V.A. / COMFUSOES 1: FROM ANGOLA TO BRASIL

アフリカ南西部に位置するアンゴーラは、アフリカ諸国の中でもかなり独立が遅れた国。それだけに同地のポピュラー音楽もなかなか海外で知られる事が少なかった。そんなアンゴーラ音楽の古い音源に、現在のブラジル音楽新世代たちが手を加え、現代風味溢れるクラブ・サウンドに作りかえるという大胆な試みがこのアルバムのコンセプトだ。リミキサーにはマウリシオ・パシェーコをはじめ、マ …

続きを読む>

YURI DA CUNHA / O INTÉRPRETE

再入荷です!アンゴラ、センバ / キゾンバの大スター、ユリ・デ・クーニャ2015年のいまのところ最新作。なかなか入荷が難しいCDですが、やっと少しまとまった数で入荷しました。前12年作はセンバの先達、アルトゥール・ヌネスの曲を、古いスタイルのままにノスタルジックかつアコースティックに歌い綴った意欲作でしたが、今作は思いっきりPOPでスタイリッシュな現在系のキ …

続きを読む>

V.A. / QUINTAL DO SEMBA, Ao Vivo

ブラジルのSAMBAの語源となったともされるポルトガル語圏アンゴラの”センバ”(踊りに誘うの意)~パウロ・フローレスほかセンバを代表するヴェテラン・ミュージシャン達が集い、ブラジルのレーベルとアンゴラの国営放送が共同制作した/首都ルアンダに於けるライヴ=夜通しのセッションを記録したDVD!ズークっぽい昨今の流行音楽”キゾンバ”に圧されて、既に過去の音楽となっ …

続きを読む>

BONGA / ANGOLA 72 -74

アンゴラ独立(75′)前のファースト・アルバム1972年作LP+セカンド1974年作LP2枚をカップリングした2CDです!ポルトガル植民地政府によって、異邦の地(パリ)に追われ、故郷を歌ったサウダーデあふれる2作。ボンガの最高の2作と言っていいんじゃないでしょうか?オリジナルジャケで復刻して欲しかったものです。

続きを読む>

TETA LANDO / INDEPENDENCIA

アンゴラ・モダン・ミュージックの父と言われたテタ・ランド(1948-2008)の1975年発表のLPアルバム “INDEPENDENCIA” のオリジナル復刻〜タイトルどおり、10年続いたポルトガルとの独立戦争の後の、アンゴラ”独立”を宣言するアルバムです。その後、テタ・ランドは内戦の続いたアンゴラを離れ、望郷 …

続きを読む>

YURI DA CUNHA / KUMA KWA KIE (2008) – CANTA ARTUR NUNES (2012)

←”KUMA KWA KIE” (2008) CD¥2950 >こちらで紹介されています(陳謝&感謝)!このCDもなかなか入荷せず、いつも少量だけ、ポツポツとしか入って来ませんが、今回も僅少再入荷〜お早めに! “CANTA ARTUR NUNES” (NO LABEL, 2012) CD 再入荷待ち で、同じく …

続きを読む>

EDDY TUSSA / KASSEMBELE

再入荷しました!少々ですがお安くなりました。昨年、当店で一番売れたCDです! 当店ゆかりのtwitter上で繰り返し皆さんに絶賛され、&>こちらでも紹介され(リンク感謝!)予約殺到しましたが、これがまた少量づつしか入荷しないもので、入荷即売り切れを繰り返すばかり〜が、堂々2016年MM誌ベスト10ワールド部門にもランクインした名盤です! …という …

続きを読む>

YURI DA CUNHA / KANDENGUE ATREVIDO

アンゴラ〜センバ/ キゾンバの人気男性 2013年作 哀愁のセンバからエレクトロなキゾンバ、クドゥロまで、 5曲収録ミニ・アルバム&DVD クリップ3トラック〜 表題曲ではセンバの先達、パウロ・フローレスをフィーチュアー!

続きを読む>

EDDY TUSSA / GRANDES MUDOS

15年の新作が話題を呼んでいる “遅れてやってきたワールドミュージク・スター” エディ・トゥッサ!?再入荷しました。>こちらで紹介されています(無断リンク陳謝)!へえ〜、ヒップホップ改め”センバ”の男性歌手だったんですねえ。知りませんでしたよ。で、この男エディ・トゥッサ、実にイイ感じ!最近やや味気ないサンバ〜パ …

続きを読む>

HELVIO / MAXIMA UAMIE

久々の再入荷です!お見逃しなく! >http://bunboni58.blog.so-net.ne.jp/2015-10-19 無断リンク陳謝&感謝! って、もう13年も前のアルバムなんですが、なるほど、やるせない。これが2004年のデビュー作ということですが、当時としてもシンプル&アコースティックなテイストで(アコーディオンが効いてます)、ちょっとシャガレ …

続きを読む>

BONGA / HORA KOTA

以前ラジオで、アンゴラの音楽の代表の一人として、ボンガを紹介した時の台本原稿を以下に〜 アンゴラは、アフリカ南西部に位置する大西洋に面した国です。人口は約2千万、15世紀に植民地となってから以降、1975年に独立するまでポルトガルの海外州だったので、公用語はポルトガル語です。 ただし、独立戦争後も長らく内戦が続き、その傷跡は今も多く残るとされる地雷に象徴され …

続きを読む>

go top