら第2 集はダニー・ラルマン監修で42 年から52 年までのミュゼット~スウィング全盛期の録音集です!18 頁ブックレット仏英語。 > SWING 43 (FOX) (LUCIEN LEGRAND) 23 SEPTEMBRE 1942 ・ ODETTE (VALSE) …

続きを読む>

ZOUFRIS MARACAS / PRISON DOREE

    南仏モンペリエやセートで育ったアルジェリア移民の二人が中心となり、路上や地下鉄で腕を磨いてきたフランスのストリートバンド=ズーフリ・マラカスの12年デビュー作!生ギターをメインにルンバロックやレゲエ、シャンソンやマヌーシュスウィングを基本に日常を歌う彼ら、かつてのレ・ネグレス・ヴェルトやサンセヴェリーノ好きにはグッとくる世界でしょ …

続きを読む>

LAS MIGAS / NOSTRAS SOMOS

2004年バルセロナで結成、当店でも人気のシルビア・ペレス・クルースが在籍したフラメンコ系女性グループ、ラス・ミガス~その2010年ファースト・アルバムから2年、シルビアが抜け、新たな女性リードヴォーカル、アルバ・カルモナを迎えてのセカンドとなります。オリジナル・メンバー、ギターのマルタ・ロブレス&イサベラ・ロウデンバッハ、ヴァイオリンのリサ・バウセという3 …

続きを読む>

EL COMUNERO / SIGUE LUCHANDO

ゼブダのメンバーたちと、かつて革命歌集「モティヴェ!」を作ったこともある、南仏トゥールーズの市民団体=クティコレクティフによる、スペイン市民戦争抵抗歌を綴ったアルバムです!ユルルマン・ド・レオ(ローラン&エルワン)、レール・ド・リアン(トマ・ヒメネス)、17 ヒッピーズ(キキ)、エレクトリック・ゲイシャ(マックス)…そしてノワール・デジール(ドニ …

続きを読む>

GYPSY Y LOS GATOS RUMBEROS / SWINGARO

スペインのバレンシア出身のジプシー・イ・ロス・ガトス・ルンベーロス。バンド名はジプシーとルンバを演る猫たち、なんて訳せばいいのでしょうか。いかにもストリート出身の佇まいとヴァイナルも模したジャッケットの世界観が最高です。ジャンゴ・ラインハルトの影響下にありマヌーシュ・ギターとフラメンコ手拍子(パルマ)の軽快なジャム・セッション!フラメンコがもともとジプシーの …

続きを読む>

LOS MAMBO JAMBO / LOS MAMBO JAMBO

メンバー全員オールバックでキメたバルセロナの4人組、バンド名はペレス・プラードの名曲を冠し、50~60年代のロカビリー、ルンバ&ジャイヴ・ジャズをヒップに演奏します。サーフロックでBムーヴィー風でストリップティーズIでバーレスクなレトロフューチャー指向がご機嫌な4人組。「ワークソング」のカバーもばっちりハマってます。レトロなガレージ&ストリップティーズ・サウ …

続きを読む>

MARIO & LIZETA KALIMERI / TIS ASIATIDOS MOUSIS ERASTE…

サブタイトルは “Tragoudia tou Cafe Aman” ~リゼッタ・カリメリ&マリオ1996年録音のアルバムです。ヴェテラン女性歌手のマリオと入れ代わり歌っています。もちろん、カフェ・アマーン・スタイルの歌謡ということで、ピレウス派のレンベーティカを歌い綴っています。リラ・レーベルらしいアコースティックかつトラッドな弦アン …

続きを読む>

ELENI TSALIGOPOULOU / TARIRA

エレーニ・ツァリゴプール2011年秋の作です。遅くなりました。なんか以前までのジャケと随分違うんですが、07年作でガラッと作風を変え、デビュー以来のトラッド路線から、どこかレトロ風味漂うグリークPOPロックを発表したわけですが、それから4年、中にベスト盤を挟んで、待望の新作スタジオ録音となったわけですが、このジャケット、一筋縄じゃありませんね、やっぱり。が、 …

続きを読む>

PEGGY ZINA / SOU HROSTAO AKOMA ENA KLAMA

ギリシャ、ライカPOPの人気女性スター、ペギー・ジナの2012年新作がリリースされました。簡易な紙ジャケ、お値段もグッとお安くなっていますが(現地不況を反映?)、スタジオ新録11曲&ボーナス・トラック4曲収録のれっきとしたニュー・アルバムです!90年代にデビュー以来、これが12作目~POP&ROCK&FOLK風味を加味した正統モダン・ライカ路線は今作も変わら …

続きを読む>

GORAN BREGOVIC / CHAMPAGNE FOR GYPSIES

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエヴォを拠点に、バルカン音楽を世界に発信し続けるヴェテラン音楽家ゴラン・ブレゴヴィッチのオリジナル・アルバムが久々に日本発売されました。今回は彼の音楽的中核であるジプシー音楽に焦点をあてた作品で、なんとジプシー・キングスをはじめ、ジプシー・パンク・バンド〈ゴーゴル・ボールデロ〉のユージン・ハッツ、スイスのステファン・エシェ …

続きを読む>

KORPAS EVA, MALEK ANDREA / AS ORDOGFIOKA ES A TUNDER

ハンガリーの女性歌手コーパシュ・エヴァとマレク・アンドレアのデュオ・アルバム。「悪魔と妖精」と題した本作では、オリジナル曲を中心に11曲収録、曲のリズムに合わせて詩の朗読を7曲、ヴォーナス・トラックを2曲。エヴァはかわいくてポップで優しい声、アンドレアは艶やかでハリのある美声と、声色の違う2人のコーラスは相乗効果で面白味満点。ヴィオラ、パーカッションとギター …

続きを読む>

ALTAN / THE POISON GLEN

ドニゴールの伝統音楽に根ざしたローカル・バンドとしての矜持と貫禄の下、若々しさと繊細さと深みがかつてないほどバランス良く調和した見事なニュー・アルバム。結成四半世紀を超え、いささかのブレもなく、新たなフェイズに突入した彼らにふさわしい傑作である。~(松山晋也/ライナーより) http://www.youtube.com/watch?v=LjPfUr9VkBQ

続きを読む>

ELECTRIC BALKAN JAZZ CLUB / BALKAN DOGS

「ナイト・イン・チュニジア」のジプシーJAZZカヴァーがイイですね!ジャンゴ&グラッペリ風の展開に、突然のバルカン・ブラス攻勢~ジャズほか、POPナロード、レンベーティカやブルガリアン・ナンバー、ベリーダンス・ナンバーも交えながら基本バルカン・ブラスを聞かせる15人参加!(オパ・クパ残党+ギリシャ、マケドニア、トルコ人も含む)~のサンプル&生音ユニット!09 …

続きを読む>

go top